1回戦終了後、夜

京太郎「ふう、頼まれたものはこれくらいか」

京太郎「それにしてもすごかったなー、部長で終わらせるなんて」

京太郎「この店で少し休憩したらなんか買って行くかな」

ガチャ

洋榎「おかん!そこを、そこをなんとか!!」

雅枝「駄目に決まっとるやろ!それよか明日の試合のためにミーティングせなあかんのや!はよ手ぇ離し!」

洋榎「浩子にまかしとけばええって!」

絹恵「お姉ちゃん、諦めや。おかんの言う通り忘れたんが悪いって」

洋榎「絹まで言うんか!ええんか?明日うちが調子が出んで負けてもええんか!?」

雅枝「あんたはなんだかんだで勝つわ」

絹恵「大会始まってからマイナスで終わってないし」

洋榎「いやーそれほどでも……ってちゃうわ!」

雅枝「ほななー。あんまめったなことは言えんけど次も頑張りーや」

絹恵「うん。浩子ちゃんによろしくなー」

洋榎「おかーん!……娘無視してタクシーで行くなんて酷いわ」

絹恵「お姉ちゃん騒ぎすぎやって。ほら、あそこの人なんてこっち見とる、し……」

洋榎「なんや?この愛宕洋榎になんか用で、も……」

京太郎「あー、えっとですね。も少し静かにした方がいいですよ?」

洋榎・絹恵「Kちゃん!?」

京太郎「……いい加減慣れてきたな」

説明中

京太郎「という訳で俺が清澄高校1年生の須賀京太郎です」

洋榎「うちは姫松高校3年で主将、エースで中堅の愛宕洋榎や!」

絹恵「その妹で2年の愛宕絹恵です」

京太郎「じゃあさっき話してた人は」

洋榎「うちらのおかん。で、千里山で監督やってる洋榎雅枝や」

絹恵「千里山は分かる?」

京太郎「たしかAブロックで、全国2位でしたよね」

洋榎「まーうちが優勝するんやけどな!」

京太郎「いやいや、清澄も負けませんよ?」

絹恵「まーまー、2人とも今は言いっこなしやで」

洋榎「しゃーないなー。それで、須賀くんはなんでここにおるん?」

京太郎「買い出しの帰りですよ。ちょっと休憩しようと思いまして」

絹恵「確か、清澄は部員少ないんやろ?率先してやってるん?」

京太郎「まあ、他が大会出てる5人ですし、俺初心者ですからねー」

洋榎「むう、Kちゃんにこんなことさせるなんて……面白い奴やったけど、明日は痛い目みせたらなアカンね」

京太郎「部長と知り合いなんですか?」

洋榎「抽選の時になー」

絹恵「ああ、話してたね」

京太郎「そういえば入ってくるときなんか言い合いしてましたけど、なんだったんですか?」

洋榎「ああ。アレなー、おかんのせいやねん」

絹恵「お姉ちゃんのせいやから」

洋榎「ちょーっと用事のためにこずかいの追加を頼んだら駄目の一点張り。挙句に娘無視してタクシーで帰ったわ」

京太郎「ほうほう。で、こずかい追加を頼んだ理由は?」

洋榎「大阪に忘れ物取りに行きたかった」

京太郎「いや駄目でしょう」

洋榎「なんでや!」

京太郎「いくらかかると思ってるんですか。それに大会始まってるのに主将が帰るって駄目ですよ」

絹恵「その通りやでー」

洋榎「ぐぬぬ」

京太郎「それにそんな大事なものなんですか?大会始まってから少し経ってますし、本当に必要なものじゃ無い限り無理ですよ」

洋榎「大事なものやで!それは…」

絹恵「ちょっとお姉ちゃん!」

洋榎「なんや?いきなり遮って」

絹恵「本人にKちゃん忘れて大阪まで取り帰り行きたいて言うん?恥ずかしない?」小声

洋榎「……そうやん。あっぶなー、めっちゃ恥ずかしいこと言うとこやったで」小声

京太郎「あのー?」

洋榎「あ、大丈夫や!作戦タイムな?」

京太郎「なんの作戦ですか?」

絹恵「とにかく忘れた云々は適当に流そ?」小声

洋榎「分かったわ」小声

洋榎「よし!」

京太郎「あ、もういいんですか?」

洋榎「大丈夫やで!」

京太郎「で、大事なものってなんですか?」

洋榎「Kちゃんや!」

絹恵「……お姉ちゃん」

洋榎「……あ」

洋榎「ちゃ、ちゃうんやで?これは、そのな?」

京太郎「……なるほど」

絹恵「あー、その、ね?お姉ちゃんは」

京太郎「大阪でも人気なんですね、ぬいぐるみ」

洋榎・絹恵「へ?」

京太郎「へ?」

絹恵「……それだけ?」

京太郎「何がですか?」

洋榎「何がって……女子高生が自分のぬいぐるみ持ってて大事にしてます言われてそれだけの反応なん!?」

京太郎「?いや、人気なだけでしょう?」

絹恵「……この人相当鈍いんと違う?」

洋榎「そうみたいやね……清澄はやっぱ油断ならんわ」

京太郎「でも大会に必要ですか?そりゃうちの和はぬいぐるみ抱いて打ってますけど」

絹恵「必要ってか、今日の試合でやってた人いたやん?やからやってみたいって感じやね」

洋榎「調子上がるかもしれんやん?」

京太郎「そんなことしなくても元々強いでしょう?」

洋榎「まー、そーなんやけど」

絹恵「さすがお姉ちゃん」

京太郎「次に当たるだろうから調べましたけど、ここまでマイナス無しってすごいじゃないですか。そんなことに頼らなくても大丈夫ですって」

洋榎「……言いすぎやない?」

京太郎「事実じゃないですか」

洋榎「……面と向かって言われるとさすがに照れるわ」

絹恵「いいなー。私もはよお姉ちゃんみたいになりたいわー」

京太郎「絹恵さんも副将任されてるんですから強いでしょう?」

絹恵「そんな、お姉ちゃんと比べたらまだまだやって」

京太郎「初心者の俺にとっては、大会出てるって時点ですごいですよ」

絹恵「……えへへ。そんなに言われると嬉しいわ」

洋榎「む……そんなに褒めても絹はやらへんで?」

京太郎「そんなつもりないですよ。俺なんかにはもったいないですって」

絹恵「……そんなことないけどね」

洋榎「……自分がどんなもんかっちゅうのを知らんの?」

京太郎「え?初心者ですよ?」

洋榎「……ええわ」

京太郎「おっと、もうこんな時間に。そろそろ帰りますね」

洋榎「せやね。うちらも帰るわ」

京太郎「ぬいぐるみはいいんですか?」

洋榎「本人に会っといて今さらぬいぐるみどうこう言うんがアホらしくなったわ」

絹恵「せやね。あ、アドレス教えてくれへん?次は敵やけど、これもなんかの縁やし」

京太郎「いいですよー。洋榎さんもどうですか?」

洋榎「当然やね……よし」

絹恵「メールしてなー」

洋榎「清澄の情報とかな」

京太郎「じゃあ洋榎さんの弱点教えてください」

洋榎「……負けへんことやな!」ドヤァ

京太郎「言い切ったよこの人すげえ」

絹恵「お姉ちゃん……」

洋榎「……冗談やで?」

京太郎「冗談になってない成績ですしね」

絹恵「多分結構な人が納得するで?」

洋榎「うちのボケが完全に殺されたやと!?」

京太郎「あ、それじゃまた」

絹恵「うん、気付けてなー」

洋榎「そして無視するん!?」

京太郎「洋榎さんもまた。うちは負けませんからね?」

洋榎「……それはうちもや。覚悟しときや」

絹恵「メール、楽しみにしとるでー」

洋榎「予想以上やったな、Kちゃん」

絹恵「うん。アレは見た目以外でも人気出るね」

洋榎「……本人が強いって言ってくれたんや。ぬいぐるみ無しでも勝つで」

絹恵「うん!私も負けへんよ!!」




京太郎「東京は空気が悪いって聞くが、慣れればどうってことないな」

京太郎「朝のすっきりした感じは変わらないし」

京太郎「お、こんなとこにラーメン屋が」

ダヴァン「ここデス!朝食べるのにちょうどいいラーメンは!」

ネリー「またラーメン?ネリー飽きたよー」

明華「というかここ開いてませんよ」

ダヴァン「ワッツ!?なぜラーメン大国日本でラーメン屋が開いてないのです!?」

明華「またハオが微妙な顔しそうなことを……」

ネリー「諦めようよー。ネリーおなかすいたし別のとこで食べようよー」

ダヴァン「私の体がラーメンを欲している……」

明華「カップラーメンは?」

ダヴァン「昨日尽きました。ここいらじゃ安いとこすら無いデス」

ネリー「コンビニでいーじゃん」

ダヴァン「コンビニのラーメン1つでスーパーのラーメン2つ買えるんデスヨ!」

明華「諦めましょう」

ダヴァン「ラーメン……」

ネリー「スーパー開いて無いし、諦めよ?ほら、吉○屋とか開いてるし」

ダヴァン「ラーメン……」

明華「聞いてないですね」

京太郎「…………」

京太郎(なんだこの面白外人集団は)

京太郎(そんなにラーメン食べたいのか?)

