豊音「うわああああああん!ありがとうございましたああああ!!」

霞「お疲れ様でした」

恭子「あ、ありがとうございした」カタカタ

咲「ありがとうございました」ぺっこりん



照「……なるほど」

菫「……おい、なんだアレ。お前の家はどうなってるんだ」

淡「……すっごい!!大将だよね!ね!私がやれるの!?たっのしみー!!」

菫「ある意味頼もしいな……」

照「ん……お菓子買ってくる」

照(やっぱり、胸が大きくないの残したんだね……)

恭子「戻りました」

洋榎「お疲れさん」

恭子「1位やったのに2位で申し訳ないです」

洋榎「いや……あんなん相手によーやったわ」

漫「そうですよ!」

由子「アレはこっちで見ててもすごかったのよー」

恭子「ははは。あん時の宮永は……」カタカタカタカタ

絹恵「大丈夫ですか末原先輩!」

郁乃「……末原ちゃん、強くなりたい?」

恭子「……はい?」



巴「……お祓い、終わりました」

霞「ありがとう。大丈夫だった?」

春「いつもより準備してたから大丈夫」

初美「とんでもない相手でしたねー」

霞「ええ。正直、小蒔ちゃんや宮永照くらいじゃないとアレは相手できないわ」

小蒔「何か、すごいものを感じました。こう、執念というか、嫉妬というか」

巴(小蒔ちゃんもアレに近かったよね?)ヒソヒソ

春(というか同種っぽかった)ヒソヒソ

初美(いやいや、降ろしてる時の霞の方が…)

霞「初美ちゃんお蕎麦抜きね」

初美「また私!?」

霞「さ、食べましょう」



小蒔「時間、空いちゃいましたね」

霞「……それじゃみんなで海でもいきましょうか。少しくらいゆっくりしても大丈夫ですし」

春「海……いい」

初美「泳ぎならおまかせあれですー」

巴「中等部の明星ちゃん達も呼びましょうか」

小蒔「……楽しみですね」

霞「あ、そうそう。小蒔ちゃんのサインをお願いされてたの。書いてくれない?」

小蒔「あ、はい。分かりました」

豊音「ただいまー」

塞「トヨネ……」

豊音「サイン、いっぱいもらっちゃったよー」

胡桃「…………」

豊音「最後ちょー怖かったけど、ちょー楽しかったよー」

エイスリン「…………」

豊音「勝って、もっとみんなでお祭りに続けたかったよー」

白望「……お疲れ様、トヨネ」

豊音「うん、楽しかったよー……うあああああああん!!」

塞「私も、もっと、わあああああん!!」

胡桃「……ぐすっ」

エイスリン「トヨネエエエエエ!!」

白望「……うん、お疲れ様」涙目

トシ(参ったね……あんなのが出てくるなんて。さすがにどうしようもないよ)

