ホテル、朝
穏乃「~っ、よく寝たなぁ。やっぱりKちゃん抱いてるとよく眠れ」

京太郎「...zzz...zzz」ジャージ着用

穏乃「……寝過ぎたかな、うん。もっかい見直して」

京太郎「...zzz...zzz」

穏乃「……憧ぉおおおおおおおお!!」

憧「ん……何よ朝からうっさい……」

穏乃「わ、私のKちゃんが本物になった!

憧「はぁ?あんた寝ぼけてんじゃな……」

京太郎「...zzz...zzz」

憧「…………はい?」

穏乃「~っ、すごいよね!」

憧「待って。ちょっと待って。まだ頭がついていかないから」

穏乃「皆に自慢してくるね!?」

憧「いや、だから待てって…」

穏乃「玄さああああああああん!!私のKちゃんがあああああああ!!」

憧「待てえええええええ!!そして静かにしろおおおおおおおおっ!!」

京太郎「...zzz...zzz」