京太郎「……仕方ない」

京太郎「あのー、すいません」

ダヴァン「なんですか?私は今ラーメンが食べられない悲しみに包まれていマス。遺憾の意デス」

京太郎「よかったら、カップ麺でよければ譲りますよ?」

ダヴァン「……Really!?」ズイッ

京太郎「……い、いえす」

ネリー「ダヴァン日本語忘れてるよー」

明華「……この人は」

公園

ダヴァン「…………」ソワソワ

京太郎「お待たせしました。カップ○ードルでいいんですよね」

ダヴァン「お、おおう……ありがとう、ありがとう!私、今日本人の優しさに感動していマス!!」

ネリー「大げさな……」

京太郎「あ、ラーメン待ってるついでにタコス作ったんでどうぞ」

明華「私達に?」

ネリー「いいの?ネリー達初対面だよ?」

京太郎「俺の分作ったついでですよ。それにご飯は誰かと食べた方がおいしいですし」

明華「それじゃあ、いただきます」

ネリー「あむ……なにこれおいしい」

明華「本当においしい……タコスなのにあっさり食べれます」

京太郎「朝なんであっさり風味にしてみました」

ネリー「これをラーメン待つついでに?……日本人すごい」

明華「ええ。でも、どうしてここまでしてくれるんです?」

ダヴァン「ラーメンだからデス!」

明華「ラーメン狂いは静かにラーメン啜っててください」

京太郎「どうしてって言われても……なんか困ってたみたいですし」

ネリー「……それだけで?」

京太郎「大したことやった訳でもありませんしね。買い置きのカップ麺と作り置きのタコスごちそうしただけですから」

明華「……充分大したことやってるじゃないですか」

京太郎「?」

ネリー「……やっぱり日本ってすごいねー」

明華「ええ……なんでアメリカに負けたんでしょうか。そこの見てるとつくづく考えてしまいます」

ダヴァン「なんデスカ?ラーメンはあげませんヨ?」

明華「いりませんから」

京太郎「皆さん別々の出身なんですか?」

明華「自己紹介がまだでしたね。臨海女子高校麻雀部で2年生の雀明華(チェー・ミョンファ)です。フランス出身です」

ネリー「同じく臨海女子高校麻雀部1年生のネリー・ヴィルサラーゼ。サカルトヴェロ出身だよ」

ダヴァン「……あ、私?3年生のメガン・ダヴァン。ラーメンを愛するアメリカ人デス」

京太郎「……臨海?まさかあの!?」

明華「そうですよ?Kちゃん?」

ネリー「え?似てると思ってたけど本人だったの!?」

ダヴァン「ん?Kちゃんラーメン?」

京太郎「ラーメンじゃないです。知ってたんなら言いますね。清澄高校1年生の須賀京太郎です。Kちゃんのモデルでもあります」

明華「実は最初に見た時から察してはいました」ドヤァ

ネリー「すごいすごい!写真とかいい?」

京太郎「あ、はい」

ネリー「ダヴァン!ラーメン食べてないでシャッター押してよ!」

ダヴァン「ん、はい食べ終わりましたしいいデスヨ」

京太郎「……あのぬいぐるみ、まさか世界レベルで人気あるんですか?」

明華「日本でしか売ってませんし……世界進出でも考えてみます?」

京太郎「冗談でしょう」

ダヴァン「はいチーズ」パシャ

ネリー「わーい」

ダヴァン「あ、京太郎くん。連絡先とか教えてもらえませんか?」

京太郎「いいですよ」

ダヴァン「どうも……このラーメンのお礼に今度とっておきのラーメンを紹介シマス」

ネリー「あ、ネリーもネリーも。タコスのお礼したい」

明華「じゃ、私もお願いしますね」

京太郎「はい、いいですよ。でも、本当に大したことじゃないんですからお礼なんて」

ダヴァン「ノーノー。私達本当に嬉しかった」

ネリー「だからお礼は絶対するよ」

明華「あなたがいらないって言っても、やりますよ。そうですね、大したことじゃないですし」

京太郎「……分かりました。楽しみにしておきます」

明華「よろしいです」

ダヴァン「でも清澄ですかー。順調にいけば準決勝デスネ」

ネリー「ネリー楽しみになってきたよ!」

ダヴァン「あの龍門渕に勝った高校ですしね。油断できない強敵デス」

明華「試合では本気でいきますからね?」

京太郎「もちろんですよ。むしろそうじゃなきゃ困ります」

明華「ふふふ。あなたはやっぱり素敵な人ですね」

ネリー「うんうん。ここまでの人は初めてだねー」

ダヴァン「ラーメンを恵んでくれるなんて過去トップレベルで良い人デス!」

京太郎「そんなことないですって」

ダヴァン「あ、そろそろ行かないと」

ネリー「もうそんな時間?残念ー」

明華「まあまあ。準決勝で会えるんでしょう?」

京太郎「ええ。俺自身は打てませんが、あいつらはやってくれます」

ダヴァン「では、また会いまショウ」

ネリー「まったねー」

明華「楽しみにしてますね」

明華「いい人でしたね……監督が引きぬいてきてくれませんかね」

ネリー「それだ!」

ダヴァン「うち、女子高デショ」



京太郎「さて、みんな練習してるし邪魔しちゃいけないよな」

京太郎「……ここまでレベルが違うと、さすがにへこむな」

京太郎「……考え込むのは止めとこう。それより昼飯だ」

京太郎「どうすっかな……とりあえずタコス以外で、ん?」

「……うん……それでな」本片手に電話中

京太郎「本読みながら電話って、前見えてないんじゃ、っておい信号赤だ!」

「……いやいや……そうやでー」

京太郎「気付いてないのか……ちょっとごめんなさい!!」

「……え?」

キキーッ!!

憩「ホンマごめんなーぁ」

京太郎「いや、無事だったんならよかったですよ」

憩「君がとっさに来てくれんかったら、うちは今頃どうなっとったか分らんよ?だから、怪我の手当てぐらいさせてな」

京太郎「かすり傷ですって」

憩「ほほう。とっさにうちを押し倒し、腕の中に押し込めて転がって、車と接触しといてかすり傷?」

京太郎「…………」

憩「ほら、結構体打ったやろ。うちのホテルすぐそこやから」

京太郎「……分かりました」

憩「うちは荒川憩。三箇牧高校の2年生や」

京太郎「須賀京太郎です。清澄高校の1年生です」

憩「あ、ここや。ついてきてな」



ホテル

京太郎「とりあえず1人部屋に残されたが、個人部屋?応援、を1人でってことは無いだろうし…」

憩「おまたせー」

京太郎「何をしてたんです、か……」

憩「ん?何ーぃ?」

京太郎「なんでナース服なんですか!?」

憩「え、治療すんならナース服やろ?どっかおかしい?」

京太郎「おかし……くないですはい。ナース服ですね」

憩「せやろ?あ、上脱いでな」

京太郎「はい」

京太郎(ナース服……アリだな!!)

憩「おー、結構鍛えとるやん」

京太郎「そうですかねー」

憩「うんうん。でも、それなりに打っとるね。ちょっとしみるでー」

京太郎「あ、つつっ」

憩「ところで、清澄高校って長野代表やろ?」

京太郎「そうですよ。俺も一応部員ですけど」

憩「あそこの宮永咲って、宮永照の親戚かなんかなん?」

京太郎「実の姉妹ですよ」

憩「そうなん?宮永照もヒトじゃないような強さやったのに、その妹もいるんか。怖いわーぁ」

京太郎「打ったことあるんですか?宮永照さんと」

憩「去年の個人戦やけどね。ちなみに今年も個人戦で出場してるで」

京太郎「ああ、どうりでホテルが個人部屋なんですね。それで、去年の成績はどうだったんですか?」

憩「宮永照に負けてもうてね。2位やったわ」

京太郎「……はい?」

憩「はい、背中終わり!」バシッ

京太郎「いってぇ!!」

憩「じゃー次は」

ドンドンドン!

憩「ん?誰やろ」

ガチャ

やえ「憩!!大丈夫か!?」

憩「やえさん?どないしたんですか?」

やえ「どうもこうも、電話中にいきなりブレーキ音やら何やらが聞こえた挙句、その後は連絡がとれないんだ!心配するだろう!!」

憩「あ……すんません、忘れてました」

やえ「忘れてたって……いや、無事だからいい」

憩「まあ、上がってください。今、ちょっと治療中ですけど」

やえ「治療って一体誰の……」

京太郎(上半身裸)「あ、どうも」

やえ「…………」

憩「大丈夫ですよね?奈良の王者はこんなことじゃ動じませんよね?」

やえ「と、とと当然だな!ニワカ共と違うんだよ王者は!!」顔真っ赤

京太郎(顔真っ赤でプルプルしてるけど我慢してるって感じだなぁ)