霞「あのー、すいません。大丈夫ですか?」

小蒔「サイン、書いてきました」

豊音「神代さん!わざわざ来てくれるなんて……」

胡桃「あの……それは?」

小蒔「浮き輪です!」

胡桃「それは把握してます!」

小蒔「ちなみに下に水着も着てます!」

胡桃「なんで!?」

霞「個人戦まで間があるので、海にでも行こうという話になりまして。良かったら、ご一緒しませんか?」

エイスリン「ウミ…イイ!」

白望「……迷惑でないなら、ぜひ」

塞「ダルくないの!?」

トシ「あ、それなら個人戦出場選手同士は対局しないようにね」

塞・胡桃「確定!?」

郁乃「末原ちゃんが、なんであの試合で残れたか分かる?」

郁乃「それはな、胸が小さかったからや!やから、サラシ巻いてもっと胸を目立たなくするんや!!」

恭子「…………」ぺターン

恭子「ってアホかああああ!!」

恭子「なんなんですかこの訳分からん戦術は!?これ以上胸小さくしたら無くなりますわ!」

郁乃「でも~、宮永照ちゃんもさっきの宮永咲ちゃんも小さいで~」

洋榎「そーいや個人2位の荒川憩と3位の辻垣内智葉もあんま胸無かったような……」

由子「小鍛冶プロや三尋木プロもそうなのよー」

恭子「神代はでかいし、さっき相手した石戸霞とかおっぱいオバケでしたよ!そんなんありえませんわ!」

恭子「全く、せめてパッド入れるとかやったらまだしも……」サラシ取る

漫「……パッド、入れたいんですか?」

恭子「漫ちゃ~ん?額に乳って書くか?あ?この巨乳が!!」

郁乃「まあ、ここまでは半分冗談として」

絹恵「半分は本気やったんですか……」

郁乃「準決勝の為に呼んだわ~入ってきてや~」

良子「グッドモーニング」

恭子「戒能プロ!?」

洋榎「トッププロ……そしてKちゃんの時は世話になったわ……」

良子「ハハハ。毎晩抱いてますよ?」

漫「確かイタコで、名もなきファラオの力で天和したって」

絹恵「当然正位置ぃ!って叫んで国士無双したとか」

由子「傭兵でバイクと合体した機械相手に戦ったって聞いたのよー」

良子「ないない。ノーウェイノーウェイ。知り合いの話。元気かなーサティスファクション」

郁乃「宮永咲ちゃん見た」

良子「イエス。ありゃすっげーモンスターですね。ゴッドかサタンですよ」

郁乃「他にも凄い人呼んであるから、明日まで練習試合な~?」

郁乃「それとな、明後日は善野さんも見に来るらしいで~?」

恭子「善野監督が……」

恭子(そんなん負けられへんやん……後、サラシとか巻いてられんわ!!)



清澄、宿舎

久「良くやってくれたわね、咲」

咲「なんか、つい、やっちゃいました」

京太郎「つい、でアレか……やっぱすげーな咲」

咲「京ちゃん……えへへ」

久「それにしても姫松が残ったかー」

咲「あ、それなんですけど」

久「うん?」

咲「すいません、頑張ったんですけど、やっぱり強いとこが残っちゃいました」

まこ「強いって、どこも強かったぞ」

優希「おっぱいの巫女さんとかやばかったじぇ」

京太郎「ああ、あのおっぱいはやばかったな」

咲「む……」

和「確かに変な打ち方もありましたけど……」

咲「ええと。次は、ちょっと危ないかもしれません」

久「……靴下脱がなかったから楽勝だと思ってたわ」

咲「あっ……」

久(姫松か……ちょっとやっかいかもしれないわね)

