なんか思い付いたから投下


春「……」ポリポリ

京太郎「いっこ貰うぜ」スッ

春「駄目」ペシッ

京太郎「痛っ!ったく、まだあるんだから良いだろ別に……」

春「今食べてるのは期間限定。あとこれが最後の袋」ポリポリ

京太郎「黒糖の期間限定って何味だよ」

春「これが結構嵌まる」ポリポリ

京太郎「そうかよ……。じゃ、俺もこの黒糖ポッキーやらねえからなポリポリ

春「黒糖ポッキー……」ゴクリ

京太郎「……お、以外と甘くなくて食べやすいなこれ」ポリポリ

春「ちょーだい」

京太郎「やだ」ポリポリ

春「一口で良いから!」ガタッ

京太郎「ちょっ!こっち来んな春!」アセアセ

春「あ、あとちょっと」

京太郎「食われてたま……るか…っ!」グググ

春「往生際が悪い。早く諦めて」ググググ

京太郎「や・ら・ねー!」

春「あー。あー」ムニュ

京太郎「こ、こら!ちっとは慎みを持て!当たってるから」

春「あー!あー!」グイッグイッ

京太郎「駄目だこいつ聞いちゃいない」

春「―んっ」パクッ

京太郎「って、うおぉぉ!?」

春「……あ」

 

バターン

 

京太郎「いてて……。一体何が春をそこまで駆り立てるんだよ」


春「今は京太郎が持ってるボッキーかな」ポリポリ

京太郎「あっそ。つーかそろそろ俺の上から退いてくれ」

春「食べ終わるの待ってて」ポリポリ

京太郎「いやすぐに退けよ。重……くは無いけどこの体勢は有らぬ誤解を招くから」

春「気にしたら負け?」ポリポリ

京太郎「そういう問題じゃないだろ……」

春「そうなの?」ビリリッ

京太郎「そうだ………ってお前今新しいの開けただろ!?全部食うんじゃねぇ!!」

春「おいし」ニコッ


カンッ!