桃子「んー、やっぱりKちゃんはいいっす!」

桃子「かっこよくもあって、かわいくもある」

桃子「ぬいぐるみとしてトップクラスっすね!」

桃子「もうずっと抱いていたい。でも無理っす、普通は」

桃子「私のこの本気ステルスと、ステルスKちゃんなら、加治木先輩にも、部長にも見つからないっすよ!」

桃子「これでいつでもKちゃんと一緒っす!とりあえず撫で倒すっすよ!」

ゆみ「私の見間違いだろうか。今までで一番モモが良く見える」小声

智美「ワハハ。私もだぞ」小声

睦月「私もです。ここまではっきりした桃子は初めてです」小声

ゆみ「ああ。だが」小声

桃子「こうっすか?こうっすか?」

桃子「あー、可愛いっす!!」

ゆみ「非常に声をかけづらい」小声

睦月「というかなんで私達がいるのに続けているんですか」小声

智美「モモにとってはアレでも見えないのが普通なんだろうなー」小声

ガチャ

佳織「遅くなりましたー!アレ?皆に、桃子さんも何しているんですか?」

桃子「……え?」

ゆみ「あ……その、な」

睦月「う、うむ」

智美「ワハハ。すまんモモ。なんかずっと見えてた」

桃子「……い、いつからっすか?」

ゆみ「正直、Kちゃん抱いて部室に入ってきた時から」

桃子「さ、最初、からっすか?」

ゆみ「ああ」

桃子「あ、あ、あ」

ゆみ「モモ?その、Kちゃんがいいんだから仕方ないさ」

桃子「そ、早退するっす!!」ダダダダダ

ゆみ「あ」

智美「ワハハ。ユミちん、失敗したな」

睦月「そりゃ帰りたくもなりますよ」

佳織「?」



ゆみ「モモ。黙っていたことわ謝る」

桃子「はいっす」

ゆみ「それは麻雀部全員の意思だ」

桃子「分かってるっす」

ゆみ「……だから開き直ってずっとKちゃん持ち歩くのはやめないか?」

桃子「あんなとこ見られたんですよ!?もう私はこうして生きていくっす!!」Kちゃん抱きしめ

その後、説得に2週間かかったらしい
説得の一環で、加治木ゆみが1週間ほどKちゃんを持ち歩いて生活したのは、別の話である