京太郎「姫松か……先鋒と副将だな」

優希「ん?どういうことだ?」

和「私達に何か関係が…」

京太郎「先鋒と副将が、胸が大きかった!」

まこ「……優希。やってええぞ」

優希「おりゃあっ!!」飛び蹴り

京太郎「いってぇ!!」

和「全く須賀くんは……」

咲「やっぱり胸……」ゴッ

京太郎「咲-?咲さーん?なんか怖いの出すのはやめようぜー?」

咲「京ちゃんが胸ばっかり見なくなったらね?」

京太郎「無理だな」キリッ

咲「……京ちゃんの、馬鹿ー!」ビンタ

京太郎「ベふっ!!」

久「……大丈夫か。はいはい、準決勝は明後日だからゆっくり休みなさいよー」

久「あ、そうそう。テレビで2回戦のダイジェストやってるみたいだから、一応見ときなさいね」

えり「インターハイ、2回戦ダイジェストの時間です」

えり「この時間は2回戦をダイジェストで私、針生えりと」

咏「三尋木咏でお送りするぜぃ」

えり「では、2回戦第1試合から」



照「ツモ」ギュルルルル

煌「すばらっ!」

モブ1A(巨乳)「あはは……なにこれ」

モブ2A(巨乳)「もう、やだぁ……」



モブ1B「……」タン

菫「ロン」シャープシュート

モブ1B「ぐはっ」

モブ2B「あわわわわ」カタカタ

美子「うう……」



尭深「……」タン

モブ1C「……リーチ!」

モブ2C「……通れ!」

仁美「ロン!!」

モブ2C「ああ……」



誠子「ポン」

モブ1D「くっ」

哩「ツモ!」

モブ2D「辛い……」



淡「んー、ツモ」

モブ1E「あああ……」

モブ2E「次で……飛ぶ?」

姫子「……部長」



えり「なんというか、白糸台は圧倒的ですね」

咏「うーん、宮永照と大星淡がやっべーな」

咏「しかも、なんか隠してるっぽいわ」

えり「隠している?何をですか?」

咏「わっかんねーわー」フリフリ

えり「この人は……」イラッ

えり「続いて、2回戦第2試合です」


怜「……リーチ」

美幸「……もー」

玄「……うぅ」涙目

ソフィア「……くっ」

怜「……ツモ」

玄「あ、ありがとうございました……」涙目

美幸「お疲れっしたー……もー」

ソフィア「……しんどいわー」



澄子「…………」タン

花子「……手が伸びねー」タン

泉「…………」タン

宥「ロン」

泉「なっ!?」



憧「ポン!」

梢「…………」タン

憧「ロン!」

史織「はや~い」

梢「……はい」

セーラ「……ほー……やるなー」



友香「ツモ、でー!」

浩子「親倍……」

玉子「ちぇー……」

灼「また3位転落……」



莉子「…………」タン

穏乃「ロン!!」

竜華「!」

景子「!」

莉子「!?……あ、あぁ」カタカタ



えり「千里山女子が圧倒的でしたが、阿知賀女子のオーラスでの逆転も凄かったですね」

咏「最後まで諦めないっつーのは大事だってこったねぃ」

えり「ですが、千里山にここまでの差をつけられた阿知賀女子が、明日の準決勝どこまでやれるでしょうか」

咏「いや知らんし」

えり「…………」イラッ

咏「ただまぁ、簡単には終わらんでしょ。ここまで来るような学校は」

えり「では、2回戦第3試合です」



小蒔「ロン」

優希「じぇ!?」

白望「……ダル」

漫「ぐ……」



まこ「ツモ」



洋榎「リーチや!」

春「…………」タン

洋榎「ロン!!」

春「!!」

久「……うわ」

洋榎「神代が稼いだからて、安心しとるんか?そんなんすぐ持ってくでー?」

春「……次」

胡桃「はい。ふるよー」

洋榎「う……うちがひっくり返すからな!」

胡桃「うるさい!関係ないことなら静かに!!」

洋榎「あ……ハイ」



和「ロン」

絹恵「は、はい!」

塞「そこかー」

初美「やるですねー」



霞「…………」タン

豊音 「…………」タン

恭子「…………」カタカタカタカタ

咲「……カン」ゴッ

咲「もいっこカン」ゴゴッ

咲「さらにカン!」ギュルルルル

咲「カン!!」ギュルルルルルルル



えり「シードの永水女子、まさかの敗退でしたね」

咏「わっかんねーもんだねぃ。先鋒戦だけ見りゃ敗退するようなとこはなかったのにね」

えり「各校諦めず追い上げましたからね。特に清澄は凄かったです」

咏「インターミドルチャンピオンの原村も上手かったけど、大将とかものすっげーなー」

えり「宮永咲選手、ですね。宮永照選手と何か関係があると言われてますが、どうでしょうね」

咏「それこそわっかんねーわー。遺伝的に麻雀が強くなるとか知らんし。まあ、本人に聞けばいいんじゃね?答えるか知らんけど」

えり「では最後に2回戦第4試合の……」



京太郎「……照さんすげーな」

優希「わ、私があんなのとやるのか?……チェンジ!」

和「ゆーき、交代はできませんよ?そもそも交代できる人がいませんし」

咲「あはは。でも、昔より凄いなぁ……」

京太郎「昔はどうだったんだ?」

咲「んー……大抵お父さんが最下位で私が3位。で、お姉ちゃんとお母さんがトップ争い、って感じだったよ」

京太郎(昔の咲ってことは、プラマイ0だよな?つまり親父さんほとんどマイナスだったのか……)

京太郎(そういえば……)



咲父「そうか、咲が本格的に麻雀を……」

咲父「いや、娘の成長は喜ぶべきだよ、ははは……」

咲父「須賀くん、今度君も交えて3人で打たないか?」

咲父「ははは……最下位争いやろうぜー……」



京太郎(……苦労してたんだなぁ)

和「阿知賀?……玄さん!?」ガタッ

まこ「いきなりどうしたんじゃ?」

和「私が昔、奈良に居た頃の友人です!」

久「阿知賀が?ひょっとしたら他の人も知り合い?……メンバー載ってるけど見る?」

和「はい!……みんなが、います」

優希「花田先輩もいるし、明日見に行くか?」

和「……ええ、行きましょう」

京太郎「俺も行くわ。結構知り合いがいたし」

久「あら?またひっかけたの?」

京太郎「たまたま知り合っただけですよ。えっと、千里山に新道寺、阿知賀の人達がそれぞれ何人かと。あ、照さんいるから白糸台もか」

久「明日の出場校全部じゃない」

まこ「お前って奴は……」

優希「この発情犬め……」

和「私の友人にまで……」

京太郎「誤解だって!」

咲「…………」ギュッ

京太郎「いてっ!咲、手つねるなよ」

咲「……ふんだ。京ちゃんのばーか」

コンビニ

京太郎「あの流れでコンビニまでお菓子のパシリになってしまった……」

京太郎「ただ知り合いなだけなのにな」

京太郎「それにしても、照さんすごかったな。なんというか、さすがチャンプというか、次元が違うっていうか…」

照「…………」ゴゴゴゴゴ

京太郎「…………」

京太郎(コンビニ入って5秒でお菓子を2つ持って真剣な顔ですごい威圧感を出してるチャンプ見付けた)

京太郎(しかもう○い棒とポテ○スナックって……)