やえ「私は晩成高校3年生の小走やえだ」

憩「奈良個人1位の王者やで。去年ちょっと知り合ってからの仲や」治療完了

京太郎「奈良、って言うと団体は阿知賀が」服着る

憩「へえ、知っとるん?」

京太郎「おもちしま……松実さん姉妹と部長の灼さんとはこの前会ったんです」

やえ「ああ、松実の妹の方か。あのドラ爆は初見の事前知識無しじゃどうしようもないからな」

憩「でもやえさん結構稼いでたやないですか。見ましたよ?ドラが来ないのを誰よりも早く理解して打ってたの」

やえ「王者ならできて当然だ。いつまでも呆けているニワカとは違う」

京太郎「やっぱりお二人ともすごいんですねー」

やえ「何、まだまだだよ。慢心していては足元を救われるし、上には上がいる」

憩「うちも全国2位なんて言うけど、宮永照にはやられたしなー」

やえ「満足せず自分を磨き続けることが大事だ。そこに初心者も王者も無いのだよ」

京太郎「……すげえ一番背低いのに先輩っぽい」

やえ「コラ!私は3年生だ!!」

憩「まあまあ」ナデナデ

やえ「さりげなく頭撫でるな!続けていいがな!!」

京太郎「いやでもいい話聞きました。ありがとうございます小走さん!」

やえ「う、うむ。よしアドレスを教えてやろう。『王者』で登録するといい」

憩「ちなみに私は『ニワカ』で登録しとる」

やえ「憩ー!!」

京太郎「じゃ、荒川さんのも」

憩「はいはーい。でも『憩ちゃん』って呼んでもええんやで?」

やえ「お前最近阿知賀から『ナースの人』って呼ばれてたぞ」

京太郎「結構話し込んでしまいましたね」

憩「別にええでー。お昼も皆で食べれたし」

やえ「うむ。やはり大勢で食べるといいな。普段から私の周りには人は多いが」

京太郎「そろそろ時間ですから、俺行きますね」

憩「名残惜しいなー。遊び行ってええ?」

やえ「清澄にも個人出場の選手はいるんだぞ?むやみに行くのは避けた方がいいだろう」

京太郎「すいません、荒川さん」

憩「仕方ないなーぁ。ま、ええわ。京太郎くん、今日は助けてくれてホンマありがとな」

京太郎「アレくらいいいですよ」

憩「いや、君はうちの恩人や。またお礼はするからな」

やえ「うむ。受けた恩はしっかり返すべきだ。借りっぱなしはいかんからな」

京太郎「小走さん」

やえ「君も色々あるだろうが、困ったり悩んだりしたらいつでも連絡していいぞ。この王者が助けよう」

やえ「君が、私の大切な友人を助けてくれたようにな」

京太郎「……ありがとうございます。」

憩「ほな、またなー」

やえ「応援してるぞー」

憩「……やえさん。彼ってやっぱり」

やえ「Kちゃん本人、だな」

憩「外見だけでなく中身までイケメンって……すごいなーぁ」

やえ「ああ……しかし、本当にぬいぐるみより先に本人に会ってしまった……」

憩「残念ですか?」

やえ「むしろ良い」


「いらっしゃいませー」

京太郎「東京のコンビニはすげーなー」

京太郎「なんでこんなに商品あるんだ。うちのとこなんて9時に閉まってたぞ」

京太郎「ん?珍しいものあるな……買っとくか」

「ありがとうございましたー」

京太郎「さて、帰ってアイスでも……ん?」

春「……もうダメ……大会も戦えない」

初美「しっかりするですよー。大丈夫ですー」

春「……鹿児島帰る」

初美「いや駄目ですから」

京太郎「……巫女さん?そういや開会式にもいたな」

春「今の私は北家でなにもできないはっちゃんか眼鏡がない巴さんか眠れない姫様か胸がない霞さん……」

初美「色々と酷いですー!!」

春「……ああ」フラッ

京太郎「なんなんだ……おっと」ガシッ

初美「あ!すいませんー、うちのはるるが」

京太郎「いや、いいですけど……大丈夫なんですか?」

春「ううっ……ん?あなた」

京太郎「え?はい」

春「その袋の中のそれは……」

京太郎「黒糖ですが……そこのコンビニで鹿児島直送限定商品ってあったんで」

春「……神よ」パァァァァ

京太郎「うおっ、なにこの笑顔!ものっそい笑顔!!」

春「……ちょっと行ってくる」ダッシュ

京太郎「……な、なんだ?」

初美「あー、とりあえずありがとうですー」



公園

春「…………」ポリポリポリポリポリポリポリポリポリポリポリポリ

京太郎「なんでスゴイ勢いで黒糖食ってるんですか。そしてすごい良い笑顔で」

春「ん?」ニッコリ

初美「はるるは黒糖が無いと駄目なんですよー」

京太郎「なんかあやしい薬みたいになってますけど……まあうちにも似たようなのがいるか」

京太郎(あいつの場合タコスだがな)

