怜の場合

怜「……なあ、聞いてや」

怜「ホンマにウチが先鋒でええんやろか」

怜「セーラは昔から強かったし、竜華は部長」

怜「そんな2人やなくてウチって……無いやろ」

怜「……怖いわ。他校のエース相手にすんの」

怜「でも、みんな信じてくれとるんよね」

怜「やったら、やるしかないわ」

怜「……ちょっと打って竜華の膝枕堪能したら帰ってくるからな」

怜「いってくるわ」ギュッ



小蒔の場合

小蒔「……またここに、インターハイに来ました」

小蒔「色々な人に声を掛けられるんですけど」

小蒔「お、男の人とはどう話したらいいんでしょうか」

小蒔「……分かりません」

小蒔「知らない男の人って少し怖いですけど……逃げてはいけないです」

小蒔「でも……どうすればいいんでしょう?」

小蒔「うーん、文通から?」

小蒔「いや、それは交際する時ですよね!」

小蒔「……私が男の人と交際?」

小蒔「……無理です!」顔真っ赤

小蒔「うう。本当にどうしましょう……」



霞「みんな分かっているわね?」

初美「ええ。姫様を困らせるものは近づけさせませんよー」

春「当然」

巴「でも、Kちゃん本人はどうしよう?」

霞「……その時に考えましょう」



コーチの場合

貴子「……はぁ」

貴子「まーた殴っちまった」

貴子「いけねーのは分かってるんだがなー」

貴子「あいつら、伸びるもんだからついやっちまう」

貴子「あーあ。池田とかほんっといいのにな」

貴子「あいつは絶対来年化ける」

貴子「……よし。明日こそ殴るの止めよう」



貴子「池田ぁコラァァァ!!」

池田「すすすすいませんだしぃぃぃ!!」



すこやんの場合

健夜「はあ。またやっちゃった」

健夜「いい人いるって聞いたのに、麻雀するとすぐこれだよ」

健夜「なんで役満3回くらいで泣くかな……ギリギリ飛ばさなかったのに」

健夜「私の恋人はKちゃんだけだよ」ギュッ

健夜「……あーあ。頼んだらKちゃん本人とか送ってこないかな」

健夜「世界大会いけばお金なんて……」



恒子「……すこやん、そこまで落ち込んでたなんて」

健夜「こーこちゃん!?いつから!?」

恒子「いやー、割と最初から?その、紹介した責任を感じてたんだけど……思わぬ本音が」

健夜「いや違うよ!?さすがにお金で買ったりはしないからね!?」

恒子「でもできるほど稼げるんでしょ?」

健夜「まぁ、第一線に帰れば軽く……」

恒子「……というわけで実況の福与恒子ですた」

健夜「ちょっと待って放送しちゃダメだからね!?」

恒子「ごめん、これ実況してる」

健夜「待ってこれ嘘だから!!ほんとこんな…」