初美「むむむ……はーっ!」

Kちゃん「…………」

初美「……えいっ!やーーっ!!」

Kちゃん「…………」

初美「……かくなるうえには、姫様に」

霞「あら、何をする気なのかしら?」

初美「ひゃあっ!い、いつの間に後ろに!?」

小蒔「えーっと、私が何ですか?」

初美「……まさか」

春「そのまさか」

巴「全員いるよ」



霞「で、Kちゃん前に本気っぽくイタコの真似して何?」

初美「いやー、悪いことじゃないですよー?」

巴「そもそもハッちゃん呼んだりとかできたっけ?」

初美「良子さんに教わったですー」

春「あの人は……」

小蒔「で、何を呼ぼうとしてたんですか?」

初美「……実は、Kちゃんに本人の意思を宿らせようとしてたですー」

霞「……本人?」

小蒔「どういうことですか?」

初美「Kちゃんぬいぐるみには、モデルとなる人がいるです」

春「須賀京太郎」

巴「春ちゃんと同い年だよね」

初美「だから彼の生霊を宿らせれば、本人と話したりできると思ったんですー」

霞「……初美ちゃん」

初美「は、はい!」

霞「なんて良い考えなの!!」

初美「……はいー?」

巴「じゃ、春ちゃんはそっちね」

春「ん。姫様は」

小蒔「私は不得手なんで、霞ちゃんが」

霞「分かってるわ。さあ初美ちゃん、やるわよ。皆でやれば生霊の一体くらい余裕よ」

初美「……分かったですー!!」



交霊中



Kちゃん「…………」ピクッ

霞「……やった?」

初美「動いただけですー」

Kちゃん「…………」ピクッピクピクッ

春「これは」

巴「上手くいった……」

Kちゃん「…………」ピタッ

小蒔「え?と、止まりましたよ!」

Kちゃん「…………」ピョーン

小蒔「……はい?」

Kちゃん「…………」バフッ 小蒔の胸にダイブ

4人「…………」

小蒔「…………」

Kちゃん「…………」スリスリ

小蒔「……ひゃああああああ!」

霞「このっ」

Kちゃん「…………」ピョンッ、スタッ 霞の胸にダイブ

霞「あ、こら!」

Kちゃん「…………」スリスリ

巴「……どうやら宿したのは本人の意思じゃなくて」

春「欲望だけ」

初美「…………」

Kちゃん「…………」スリスリ

霞「も、もう!いい加減にして!」

小蒔「わわ!私の方にまた!」

初美「納得いかないですー!!」