初美「とにかく黒糖のことを教えてくれて感謝ですー」

春「ありがとう……これはお礼」

京太郎「黒糖3袋……いや、自分の分なくなるんじゃないんですか?」

春「大丈夫……あそこの店長と交渉して買占めから販売ルートの確保までやってきた」

京太郎「あの短時間で!?」

春「ふっ……東京の黒糖は私のもの」

初美「遅くなりましたけど私達は永水女子の者ですー」

春「私が1年生の滝見春」

京太郎「あ、俺は清澄高校1年の須賀京太郎です」

初美「私は薄墨初美ですー。3年生です」

京太郎「……え?」

春「残念ながら……事実」

初美「ちょっとなんですかそれ。あと残念な事実ってなんですかー」

京太郎「あー、いや、大丈夫です。似たような人知ってますから、はい」

春「もっとちっちゃいの?」

京太郎「んー、どうですかね。あ、でもその人は2年生です」

初美「それはいいですー。これから伸びるんですー」

春「…………」ポン

初美「な、なんで肩に手置くんですかー」

京太郎「…………」ナデナデ

初美「なんで頭撫でるですかー!年下のくせにー!」

春「それはそうと、清澄って、あの?」

京太郎「……あの?」

春「……次、私達と当たる」

京太郎「ああ、そうですね。でも、俺は出ませんし、いくら対戦相手だからってここでまでピリピリする必要はないですよ」

春「……それもそう。それと、同じ学年」

京太郎「?」

春「……春でいい。敬語もいらない」

京太郎「あー……分かった。俺も京太郎でいいぜ」

春「……ん」ニコッ

初美「……で、いつまで頭撫でてるですかー!」

京太郎「あ、すいません。つい小さいから」

初美「うがー!」

京太郎「そんなふうにしないでくださいよ。可愛いのに台無しですよ」

初美「む……そんなことじゃごまかされないですー」

春「すごい嬉しそうだけど」

初美「そんなことないですよー♪」

春「……喜ぶのはいいから色々としまって。霊的なのも出てきてる」

初美「はっ!」シュポンッ

京太郎「え、アレ本物!?」

初美「ふう……危ないとこでした」

春「もしあのままだったら……恐ろしい」

京太郎「うわー、すげー気になる!」

初美「知らない方がいいですよー」

春「こないだの人はうっかり人形に……」

京太郎「怖っ!」

初美「……いや、でも人形にして連れてっても怒られるですよねー」

春「一晩くらいなら……」

京太郎「怖い相談は止めて下さいよ」

初美「仕方ないですー。やめとくですー」

春「ん……京太郎がKちゃん?」

京太郎「唐突だな……そうだ、俺があのぬいぐるみのモデルだ」

初美「やっぱりでしたかー」

春「……一緒に写真いい?」

京太郎「へ?ああ、別にいいぞ」

初美「じゃ、私が撮るんで次お願いしますねー」

春「ん」ギュ

京太郎「……寄りすぎじゃね?」

春「……いい。それとも大きい胸は嫌い?」

京太郎「大好きだ」キリッ

初美「……はい撮るでーす」

パシャ

春「……じゃ、次」

初美「とーうっ」ピョン

京太郎「なんで背中乗ってるんですか」

初美「イエーイ、どうですー?」

春「…………」

パシャ

初美「いきなりは酷いですよー!?」

春「……計画通り」

京太郎「春……恐ろしい子!」

春「……まあ、Kちゃんと写真撮りたかっただけだからいいけど」

初美「いいんだ!?」

春「ぬいぐるみ、大事にしてる」

京太郎「ああ、ありがとうな。春みたいな子に大事にされてうれしいぜ」

春「……私だけじゃない、色んな人が大事にしてるから」

初美「私もですよー」

春「京太郎はそれに見合う人だった。それが嬉しい」ニコッ

京太郎「……そう言われると照れるな」

初美「おっと、そろそろ帰らないと心配されるですよー」

京太郎「じゃあ、途中まで送りますよ」

春「……すぐそばだけど」

京太郎「だからって女の子2人をそのまま返せないんだよ」

春「……お願いする」

初美「ですー」

春「やっぱり京太郎は良い人」

初美「ですねー」



初美「ただいまですー」

春「……ただいま」

巴「おかえりなさい」

霞「黒糖買えた?」

春「ばっちり」

小蒔「良かったです」

初美「あ、Kちゃんに会いましたー」

小蒔「え!?どこですか!?」

春「送ってもらった……もう帰ったけど」

霞「あらあら、次に会ったらお礼言わないと」

小蒔「そうです!次は私が会いますね!!」

春「……次も会いたい」


実況「さあ、インターハイも2回戦!シード校も現れますます激しくなっていきます!」

解説「今日の試合ではシードの永水と強豪姫松も当たりますからね。どんな試合になることやら」

実況「今日の試合は上位2校が勝ち抜けとなっていますが、やはり永水と姫松でしょうか」

解説「分かりませんよ?もう2校の清澄と宮守は初出場校ですが、ここまで勝ち抜いてきた確かな実力があるでしょう」

解説「強豪だから、シードだからといっても何が起こるか分からないのがインターハイですからね」

解説「私的な意見ですが、この2校は他とはまた違う強さがあると思いますね。油断したら一気に持って行かれそうです」

実況「なるほど。目が離せない試合になりそうですね!」

放送「先鋒の選手は、速やかに…」



優希「……来たか!」ガタッ

京太郎「……そのマント、本当に着ていくのか?」

