長くなったので間隔空けました
続きという名のおまけということで各人の夢の内容を投下します


――Side 泉

泉「くー…」

~~

泉「ロン!これで終いや!」

『決まったー!第○回高校女子麻雀個人優勝は、二条泉に決定しましたー!』


泉「京太郎ー!」

京太郎「泉、どうしたんだよこんなとこに…記者会見は?」

泉「そんなん後回しや。私はいち早く京太郎に報告したかってん」

京太郎「そっか…おめでとう、泉。ついに日本一になったんだな」

泉「ふふ、おおきに、京太郎。……京太郎も頑張ってや。頂点まで、あと一つなんやから」

京太郎「ああ。頑張るよ。男子個人で俺が優勝すれば、「高校麻雀No.1カップル」ってことになるな!」

泉「それええ!記者の前でどーんと発表しようで!」

京太郎「じゃ、行ってくる!」

泉「ファイト!京太郎!」


~~

泉「えへへ…うちらが日本一や…」

写真タイトル(仮):[京太郎、奇跡の役満!]

―――Side 憧

憧「んん…」

~~

憧「もう、参ったなぁ…」

憧(足ひねっちゃった…まだあたしには早かったかなこのブーツ…)

キィ

京太郎「あれ、どうしたんだ憧。そんなとこに座り込んで」

憧「はは…ちょっと、足がね…」

京太郎「捻ったのか?おいおい、それじゃ歩けないんじゃあ」

憧「大丈夫!ちょっと休んだから……あ、っつぅ…」

京太郎「…無理すんなよ。ほら、乗れ」

憧「え?」

京太郎「家まで送ってやるから。後ろ乗れよ」

憧「……ありがと」

京太郎「じゃ、道案内よろしく。って、掴まらないと落ちるぞ!?」

憧(そ、そんなこと言ったって!ど、どこ掴めば…足痛いから立てないし……も~!もうどうとでもなれ!)

ガバッ

憧「こ、これでいい…?」

京太郎「…お、おう。じゃあ出発するぞ」

シャーーー

憧(京太郎の背中大きい…)ドキドキ

憧(ヤバい、すごく、ドキドキしてる…胸の鼓動、伝わっちゃわないといいな)

憧(・・・・・早く家に着きませんように)


~~

憧「………ベタすぎでしょあたし…////」←起きた


写真:[自転車でピース!]


―――Side 春

春「ん…」

~~

春「・・・・・夢なのに布団の中?」

京太郎「……zzz」カー カー

春「!……びっくりした」

京太郎「…」

春「寝てる…」

春「……これは、夢だから…」

ギュッ

春「あったかい…」

クンクン

春「男の人の匂い…」

ジーーーッ

春「…かっこいい」


京太郎「んむ…」ゴロッ

春「ひゃっ…」

京太郎「ううん…」

春「包まれちゃった」

春「……///。…おやすみなさい」


~~

春「……ん」ニマニマ


写真:[居眠り京ちゃん]


―――Side 淡

淡「むにゃむにゃ…」

~~

淡「京太郎!京太郎ー!」

京太郎「お呼びでしょうかお嬢様」ササッ

淡「もー、「淡」って呼んでっていつも言ってるのにー」

京太郎「そんな、私は一介の執事。お嬢様を名前で呼ぶなど、恐れ多い。して、何か御用ですか」

淡「別に。ただ呼んだだけっ」

京太郎「左様でございますか」

淡「…京太郎は、私のお願いなら何でも聞いてくれるんだよね?」

京太郎「お嬢様の望みとあらば」

グイッ

京太郎「!?」

淡「じゃ、さ。こーいうことが、私の望みだとしたら…どうする?」

京太郎「い、いけませんお嬢様」

淡「私は、京太郎が好き…だから、キス、したい…」

京太郎「お嬢様!」

淡「もう…「淡」って呼んでって言ったでしょ…」スッ

京太郎「―――!」


~~

淡「…きょうたろ~、だぁいすき…」


写真:[執事京太郎 In龍門渕]

