1年生集合、もとい3年生集合の続きっぽいものです
全員はいません

豊音「ねーねー宮永さん」

照「なに?」

豊音「なんで宮永さんは須賀君のこと「京ちゃん」って呼んでるの?」

照「!?」ブーッッ

豊音「わわっ!?だ、大丈夫!?」

照「な、なんで…?」ゴホッゴホッ

怜「なんでも何も自分で呼んでたやん」

菫(まあばれるだろうとは思ったよ)

照「よ、呼んでる…けど」

怜「どういう経緯でそう呼ぶようになったん?」

豊音「やっぱり、と、特別な関係とか…?」

照「ぜ、全然そういうんじゃない!(そうだったらどれだけいいか!)」

照「えっと、その…」チラッ

菫(助けて、とでも言いたげな目線だな)

菫「……そういえば、妹の咲ちゃんもその呼び方をしていたな」

怜「咲…ああ、清澄の大将やったっけ」

照「そ、そう!咲がうちによく彼を連れてきたから、その、親しくなって…妹が呼ぶから、つい私も…」

照(咲のせいにしてしまった。ゴメン、咲)

豊音「そっか~。姉妹ぐるみの仲なんだねー、いいなー」

菫(…咲ちゃんにそんな勇気あったのか?)ヒソヒソ

照(…無い。ちょっと嘘ついた…)ヒソヒソ

霞「でも、あだ名っていいわよね。親しみが増すというか」

塞「距離が縮まる感じがするよね」

照(集まってきた…)

菫「もう諦めろ」

エイスリン「アダナ?」

由子「皆があなたを呼ぶ「エイちゃん」と同じなのよー」

霞「ふむ、少し面白そうね。じゃあ、皆も今度須賀君と会ったときあだ名で呼んでみない?」

豊音「わ、それいいなぁ!」

照「え、なんでそうなるの…」

宥「あだ名かぁ…ちょっと恥ずかしいな」

塞「須賀君びっくりするんじゃないかな」

霞「それもまた見物じゃない?」

怜「なんて呼ぼかな…」

由子「うーん」

霞「あ、あと1つルール。「須賀(君)」「京太郎(君)」は無しよ。「あだ名」だからね♪」

菫(そ、そんな!?)

エイスリン「須賀君ノアダナ~♪」カキカキ


コンコン

霞「はーい」

京太郎(ドアの外)「須賀です。かき氷器取りに来ました」

霞「え」

京太郎「こないだ照さんに貸して…今日は照さんこっちの部屋だって聞いたので」

怜「ちょ、もう来たん!?」

宥「ま、まだ考えてないよ~!」

霞「えっと、須賀君。すこーしだけ待ってくれる?」

京太郎「はい(もしかして着替え中だったとか…うっかり入ってしまえばよか…って、バカか!)」

霞「皆、早く考えて!」

菫「これはハプニングだろう!?また別の機会をうかがって…」

霞「これもまた一興よね!」グッ

怜「言うてる場合かー!」


京太郎「なんだかバタバタしてる…ホントに着替え中だったんじゃないか?危ねえ危ねえ…」

ガチャ

由子「ようこそなのよー」

エイスリン「ウェルカム!」

京太郎「そんな招かれるほどじゃないすけど…あ、かき氷器あった」

?「ありがとな、京ちゃん」

京太郎「いえいえ。例には及びませんよ照さ…」

怜「…」

京太郎「あれ?」

怜「人の顔見て「あれ?」は失礼やない?」クスッ

京太郎「あ、いや今確かに京ちゃんと呼ぶ声が…」

怜「ふふふ、実はさっきの「京ちゃん」は私や」

京太郎「そ、そうですよね!照さんにしては声が違うと…」

怜「どや?京ちゃん」

京太郎「な、なんだか恥ずかしいですね」

怜「そう?京ちゃん京ちゃん京ちゃん京ちゃんky…」

京太郎「恥ずかしくないけどなんか怖い!」

怜「京ちゃん…っていいあだ名やな」

京太郎「そう、ですかね。自分ではよくわからないす」

怜(照ちゃんの特権奪ってゴメンな。一度呼んでみたかってん)

照(フクザツ…)


京太郎「あ、そうだ。かき氷器を…」

霞「まあまあ、ゆっくりしていって?「京さん」」ギュッ

京太郎「!?」

宥「そ、そうだよ~。きょ、きょきょ、「京くん」…」ギュッ

京太郎(「京さん」に「京くん」…だと…?俺の中の「こんな呼ばれ方してみたいベスト5」の2つだ…!そ、それよりも!)

