恭子「……無い」

洋榎「恭子、こっちも無かったわ」

由子「一応探して見たけど、やっぱり無いのよー」

恭子「なんでや。なんでKちゃん無くしてしまったんや……めげるわ」ズーン

洋榎「ほ、ほら!そんなんひょっこり出てきたりするて!!」

由子「そ、そうなのよー!忘れた頃に出てきたりするのよー!!」

恭子「……結局忘れるまで出てこないんか」

洋榎「由子ぉぉぉぉ!!」

由子「そ、そんなこと言ってないのよー!!」

恭子「ええねんええねん。どーせうちは宮永にもええようにされるしKちゃんも無くすしこのままええことも無く終わるんやから……」ズズーン

洋榎「しっかりせえ!さっき絹と漫にもゆうてきたから見つかるて!!」

由子「希望は捨てちゃダメなのよー!」

恭子「でも……」

絹「お姉ちゃん!あったでー!!」

洋榎「絹!ホンマか!?」

絹「上重さんが赤阪さんに聞いたらあったて!」

恭子「代行が!?」

絹「そうです。今連れてきてもらってます」

漫「先輩方お待たせしました!」

郁乃「きたでー」

恭子「漫ちゃん、代行……」

郁乃「末原ちゃん落ち込んどるみたいやねぇ」

漫「そんなもったいぶらんとはよ出したってくださいよ。私もまだ見てないんですよ」

郁乃「分かっとるよー?」

洋榎「ホンマかいな……」

恭子「代行……ホンマにうちのKちゃんを」

郁乃「ふふふ……はい末原ちゃん!」

咲ちゃんぬいぐるみ(魔王仕様)

末原「K、ちゃ……」ガクッ

洋榎「恭子!しっかりせえ!!恭子ぉーーーー!!」

末原は翌日までカタカタしながら目を覚まさなかったらしい

なお、彼女のKちゃんぬいぐるみは普通に見つかったとか