準決勝先鋒戦、開始時間前
試合会場前

成香「ふう、準決勝ですか」

成香「……正直、怖いです」

成香「でも」ゴソゴソ

Kちゃんぬいぐるみ&自分のぬいぐるみ

成香「どんな相手でも頑張ります」

成香「ふふっ」2つのぬいぐるみを近づける

成香「……こんなふうに、できたら」

智葉「おい」

成香「!!」クルッ

智葉「リラックス法は個人の自由だとは思うが……ここじゃ誰かに見られるぞ?」

成香「あ、いや、これはそのですね。リラックスの一環ではありますが」

漫「その……確かにKちゃんはええですけど」

成香「な、なんであなたも!?」

漫「そら選手ですし……試合前はやっぱりリラックスせなあかんですもんね」

成香「い、いつもこんなことしてませんよ!?ただ、ここまで来るとやっぱり怖くて頼りたいというか」

優希「う~む。うちのがここまで人気とは」

成香「え!?いつからそこに!?」

優希「全員最初からいたじぇ?」

智葉「気付かなかっただけだな」

成香「あ……あああ……」プルプル

優希「……さ、続きをどうぞ」

成香「無理ですー!!」顔真っ赤