和「そうですね。あんまり恥ずかしい格好はどうかと思いますよ?」

5人「…………」

和「……なんで私を見るんですか?」

優希「だってなー?」

咲「えーっと……」

まこ「うーん、正論なんじゃがなー」

久「エトペン持ち込みの和が言うのはね……」

京太郎「恥ずかしくなるようなものがなぁ……」

和「い、いいじゃないですか!1回戦ではぬいぐるみ持ち込みの選手が他にいましたよ!」

和「それと、須賀君はどこを見ながら言ってるんですか!!」

優希「和ちゃんは私服も個性的だからな!」

和「アレは私の趣味です!!」

咲「あはは……で、京ちゃんはいつまで見てるの?」

京太郎「……はっ!目が勝手に!?」

まこ「お前という奴は……」

久「須賀君らしいじゃない」

京太郎「俺らしさ……つまり誇っていいんですね!?」

久「だからといって和の胸を凝視するのは止めなさい」

京太郎「はい……」

優希「そんなに落ち込むな。ほら、私のを見せてやろう」

京太郎「……?どこに胸が?」

優希「オラッ!!」飛び蹴り

京太郎「あだっ!!」

まこ「今のは擁護できんわ。素直に受けえ」

咲「京ちゃんサイテー」

和「全くです」

久「そうねー……事実だけど」

優希「……セイッ!!」蹴り

京太郎「いでっ!!今のは俺じゃねえだろ!?」

優希「乙女の怒り、黙って受け止めるのが男だじぇ」

京太郎「お前はタコスだろ」

優希「おお、そうだった」

まこ「漫才もそれくらいにしてさっさと行かんかい」

和「遅れますよ」

優希「分かったじぇ。では、稼いでくるじぇ!」

咲「頑張ってね」

久「優希、周りは気にせずあなたの麻雀をやってきなさい」

京太郎「頑張れよー。後半用のタコス用意して待っててるからな」

優希「おう!!清澄高校の先鋒!片岡優希!行ってくるじぇ!!」



白望「……ダルイから休んでていい?」

塞「今から出番でしょう!?」

胡桃「しゃんとする!!」

エイスリン「ン!!」旗振ってる絵

白望「……応援?」

豊音「おー、上手いよー!」

塞「ほら!立って立って!」

白望「……おぶって」

胡桃「そんなにダルイならKちゃん持っていく?1回戦でいたでしょ?」

豊音「それいいねー。私が持っていっていい?」

エイスリン「ワタシ!」

トシ「色々言ってるようだけどそろそろ時間だよ」

トシ「行っといで。あんたならいけるよ」

白望「……ダルイけど、少し頑張ってくる」

トシ「ぬいぐるみは置いていきなよ」

白望「……駄目?」

塞「シロがそんなこと言うなんて……」

胡桃「Kちゃんの効果!?」

豊音「ちょーすごいよー!」

エイスリン「ハイ!」ハートを射る矢の絵

白望「………行ってくる」



洋榎「えーか?こう、がーっときたらばーっといってがっっといくんやで?」

漫「すいません、なにひとつ分かりません」

洋榎「しゃーないなー。やからこう、がーっと…」

絹恵「お姉ちゃん、それで分かるんオカンぐらいやで?私だって分からへんもん」

洋榎「なんやて!?……やったらもっと分かりやすくいこか。……こう、ずばばっと」

恭子「主将はもうええですから。ええか漫ちゃん、まずは清澄や。アレは最初から仕掛けてくるから、気をつけるんやで?」

由子「それから永水の神代なのよー」

漫「なんか……改めてとんでもないとこにいるん実感しますわ」

恭子「大丈夫や。漫ちゃんなら、そこで上手くやれるで」

漫「末原先輩……」

郁乃「不安ならKちゃん持ってったらどう~?」

恭子「代行……」

郁乃「1回戦で持ち込んだ人おったんやろ~?反則にはならへんで~?」

洋榎「くぅ……うちが持ってきてないからてそういうやなんて……酷いわ!この鬼コーチ!!」

郁乃「あはは~。忘れたんが悪いんやで~」

洋榎「ぐぐぐ……やっぱオカンに金貸してもろうて取ってくれば……」

絹恵「今から行く気!?アカンよ!?」

洋榎「大丈夫や!試合ギリギリになってかっこよく戻ってくるんや!!」

由子「物理的に無理なのよー」

洋榎「むむむ……漫ちゃん!うちに構わず持っていくんや!!」

漫「うち!?そもそも持っていきませんよ!?」

洋榎「ここはまかせや!!」

恭子「……そろそろホンマに遅刻になるんではよ行きや」

漫「あ、はい」

郁乃「で、持っていくん?」

漫「……私は」

小蒔「いよいよですね」

霞「ええ」

初美「ですー」

春「…………」ポリポリ

巴「はい」

小蒔「ここからはどんな相手でも手は抜けません。気を引き締めて行って参ります!」

初美「姫様ファイトですー」

春「……頑張って」

巴「リラックスしていってくださいね」

霞「……うん、そうね。姫様の言う通りなんだけど」

霞「その手のKちゃんぬいぐるみは置いていきましょうか、小蒔ちゃん」

小蒔「……霞ちゃ~ん」

初美「いきなりびしっっと決めたと思ったらこれですかー」

春「……様になってた」

小蒔「本当ですか!?」

巴「ぬいぐるみさえなければ、ですけどね」

小蒔「……くすん」

霞「じゃ、ぬいぐるみは置いて行きましょうね」

小蒔「そ、そんな……」

霞「さすがに神様にぬいぐるみ持たせる訳にもいかないし、何より他の人達も真面目にやってるのにぬいぐるも持ち込むの?」

小蒔「だ、だけど持ち込んでる人いましたよ?」

霞「持ち込んでない人が勝ってたわよ?」

