唐突に清澄勢で

久「須賀くんは?」

まこ「今は咲がついてくれとる」

和「それで優希、なんでこんなことしたんですか?」

優希「…」

和「答えてください!」

優希「…」

まこ「優希、正直に答えんさい。どうして…」

久「どうして須賀くんを襲ったりなんかしたの?」

優希「…」

和「須賀くん、怯えてたんですよ?」

優希「京太郎が…」

久「須賀くんが?」

優希「京太郎が悪いんだじぇ!京太郎の方から誘ってきたんだじぇ!
あんなかっこいい顔で「優希と二人だけか」なんて言って上着脱ぎ始めるなんて…どう考えても誘ってるじぇ!」

和「優希…」

まこ「京太郎はああいう奴じゃし、勘違いするんも仕方ないとは思うが」

久「とりあえず須賀くんと話しましょ。そろそろ落ち着いただろうし…」

ウワーヤメテー!!

優和久ま「!!??」

和「い、今のは!?」

優希「京太郎の声だじぇ!」

まこ「まさか…」

久「行くわよ!」


久「須賀くんは?」

まこ「今は和がついてくれとる」

久「それで咲、なんでこんなことしたの?」

咲「…」

久「答えなさい!」

咲「…」

まこ「咲、正直に答えんさい。どうして…」

久「どうして須賀くんを襲ったりなんかしたの!?」

咲「…」

久「須賀くん、ただでさえ優希に襲われて怯えてたのよ?」

咲「京ちゃんが…」

まこ「京太郎が?」

咲「京ちゃんが悪いんです!京ちゃんの方から誘ってきたんです!
あんなかわいい顔で「うう、咲ぃ」なんて言って抱きしめてくるなんて…どう考えても誘ってます!」

優希「咲ちゃん…」

まこ「京太郎はああいう奴じゃし、勘違いするんも仕方ないとは思うが」

久「とりあえず須賀くんと話しましょ。流石にそろそろ落ち着いただろうし…」

ウワーヤメテー!!

優咲久ま「!!??」

咲「い、今のは!?」

優希「京太郎の声だじぇ!」

まこ「まさか…」

久「行くわよ!」

優希「京太郎は?」

まこ「今は部長がついてくれとる
それで和、なんでこんなことしたんじゃ?」

和「…」

まこ「答えんさい!」

和「…」

まこ「和、正直に答えんさい。どうして…
どうして京太郎を襲ったりなんかしたんじゃ!?」

和「…」

まこ「京太郎、優希に続いて咲にまで襲われて怯えてたんじゃぞ?」

和「須賀くんが…」

まこ「京太郎が?」

和「須賀くんが悪いんです!須賀くんの方から誘ってきたんです!
あんなかわいい顔で「和、和ぁ」なんて何度も私の名前を呼んで甘えてくるなんて…どう考えても誘ってます!」

咲「和ちゃん…」

まこ「京太郎はああいう奴じゃし、勘違いするんも仕方ないとは思うが
まあ、とりあえず京太郎と話さんとな。もう流石にそろそろ落ち着いたじゃろ…」

ウワーヤメテー!!

優咲和ま「!!??」

咲「い、今のは!?」

優希「京太郎の声だじぇ!」

和「まさか…」

まこ「行くぞ!」


まこ「久、なんでこんなことしたんじゃ?」

久「…」

まこ「答えんさい!!」

久「…」

まこ「久、正直に答えんさい。どうして…
どうして京太郎を襲ったりなんかしたんじゃ!?」

久「…」

まこ「京太郎、ただでさえ仲間たちに襲われて怯えてたんじゃぞ?」

久「須賀くんが…」

まこ「京太郎が?」

久「須賀くんが悪いのよ!須賀くんの方から誘ってきたの!
あんなかわいい顔で「部長、俺、俺…」なんて言いながら抱きついて甘えてくるなんて…どう考えても誘ってるわよ!」

まこ「久…
京太郎はああいう奴じゃし、勘違いするんも仕方ないとは思う
じゃが、ぬしら流石にこれは酷すぎじゃ!
見んさい、京太郎のやつ怯えすぎてわしの膝で子猫みたいに震えとるぞ!」

咲優和久「…」

京太郎「先輩…染谷先輩…」

まこ「おお、大丈夫じゃぞ京太郎。わしがついとるからな」ナデナデ

まこ「とりあえずわしが京太郎と話しとくから今日は全員帰りんさい
京太郎が落ち着いたらちゃんと謝るんじゃぞ」

咲優和久「はい…」

まこ「まったく、あいつら「急いては事をし損じる」っちゅう言葉を知らんのか」
(棚から牡丹餅はそうそう落ちてこん。だからこそ重要なものには時間をかけねばならんというのにのう)ナデナデ

京太郎「あの…」

まこ「なんじゃ?」ナデナデ

京太郎「染谷先輩って優しくてお母さんみたいですね」

まこ「それは褒めとるんか?」

京太郎「はい、おれ先輩のやさしいところが好きですから」

まこ「…」

京太郎「染谷先輩?」

まこ「そういう事言うとまた勘違いされるぞ?」

京太郎「…」

京太郎「…いいですよ」

まこ「!?」

京太郎「勘違いじゃ…ないですから」

まこ「…」
(棚ぼた………たまにはいいか)

京太郎「染谷先輩?」

まこ「まこでええわい」

チュッ


カン!