人形には魂が宿る、よく言われることである

これは、魂どころかご本人が宿った(?)話

小蒔「……ん、朝ですか」

小蒔「ふぁ。さて、起きてKちゃんをしまって」

京太郎「...zzz...zzz」

小蒔「……いけませんね。対局中に寝てしまうこともあるというのに、起きてすぐ寝てしまうなんて」

小蒔「ええ、夢です。私のKちゃんぬいぐるみが本物になったなんて」

京太郎「...zzz...zzz」宮司服ver

小蒔「……霞ちゃああああん!!!」ダダダダダ

京太郎「……ん?」



霞「これは、どうしましょう」

春「……どうもなにも、不審者」

巴「この辺りに知らない男の人がいること自体無いし」

初美「大人しくするですよー」

京太郎「いや、何がなんなんだ?」

小蒔「ううう……」

霞「で、あなたは何者でどうしてここに?」

京太郎「何物の何も、ただの高校生だよ。普通に自分の部屋で寝たはずなのに、目が覚めたらここにいただけだ」

京太郎(なんだこの人は……レジェンドクラスのおもちじゃねーか)

春「……でも、普通の高校生はそんな格好でここにいない」

京太郎「格好?うわなんだこれ。神社とかで見るやつか?」

京太郎(そしてこの子もすばらなおもちだぜ)

巴「あなた女の子の布団の中にこっそり入っていたのよ?」

京太郎「そんなことやらないし、記憶にない。それにこんな格好でやることか?」

初美「どのみち不審者ですよー」

京太郎「小学生に言われるか……」

初美「私は高校生ですー!」

京太郎「……冗談だろ?」

霞「これはもう警察かしら?」

小蒔「ま、待って下さい!」

巴「姫様?」

小蒔「この方の格好が、私のKちゃんと同じなんです!何かあると思いませんか!」

春「……そういえば」

初美「よく見たらKちゃんにもそっくりですねー」

京太郎「Kちゃんってぬいぐるみのアレか?一応俺がモデルだけど?」

巴「あなたが!?」

霞「そうね……まさかぬいぐるみが本物になったってこと?」

小蒔「……その通り」

初美「え?神様?」

春「……間違いない、今降ろしてる」

小蒔(神)「いや~姫様が毎晩そのぬいぐるみ抱いて寝てるじゃん?」

霞「は、はい?」

巴「なにこのフランクさ」

小蒔(神)「でさ、寝言で『会いたいです……』とか言うから、叶えてみた」ドヤァ

4人「」

小蒔(神)「ま、1日で戻るし?悪い奴じゃないから。じゃ、また麻雀でね」

小蒔「……はっ!すいません寝てました!」

4人「…………」

小蒔「どうかしたんですか?」

京太郎「何がどうなってるんだ?」