部室

憧「私、Kちゃんぬいぐるみから卒業するわ」

穏乃「……え?憧、今なんて」

憧「Kちゃんぬいぐるみから卒業する、って言ったのよ」

玄「憧ちゃん、無理はよくないのです」

憧「無理じゃないわ。そもそもずっとぬいぐるみに甘えてたのが間違ってたのよ」

灼「間違ってたって……そんな大げさな」

憧「大げさでも、事実よ」

宥「じゃ、じゃあKちゃんぬいぐるみはどうするの?」

憧「……昔の麻雀クラブの子にでもあげる」

穏乃「本気、なんだな憧」

憧「本気よ。止めないでね」

穏乃「憧がどうしてそうしたいかは分かんないけど、そこまで本気なら止めはしないよ」

玄「私も!」

灼「私も……」

宥「わ、私も~」

憧「ありがと。それじゃKちゃんぬいぐるみは卒業して……」

憧「京太郎本人にするから!!」ダッシュ

穏乃「へ?って待ったぁぁぁ!!」ダッシュ

玄「ちょっ、待つのです2人とも!!」ダッシュ



宥「わ、わ~」

灼「……宥さん、行かないの?」

宥「穏乃ちゃんから逃げ切れると思わないからね」

灼「……確かに」



憧「何よー止めないならいいじゃない!!」

穏乃「それとこれとは話が別だー!!ぬーけーがーけー!!」

憧「こ、告白するだけよ!!問題無いわ!!」

穏乃「大問題だよ!!」

玄「ふ、2人とも、待って欲しいのです……」

その後、4人全員に止められたとか

結局憧はKちゃんぬいぐるみから卒業できなかったらしい