京太郎「い、石戸さん!その、む、む、胸の方が私の腕にその!」

霞「きゃっ!御免なさい…もう、京さんたら、意地悪なんだから」

京太郎(なんで意地悪なのかよくわかんないけどヤバい!彼女からの「京さん」は…)

京太郎(いやいや、クールになれ京太郎。ここは紳士的に乗り切らなければ)

京太郎「「京さん」なんて、からかわないでくださいよ~。松実さんもいつもの呼び方で…」

宥「ダ、ダメかな?京くん…」フルフル

京太郎「……ダメじゃないです」

霞「ずるいわ~私はダメで宥ちゃんはいいのね?」

京太郎「誤解を招くような発言をしないでください!」

菫(ハードルがぐんぐん上がっていく…)

京太郎「早くかき氷器持って帰ろう…」

由子「京様…」

京太郎「は」

由子「行ってしまわれるのですか、京様…」

怜(な、なんか「入った」で!?)

豊音(ま、まさかの「様」だよ~!)

由子「由子は寂しいです…京様」

京太郎「行くもんですか!!」ガシッ

由子「きゃっ」

京太郎「おお!?す、すみません…」

由子「…」

京太郎「…?」

由子「……京、様。」スッ

京太郎「由子ぉ!!」

塞「そこまでにしときなさい!!」

怜「なんの時代劇やねん!!」

京太郎「は!わ、我を見失ってた」

由子「大成功なのよー」ブイ

塞「はいはい、こっち来なさい。君なんて「スーちゃん」で十分だよ」

京太郎「すんません、調子乗りました…でも、スーちゃんも悪くないっす…」ズリズリ

塞「どうもね。じゃあスーちゃん、後3人残ってるから、変な気起こさないように」

京太郎「ラ、ラジャー!」


塞「まったくもう」

由子「名前で呼ばれちゃったのよー…///」ポソ

塞「……(結構策士…でも、最後のは予想外だったみたいだね)」

照「菫、まだ?」

菫「あ、焦らすな!今考えてるから…」

照(別にかぶってもいいのに)

霞(真面目ねぇ)

エイスリン「ネエ」クイッ

京太郎「エイスリンさん。(まあこの人なら普通のあだ名で…)」

エイスリン「ダーリン♪」

京太郎「」

照「」

霞「エ、エイちゃん!それあだ名じゃないわよ!」

エイスリン「ソナノ?」

宥「宮永さんも固まっちゃったよ~!」

怜「なんちゅう爆弾発言を…」

京太郎「……はっ!今、世界の男の夢が叶ったように思えたんだが、気のせいか…」

霞「そ、そうよ~気のせいだったのよ!」

京太郎「はは、ははは。そーですよねー」

エイスリン「「あだな」ッテムズカシイ…」


豊音「あ、あのね!」

京太郎「は、はい、姉帯さん」

豊音「私もね、いろいろ考えたんだけどね、皆と被らないようにとか…」

豊音「でもね、私は「京くん」って呼びたいって思ってたんだ~」

豊音「だから、「京くん」って呼んでいいかな!」

京太郎「あはは、もちろん良いですよ」

豊音「えへへ、嬉しいな。きょーくん♪」

京太郎(やっぱりちょっと恥ずかしい)

霞「うんうん、豊音ちゃんに合ってるわね」

宥「自分の呼びたいように呼べばいいんだよ弘世さ……聞いてない」

菫「」ブツブツブツブツ

怜「じゃ、菫さんに大トリを飾ってもらうでー」

菫「はっ!ま、待ってくれ、もう少し…」

由子「京さ…彼もう帰っちゃうのよーこれ以上引き留めるのも悪いのよー」

菫「た、確かに…うう…」

京太郎(すっげえ考え込んでるけど大丈夫なのか?)

塞「頑張って弘世さん」

霞「さあ、準備はいいかな~?3、2、1…」

エイスリン「キュー!」

菫「………」

菫「京!!!!」


「・・・・・」


菫「呼んだぞ!呼んだからな!では!」

ダダダ バタン


京太郎「……」

怜「最後はただのコードネームやったね」

照「京ちゃん、引き留めてゴメン。もう大丈夫だよ」

京太郎「ははは、色々ビックリしましたけど、いろんな呼び方されて新鮮でしたよ」

照「良かった。かき氷器、ありがとう…京ちゃん」

京太郎「どういたしまして、照さん。それじゃ失礼します」


スタスタスタ

京太郎「……あだ名って、イイ!」グッ


カン!