小蒔「ううっ……」

春「……代わりに私が持っていく」

初美「じゃ、私もいきますー」

巴「じゃあ私もいきます」

小蒔「じゃ、じゃあ私も!」

霞「…………」

4人「…………」

霞「それでも駄目よ?」

小蒔「あう……」

初美「乗ってきませんでしたかー」

春「……強敵」

巴「まー、普通は無理ですよね」

小蒔「そこをなんとかお願いします!」

霞「……そうね、じゃあ」

実況「さあ!選手が集まってまいりました!」

解説「まずは宮守の小瀬川選手に清澄の片岡選手……ん?アレは?」

実況「片岡選手は……なんと真っ赤なマントをなびかせての登場だー!!」

解説「はは、そういうの嫌いじゃないよ」



優希「ふっ」ドヤァ

白望「……ダル」



実況「続いて姫松の上重選手ですが、これはまさかー!?」

解説「ほう。強豪姫松、Kちゃんぬいぐるみを抱いての登場か」



漫「あー、ども」

優希「ぐぬぬ……負けないじぇ!」

白望「……なんで落書きされてんの?」

漫「え!?……あー、色々あったんで」

優希「物は大切にするんだじぇ!!」

漫「……ぐうの音も出ません」



洋榎「恭子ー、やっぱりぬいぐるみに落書きはやりすぎやったんちゃう?他校引いとるやん」

恭子「アレ?ちゃんと洗えば落ちるやつやったんですけどね」

郁乃「ちゃんと罰になるように油性に変えといたで~」

由子「代行のせいなのよー」



実況「さあ最後にシードの永水だー!」

解説「去年大暴れした神代選手、この先鋒戦のカギになるのは間違いないでしょうね」

実況「さあ、選手は出そろったー!!」

解説「ん?なんか神代選手の雰囲気が違うような……」



小蒔「……よろしくお願いします」

優希「おう!負けないじぇ!!」

漫(こん1年めっちゃ強気やなー)

白望「……ダル」



実況「さあ、インターハイ2回戦先鋒戦、開始ー!!」

前半戦東場

優希「この試合に次は来ないじぇ!この局だけで終わらせてやるじぇ!!」

白望(胡桃が怒りそうなこと言うなぁ……でも実際和了るな)

漫(わ、訳分からん!なんでこいつはここまで強気でいけるんや!?)

小蒔「…………」

優希「よっしゃツモ!」

実況「片岡選手、またまた和了ったー!」

解説「こりゃ冗談で終わらせるなんて言った訳じゃなく本気で終わらせる気だな」

実況「そ、そんながことできるんでしょうか?」

解説「理屈ではそうだが実際にやるならなぁ……何より、それを大人しく実行させるほどインターハイは甘くないだろう?」

白望(どーしよっかな……)

漫(全然和了れんやん……どないしよう、Kちゃん持ってってもなんも変わらんし)ギュッ

優希「……リーチ!」

白望・漫「!!」

優希「さて、まだまだ行くじぇ…」

小蒔「ロン」

優希「じょ?」

小蒔「16000」

優希「なぁっ!?」

小蒔「…………」

白望(……何が起きたの?)

漫(末原先輩話ちゃいますやん!なんでこんなにはよ神代がくるんですか!)

実況「神代選手が和了りましたー!」

解説「しばらくは片岡だと思ってたんですけどね……神代選手はこんな最初から飛ばす選手でしたっけ?」

優希(ま、まだ東場だじぇ!なんかあの巫女さんやばい雰囲気するけど、ここはガンガンいくじぇ!)

優希「ロン!」

優希(今のうちに取られた分取り返して、逃げ切れるくらいに稼ぐ!)

前半戦南場

白望「……ちょいタンマ」

漫「!」

漫(これは……末原先輩に聞いてたやつ!宮守も来るんか!?)

白望「……ん」タン

漫(やったらうちも……)

小蒔「ツモ」

漫「へ?」

小蒔「8000オール」

漫(なんなんここ!!)

実況「なんと言いますか、すごいことになってますね?」

解説「うーん、神代選手がいるとはいえ、ここまで荒れるとはなぁ……」

実況「そう言ってる中宮守の小瀬川選手が和了ったー!」

解説「ほう……なかなかのものだな」



白望(あー、ダルイけど……まだまだ和了らないとなぁ……)

漫(折れるな……先輩が言ってたこと思い出して、しっかりと打てば)

小蒔「ロン」

漫「は、はいっ!」

漫(もー、さっきからこん人怖い!なんなん!?うちなんかした!?……あ、Kちゃんは持ってきとったわ)

小蒔「…………」



巴「確か、まだ弱い神様のはずですよね?」

春「……それよりこの相手で最初から寝てた方が驚き」

霞「うーん、私のせいかしら?」

初美「そうですよー?『前半で20万点まで稼いだら後半はKちゃん持って行っていい』なんてこと言うからですー」

巴「ああ、姫様また和了った」

春「……今ので17万?」

初美「東場では清澄のが頑張ってましたからねー。一気にいくつもりでしょうねー」

霞「……大丈夫かしら」

巴「姫様がですか?相手がですか?」

霞「両方ね。特に姫松の人、Kちゃんぬいぐるみ持ち込んでるから隙があれば狙われてるわ」

初美「無事に前半戦が終わればいいですねー」



小蒔「……」タン

優希(うう……南場じゃどうしようもないじぇ)

白望(なーんか狙ってる感じするなぁ……もしかして特定の誰かを?だったら……)

漫「……」タン

白望(今までのを見る限り姫松?……シードから蹴落した相手をさらに?……ないかな)

優希「……じょ!」タン

白望(他の理由……他と違うとこ……ぬいぐるみ?)