菫「おい照。早くしろって」

照「待って」

菫「もう充分待ってるぞ」

照「……ここはめずらしい味のう○い棒にするか……生産中止が決まったポテ○スナックにするか……大事なところ」

菫「両方買えばいいだろ」

照「予算がもうギリギリ」

菫「……籠に入ってるお菓子ひとつ諦めればいいだろ」

照「これはどれも外せない」

菫「はぁ……周りが騒がしくなる前に決めろよ」

照「……悩む」

京太郎「なら、俺が片方買うんで照さんと分けるっていうのはどうですか?」

照「へ?」

菫「は?」

京太郎「あ、俺ポテ○スナックで。後は頼まれた…」

照「え、いや、ちょっと待って……なんで京ちゃんがここに?」

京太郎「いや、うちが泊まってるとこが近くなんで」

菫「……で、君がたまたま買い物に来たと」

京太郎「そうです。ええと、白糸台の部長の弘世菫さん、ですよね?」

菫「知っているのか?」

京太郎「今日やってた2回戦のダイジェスト見ましたから。すごいですね、あの狙い撃ちは」

菫「い、いや。私なんて照と比べたら大したことないさ」

京太郎「弘世さんには弘世さんの良さがありますよ。俺にとっては弘世さんだって大したことある人です」

菫「そ、そうか。真正面から褒められると照れるな……」

照「……菫ばっかり」ボソッ

京太郎「照さん?で、う○い棒はいいんですか?」

照「そうだった……じゃあ、これとこれとこれ。京ちゃんは?」

京太郎「俺は後は頼まれた分だけですからすぐです」

照「じゃ、そこの公園で分けよう」

京太郎「はい」

公園

京太郎「お待たせしました」

照「それじゃあう○い棒から」サクッ

照「…………」プルプルプルプル

菫「……どうした?」

照「あんまりおいしくなかった……」涙目

菫「むやみに新しいもの買うからだ」

京太郎「どれどれ、一口いいですか?」

照「うん。はい、あーん」

京太郎「あーん……これははずれですね」

照「やっぱりコーンポタージュがいい」

京太郎「いやいや、たこやきでしょう」

菫(こいつら自然とあーんから間接キスまでやってのけたぞ……しかもあの照が自然な笑顔とは……すごいな彼は)

京太郎「じゃ、ポテ○スナック開けますね」

照「うん」

京太郎「そういえば、2回戦のダイジェスト、照さんもすごかったですね?」

照「そう?いつものことだから」

京太郎「相手2人を飛ばす勢いだったじゃないですか。さすがチャンピオンですね」

照「むー……京ちゃんにその呼び方して欲しくない」

京太郎「言っただけですって。俺はチャンピオンになったとしても照さんって呼びますよ」

照「うん、そっちがいい」

京太郎「あ、でも3位と4位の子、胸は1位と2位だったな……」

照「…………」ギュッ

京太郎「あいてっ!……そこつねらないで下さいよ。さっき咲につねられたばっかなんですから」

照「いきなりそんなこと言う京ちゃんが悪い」

京太郎「そんなことも吹っ飛ぶくらい照さんがすごかったってことですって」

照「ふん」プイッ

京太郎「俺が悪かったですから。はい、ポテ○スナック」

照「……もらう」サクサク

京太郎「弘世さんもひとつどうですか?」

菫「そうだな、もらおうか。後、菫でいいぞ。照が世話になってたみたいだし」

京太郎「いやいや、昔からやってたことですから」

菫「私は今もだぞ?迷子探しとかこの高校生活で慣れてしまった」

京太郎「俺は現在進行形ですよ?探すのは咲ですけど」

菫「ああ、妹さんか……2回戦、照の妹だと実感したよ」

京太郎「俺も照さんがチャンピオンだって実感しましたよ。よく迷子になってのに」

照「……2人とも、私と咲を何だと思ってるの」

菫「……チャンピオンだがよく迷子になる」

京太郎「……よく迷子になるのに麻雀が上手い」

照「……酷い」

京太郎「でも、麻雀で凄いのは誰もが認めるレベルですし」

菫「ああ。明日も頼んだぞ、チャンピオン」

照「……少し手抜こうかな。リード5,6万点くらいで」

京太郎「充分すごいですよ。あ、明日は俺も会場まで見に行きますよ」

照「!?」

菫「!?」

京太郎「どの学校にも知り合いはいますけど、照さんと菫さんも応援してます」

京太郎「あ、時間なんで俺はこれで。明日、頑張ってくださいね」

菫「……照」

照「……何?」

菫「やる気になるのはいいが、今は抑えろ」

照「…………」ギュルルルルルル

菫「しかし、彼は性格まで良かったのか」

照「……あげないよ?」






  • つづき はよ -- 名無しさん (2013-06-23 19:40:19)
  • つづきくれーーーーー -- 名無しさん (2013-07-21 15:37:16)
  • はよはよはよ -- 名無しさん (2013-07-29 15:11:38)
  • 続き安価おおくね? -- 名無しさん (2013-07-29 15:11:53)
  • Kちゃんシリーズ 短編でてたのか -- 名無しさん (2013-07-29 15:15:28)
  • 更新してたのにリンクが貼られてないのか -- 名無しさん (2014-04-11 13:52:41)
名前:
コメント: