エイスリン「♪」

トシ「……」スタスタ

エイスリン「ア、センセ…」

トシ「おや、どうしたんだい?」手にKちゃん

エイスリン「!?……ア、ブカツハ」

トシ「ああ、少し遅れて顔出すからね。じゃ、後でね」

エイスリン「……シラセル!!」



エイスリン「コレ!、コレ!!」トシさんがKちゃん抱いてる絵

塞「先生がKちゃん持ってた?」

豊音「いいんじゃないー?」

胡桃「でも……」

白望「おかしい」

塞「シロまで。ま、そう思うけど」

豊音「んー、実は先生がそういう趣味だとかー?」

白望「……ない」

胡桃「正直キツイ」

エイスリン「ン!」トシ先生と盆栽の絵

塞「なんとなく言いたいことは分かるけど盆栽もないよね?」

胡桃「……お孫さんへのプレゼントとか?」

豊音「おー、一番それっぽい」

白望「でも、学校に持ってくる?」

エイスリン「センセイ、シッカリモノ!」

塞「学校にそういうの持ち込む人じゃないしね」

エイスリン「……ハイ!」トシ先生がKちゃんを拾っている絵

胡桃「落し物?」

塞「あー、ありそう」

白望「自然」

豊音「でもさー、Kちゃんこの辺り自体にあんまり無いよねー?」

エイスリン「ンー、ワカンナイ!」

白望「ダル……もう聞こう」

塞「それがいいね」

胡桃「じゃー、聞くのは」

ガラッ

トシ「揃ってるかい?」

塞「あ、先生。聞きたいこと、が…」

胡桃「ふ、ふ」

豊音「増えてるよー!」

エイスリン「!!」!だけ書いてある絵

白望「ダル……」

トシ「?」Kちゃん4つ持ち

トシ「まあいい。県大会優勝のお祝いをしてなかったから、みんなにだ」

塞「え、いいんですか?」

胡桃「先生、ありがとうございます!」

豊音「ちょーうれしいよー!」

エイスリン「♪、♪、♪」

白望「……私だけ無し?」

トシ「あんたはね、これ」Kちゃん抱き枕(非売品)

白望「!?」

トシ「個人戦も頑張ったからね」

塞「シロだけー!?」

エイスリン「ずるい!」

トシ「全国で頑張ったら、全員分用意するさ」

豊音「わーい!全国も頑張るよー!!」

胡桃「おー!」

白望「……いい」



塞「それにしても、どうやって手に入れたんですか?」

トシ「ちょっと、ね?」



靖子「へっくしょい!!」

ハギヨシ「風邪ですか?」

靖子「大丈夫さ。それより、また衣の相手になるの連れてくるから頼むよ?」

ハギヨシ「かしこまりました」