小蒔「……」タン

白望(……考えすぎか)

漫「……ツモ!」

白望「!?」



恭子「よっしゃ!爆発きたで!」

洋榎「神代がなんかえらい暴れとるから差はまだあるけど、これはええでー」

絹恵「上重さんファイトやー!」

漫(な、なんとか大きめの和了れたでー!)

漫(でもまだ差はある、気引き締めていかんと!)

小蒔「リーチ」

漫「っ!?」

優希「じょ!?」

白望「……ツモ」

漫(あ……良かった、神代やなくて)

優希(これ以上はやばかったじぇ……後半こそ!!)



実況「前半戦終了ー!!」

解説「かなり荒れたな。東場では片岡選手が、そして全体的に神代選手が稼ぐが要所要所で小瀬川選手と上重選手が止めに来る」

実況「とんでもない試合でしたね!」

解説「大きくリードした永水だが、このまま大人しく他が引き下がるか……まだ試合は始まったばかりだ」



優希「タコスだ!ありったけ持ってくるんだじぇ!!」

京太郎「元々用意してた分しかねぇよ」

久「予想以上に永水が暴れてくれたわねー」

和「とんでもない偶然が連続してましたね」

まこ「偶然でもなんでも、今のトップは永水じゃ。このままじゃいかんな」

咲「優希ちゃん、大丈夫?」

優希「問題ないじぇ!巫女さんなんかにタコスは負けないし、ぬいぐるみ持ち込みにも負けない!後……とにかく負けないじぇ!!」

京太郎「用は誰にも負けねーってこったろ?」

優希「さすが京太郎!もっとタコス作ってきていいぞ!」

京太郎「無理だっての!」

優希「……このままじゃ、終わらせないじぇ」



白望「……ダルイ」

塞「すっごかったよ!モノクル割れるかと思った!」

トシ「私のはヒビはいったね……古いのだから予備を用意しておいて正解だったよ」

豊音「神代さんちょーすごいよー!」

胡桃「敵を褒めてどうするの」

エイスリン「シロ、ガンバッテ!!」

白望「あー……まぁ……ダルイけど負けるつもりはない」

漫「え、えらい持ってかれて申し訳ないです……」

恭子「由子、マジックある?」

漫「ひぃっ!」

恭子「と、点数的には言いたいんやけど」

漫「へ?」

恭子「さっきは爆発したんや。後半もまだチャンスある。しっかりやってくればええで」

漫「末原先輩……」

洋榎「やけど神代はえらいやっちゃなー。漫、大丈夫?」

由子「こっちから見てもかなりやばそうだったのよー」

絹恵「上重さん……」

漫「……大丈夫です!やってきます!!」

郁乃「さすがやね~。期待してるで~」

恭子「代行……」

漫「あはは……後半、取り返してきます」



小蒔「……くすん」

初美「仕方ないですよー。相手も強敵だったんですからー」

巴「そうですよ。姫様は充分すぎるくらいにやってましたよ」

春「……でも20万点は無理だったから」

霞「後半の持ち込みは無しね」

小蒔「うう……頑張りましたけど仕方ないです……」

巴「姫様……」

初美「どうしますー?」

春「……許してもいいと思う」

霞「……分かりました。この試合は駄目ですけど、次の試合からは持ち込んでいいとしましょう」

小蒔「霞ちゃん!!」

霞「ただし、今度こそ20万点稼いだらね」

初美「うわー、地味に酷いですー」

巴「でもだいぶ稼いでるし、さっきよりは楽じゃない?」

春「……他がこのまま黙ってない」

小蒔「はい。皆さん強い方でした」

霞「そうよね。それでもやる?」

小蒔「やります!Kちゃんのこともありますけど、それ以前に試合に勝つため、もっともっと稼いできます!」



実況「さあ、時間となりました。後半戦、開始です!」

解説「このまま永水が差を広めるかどうか。そこに注目ですね」

優希「ロン!」

実況「また片岡選手が和了りました!」

解説「地区大会でもそうだったが、やはりこの選手は東場では圧倒的だな」

実況「1回戦でも東場で勢いを作ってましたからね」

解説「だが、そう簡単には行かないだろうな」

小蒔「ツモ」

実況「ここで神代選手!やはりこの選手は凄い!!」

解説「かなりムラがあるが、調子がいい時は手がつけられないな」

漫(アカン、これはきついわ……神代とか去年の1番良い時並みやないか)

白望「……ツモ」

白望(簡単には、点はやらない)

優希(も、もう南場……まだまだ1位と差あるじぇ……)

小蒔(……差が、広げられない)タン

漫「それ、ロン!」

小蒔(それどころか、縮められてる!?)

漫(ま、また上がれた!これ、主将が言ってたKちゃん効果……ないか)



実況「先鋒戦終了!!1位は永水高校!!他3校と差をつけてトップに立ちました!」

実況「そして宮守、清澄、姫松となっています」

解説「だがこの3校の差はそれほどない。私は前半での永水との差を縮めた3校の選手を評価したいね」

実況「はい。前半では圧倒的だった神代選手でしたが後半では他3校が意地を見せましたね」

解説「永水は大きなリードを得たが、まだまだ分かりませんね」


まこ「よう」

優希「……染谷先輩」

まこ「ん、お疲れ」

優希「……稼げなかったじぇ」

まこ「神代が本気だった、事故じゃ事故。先輩にまかしとけ」

優希「お願いしますだじぇ」



白望「……ダルイ」

エイスリン「マカセテ!」

白望「ん……まかせた」

エイスリン「♪」

白望(どうせ、エイスリンが勝つしなぁ)



