怜「……アカンわ、思ったより外熱い」フラ~

怜「ベンチは……あそこやね」

怜「もうちょいや……竜華はおらんけどKちゃんはおるから、枕にすれば」フラッ

京太郎「危ないっ!」ガシッ

怜「ほえ?」

京太郎「大丈夫ですか?ってなんかかなり辛そうですよ?」

怜「……竜華、天国ってKちゃんが人間になっとるんやで?」

京太郎「何言ってるんですか。とりあえずそこのベンチでいいですね」

怜「あ……現実か。じゃ、ベンチまで頼むわ~」



怜「ふぅ……ここ日陰やからええわー」

京太郎「もう大丈夫ですか?」

怜「う~ん……うち、病弱やから」

京太郎「なんですかそれは」

怜「結構本当のことやで?……せや。君、膝枕してくれへん?」

京太郎「……はい?」

怜「膝枕してくれたら楽になるんやで~」

京太郎「いや、普通に横になればいいじゃないですか」

怜「こんな固いとこに女の子そのまま寝かすんか?」

京太郎「……そもそも見ず知らずの男に膝枕頼むんですか?」

怜「君、さっき助けてくれたやん?」

京太郎「はい」

怜「で、ベンチまで運んでくれて、今も傍におる。それだけで充分信頼できるで」

京太郎「……仕方ないですね」

怜「では失礼して……ふむ、結構固いなぁ」

京太郎「そりゃ男の膝枕ですからね」

怜「でも……ええわ」

京太郎「そうですか」

怜「ん~……あ、そうや」

怜「これを抱きしめてっと」

京太郎「それ……」

怜「Kちゃん言うんよ?……アレ、君にそっくりやね?」

京太郎「そりゃ、まあ」


怜「?まあええ。……膝枕されながらぬいぐるみ抱くんも結構ええな」

京太郎「そんなもんですか?」

怜「持ってるぬいぐるみも、膝枕してくれてる人もイケメンやからなおええわ」ニコッ

京太郎「……たまには膝枕するのも悪くないですね」

怜「あはは。……なあ、またしてくれへん?」

京太郎「そうですね……前向きに考えますよ」

怜「うん……ありがとーな」