『Kちゃんのパートナーとなる女の子募集!!採用されたものがそのままぬいぐるみになります』

淡「ということで金髪なんだから、ここはやっぱり同じ金髪同士の子がいいと思うな~」

咲「いや、黒髪の文学少女がいいと思います!」

優希「何を言うかと思えば、京太郎の隣は私に決まってるじぇ!タコスもつけてな!」

和「ここは彼の好みに合わせましょう?ということで、む、胸で私ですね」

穏乃「和ずるい!それは反則!!貧乳はステータス!!」

憧「そうよ!私ぐらいのほどほどのサイズがいいのよ!」

春「そこはほどほどに大きな私で」

泉「もう、言い合うのやめーや。私でええやん」

優希「ひっこめ高1最強(笑)」

淡「高1どころか最強は淡ちゃんだからね!」

咲「高校100年生?それがどうかしたの?」

穏乃「……最強?え?」

春「……主人公(笑)」

全員「…………」

和「……落ちついて1人1人意見を言うのはどうでしょう?」

憧「それにのったわ」

淡「じゃ、トップバッター私ー!」

淡「やっぱさー、同じ金髪だから並んだら良い感じじゃん?」

淡「それにー、きょーたろーには元気な子といるのが合ってると思うね!」

優希「だったら私もありだじぇ!」

優希「何より私のためにタコスを手作りしたという実績まである!これは決まりだじぇ!!」

憧「実績がどうとか知らないけど、京太郎って見た目も性格も軽く見えるじゃん?」

憧「自分で言うのもアレだけど、女子高生って感じの私といるのが一番自然で似合うと思う!」

泉「女子高生ならここにいる全員やん!」

憧「何よ。そう言うならあんたの意見言いなさいよ」

泉「う、うち?……やっぱ彼優しいから隣にいたい、って」

穏乃「私だって京太郎と一緒にいたい!」

泉「うお、ストレートに言うな」

穏乃「だって、細かいこと無しにそう思ったからそう言うしか無いもん」

春「……じゃあ、私もそう。彼といたい」

春「何より、彼は胸が好きって聞いてるし、あなたよりある」

穏乃「う……これから成長するんだよ!」

憧「シズ、小学校の時から変わってないよね?」

穏乃「……和、分けて」

和「無理ですよ!」

和「……彼は私の胸をよく見てますから、私がいいです」

和「も、もちろん私自身も彼のことが…」

咲「胸とか関係ないよ!」

和「さ、咲さん?」

咲「そりゃ京ちゃんはちょっとえっちだったり大きな胸が好きだけど」

咲「何回私が迷子になっても探してくれるし、なんだかんだ言っていつも助けてくれるし」

咲「ここにいる誰よりも長く一緒にいたんだから、私!!」

穏乃「時間は関係ないよ!」

淡「そーだそーだ!」

憧「でも胸か……大きすぎるよりいいよね?」

春「やっぱりほどほどに大きい方が」

優希「胸なんて飾りだじぇ!」

泉「そうや!自分ら恵まれてるからって卑怯や!」

和「好きで大きくなったわけじゃないです」

咲「それは挑戦?……アレ、誰か足りない?」



京太郎「……で、写真ですか?」

桃子「そうっす。やっぱりはっきり分かる形が必要っすから」

京太郎「にしてもくっつきすぎじゃないですか?」

京太郎(おもちが!すばらなおもちが!!)

桃子「気にしないでいいっすよ」ギュッ

桃子(ステルスで部屋を出るなんてちょろいっす)

桃子「あ、写真もっとお願いするっす!」

しかしこの企画、あまり受けがよくなくすぐに終了した