―――Side 和

和「…」スースー

~~

ザッ ザッ

和「綺麗な桜並木ですね…」

京太郎「花見にはもってこいの場所だぜ。和に、見せたかったんだ」

和「私に…?」

京太郎「俺の勝手な考えなんだけどさ、和って桜が似合うなって思ってたんだ」

和「そんな…嬉しいですけど、こんな綺麗な桜とじゃ私が見劣りしちゃいますよ」

京太郎「そんなことねえよ!和は、本当に、綺麗だからさ」

和「……////」

京太郎「実は、もう一つ目的があったんだ。ここに来たこと」

京太郎「ほら、この二本の桜木…根が絡まって、握手してるように見えるだろ」

和「あ、本当ですね…」

京太郎「知ってるか?二本の木の間…ここで告白して…成立したカップルは、幸せになるって話」

和「……あ、あの、須賀君。それって…」

京太郎「…和、聞いてくれ。俺は――――」


~~

和「須賀君…私、ずっと待って………はっ」パチッ

和(………恥ずかしくて死んじゃいそうです)


写真:[桜吹雪の中の京太郎]


―――Side 優希

優希「…」クークー

~~

優希「京太郎ー」

京太郎「ああ、優希か」

優希「桜の木なんか見つめてどうしたじぇ。ロマンチストか」

京太郎「ちげーよ。今年も桜の季節がやってきたなーって」

優希「今更だじぇ。来年も再来年も変わらず桜は咲き誇るんだじぇ!…ふふん、良いこと言った」

京太郎「別に良い事でもねーよ。…そっか、だけど、ここで優希と見る桜はこれが最後だな…」

優希「え…な、何言ってるんだじぇ京太郎」

京太郎「…俺、転校すんだ。この春で」

優希「え…ちょ、冗談は、よすじぇ…」

京太郎「冗談なんかじゃねえよ。だから、ここの桜、目に焼き付けときたくてさ…」

優希(嘘!嘘だじぇ!京太郎が、いなくなる…!?)

京太郎「じゃあな、優希。もしまたいつか会えたら…タコス、作ってやるからな」

優希(嫌だ!まだ、まだ何も伝えてないのに…!!)

優希「京太郎ーーーー!!」


~~

優希「行っちゃやだじぇ…きょうたろぉ…」グスグス


写真:[京太郎、バイバイ(下校時)]


―――Side 咲

咲「…良い匂い」

咲「この香りは、タコスだね。また優希ちゃんが食べてるのか…な…」

咲「ん、んん?なんか狭いし、べたべたする…」

咲「……えええ!?な、なんで私、巨大なタコスに挟まってるのー!?」

京太郎「あー、腹減ったー」

咲「この声は京ちゃん!た、助けて…」

京太郎「ん?」ヌッ

咲「」

京太郎「お、タコスがあるじゃん」

咲「きょ、京ちゃんがでっかくなっちゃったー!?と、というか私が小さくなってるのこれ!?」

ガシッ

京太郎「うん、美味そうだ。食っちまうか」

咲「え、ちょ、京ちゃん?わ、私の入ったタコスを持って何をしようとしてるのかな…」

京太郎「いただきまーす」

咲「きゃーー!!やめて―京ちゃん!食べないでー!!」

京太郎「あー…」アーン

咲「いやぁーーー!!食べちゃダメーーー!!」


~~

咲「京ちゃん、ダメだよぉ…ダメ、食べないで…」ウーンウーン

泉(さ、咲ちゃん、なんつー夢見てるんや///!!)←たまたま起きてた


写真:[タコスを食す京太郎]

―――翌朝

京太郎(なんだこれは…)


泉「…」ニヤニヤ

憧「…///」

春「…」ホッコリ

淡「~♪」

和「///」プイッ

優希「…」グスッ

咲「!」ビクッ

穏乃「?」


京太郎(憧と和は目が合っても逸らされるし、二条さんからはやたら麻雀の特訓を勧められる)

京太郎(滝見さんと大星はすごい機嫌がいいと思えば、優希はべそかいてるし…)

京太郎(何より、咲が俺を見るたび怯えたように逃げるのは何故だ…)


咲「挟む写真は選びましょう…」


カン!