漫「すんません……取り返せませんでした」

由子「大丈夫なのよー」

洋榎「せやで!」

漫「主将!?」

洋榎「やっぱKちゃん持ってったんが効いたんかな……貸して」

漫「言われて持ってきましたけど……めっちゃ恥ずかしかったですよ?」

洋榎「む……よし、由子、持っていき」

漫「それ私のです!」

由子「遠慮しておくのよー」



小蒔「差、広げられませんでした……」

巴「いやいや、充分ですって」

小蒔「Kちゃん……」

巴「あー……試合が終わってから、また話してみましょう?」

小蒔「……はい!巴ちゃんも頑張ってください!」

巴「はい。姫様が作ったリード、守ります」



実況「インターハイ2回戦次鋒戦、開始ー!!」

実況「次鋒戦終了!清澄、姫松が永水との差をしっかりと縮めました!宮守は調子が出なかったのか差は縮めたが4位です!」

解説「永水は1位のままだが、この勢いだと追いつかれかねないな。次に来るのがあの愛宕洋榎選手だ」

実況「姫松のエースですね」

解説「さらに1回戦で相手をトビ終了させた清澄の竹井選手もいる。これは試合が動きそうだな」

実況「ところで試合時間が短かった気がするのですが」

解説「そう感じただけだろう?しっかり結果は残っているのだから、問題無いさ」



まこ「頼んだぞ、部長」

久「え、ええ」

まこ「……大丈夫か?」

久「あら?私が心配?大丈夫よ。しっかりやってくるわ」

まこ「……ま、いいわ。こっちでなんとかするか」



洋榎「っしゃあ!ついに来たで!!うちの出番や!!」

由子「落ち着くのよー……って言っても意味ないのよー」

洋榎「じゃ、行ってくるでー!!」

由子「……あれ?洋榎、何か持ってった?」



エイスリン「……ゴメンナサイ」涙目

胡桃「エイちゃん悪くないよ!あの眼鏡……2人いたか」

エイスリン「……こっち」ワカメの絵

胡桃「……とにかく、その人と相性が悪かっただけだって!私達がなんとかするよ!!」

トシ「……しかし相手の力を使わせないどころか何もさせない……いや、まさか……時間を消し去った?」

エイスリン「?」

トシ「ああ、いや、いいさ。胡桃達を信じよう」

エイスリン「…………」コク



巴「……ごめん、守り切れなかった」

春「……大丈夫、私が次に繋げればいい」

巴「ハッちゃんまで?でも、次の相手強敵だよ?」

春「……黒糖とKちゃんがあるから大丈夫」

巴「その判断基準は何?……でも、まかせるね」

春「……うん」

まこ「戻ったぞー」

京太郎「お疲れ様です」

まこ「おう。開始時間までまだあるな」

咲「……なんか、部長の様子がいつもと違う気がする?」

優希「あー……なんかくじ引きの時っぽくなってるじぇ」

和「抽選会ですよ。確かに緊張してるように見えなくもないですが、全国の舞台で緊張するというなら1回戦では?」

京太郎「有名な強豪校が相手で改めて自覚した、とかじゃないのか?」

まこ「いかんな……よし、聞いてくれんか」



久(あー……やっばいわ。今さら緊張してくるとかないわよ……)

胡桃「よろしくお願いします」

久「あ、ああ。よろしく」

胡桃「?」

洋榎「またせたな!姫松高校のエース、愛宕洋榎の登場や!!」

胡桃「…………」

洋榎「抽選会ぶりやな、竹井。負けへんで?」

久「……私だって、負けないわよ?」

洋榎「なんか勢いがないで?駄目やなー。こういう場はノリが大事や!そのためにこういうものまで持ってきたんや!!」

Kちゃんぬいぐるみ(落書きアリ)

久「あら?それって」

洋榎「ふっふっふ。流行りに乗ってみたんや」

胡桃「……それ、先鋒の人のじゃないの?」

洋榎「……細かいことはいいんや!縁起物みたいなもんやし」

胡桃「借り物の縁起物って……そもそも公式戦の場によけいな物持ち込むなんて…」

春「……遅れました」黒糖&Kちゃんぬいぐるみ持ち込み

胡桃「…………」

洋榎「よけいな物が、なんやって?」

胡桃「……いい」

洋榎「ふ……負けへんで。特に清澄!」

久「わ、私?」

洋榎「1回戦は飛ばして終わらせるとか派手なことやっとったけど、そうはいかんで!」

洋榎「今、持ち物ではKちゃん持ってきたうちが勝っとる。後は試合でも勝って……」

京太郎「部長ー!」

洋榎・胡桃・春「!?」

久「す、須賀くん!?どうしたのよ?」

京太郎「なんか、染谷先輩に頼まれまして」

久「まこから?」

京太郎「はい。これを渡すようにって」

久「手紙?」

『緊張してるようなので、京太郎を送った。まあ、これに意味はないわ。適当に楽しんでくるとええ』

久「……まこったら」

京太郎「あのー、大丈夫ですか?なんか、緊張してたみたいですけど」

久「……大丈夫よ。部長である私を信じられないの?須賀くんは帰ってお茶でも入れて待ってなさい」

久「それとも……心配で私に会いに来てくれた?可愛いわねー、このこの」頭ナデナデ

京太郎「ちょ、こんなとこでやめてくださいよ!」

久「そうねー。須賀君は頭撫でられるより胸撫でる方がいいもんねー」

京太郎「そうですけど……って何言わせるんですか!」

久「あら、嫌だった?残念ねー、撫でさせてあげようと思ったのに」

京太郎「マジですか!?」

久「ええ。マジよ……副会長のだけど」

京太郎「男じゃないですか!!」

久「あはははは……ありがと」

京太郎「はい?」

久「なんでもないわ。戻って待ってなさい。勝ってくるから」

京太郎「……はい。じゃ、戻りますね」

久「ふふふ……あ、待たせちゃったわね。ごめんなさい」

洋榎・胡桃・春「…………」

久「?」

洋榎「負けへんでー!!」

胡桃「つぶす……!!」

春「…………」ボリボリボリボリボリボリ



実況「インターハイ2回戦中堅戦、開始ー!!」

洋榎「リーチや!」

春「…………」タン

洋榎「ロン!!」

春「!!」

洋榎「神代が稼いだからて、安心しとるんか?そんなんすぐ持ってくでー?」

春「……次」

胡桃「はい。ふるよー」

洋榎「う……うちがひっくり返すからな!」

胡桃「うるさい!関係ないことなら静かに!!」

洋榎「あ……ハイ」



実況「まずは愛宕洋榎選手が滝見選手から和了りました!」

解説「さすがといったところですね」



洋榎「ロン!!そんなん通用せえへんで。格が違うわ!」

胡桃「そーゆーのいいから点数申告!」

洋榎「あ……ハイ。5200です」



実況「賑やかに打ちますね」

解説「わざとやって相手のペースを乱すやり方もあるが、あれは素だな。全力で楽しんでいる」

実況「楽しんで、その上で勝っているということですか?」

解説「いるんだよ……ああいう単純に"強い"のが」



春「……リーチ」

久「ごめんなさいね。それ、ロンよ」

春「…………」ポリポリ

胡桃(……何その待ち)

洋榎「ほう……やるなぁ」



実況「清澄も和了った!というかこんな待ちで本当に和了った!?」

解説「悪待ちか……こいつは面白いな。どう転がるか楽しみだよ」

実況「楽しむのもいいですけど解説して下さいよ?」

解説「お、前半戦終了だな」

胡桃「ただいまー。充電充電」

白望「……ダルイ」

豊音「どうー?大丈夫そうー?」

胡桃「……正直厳しいかな。うるさいけど強いし」

塞「まー仕方ないよ。胡桃は胡桃の麻雀をやるしか」

エイスリン「ファイト!」



春「……黒糖、補充」

小蒔「だ、大丈夫ですか?」

春「…………じゃ」

初美「あ、逃げたですー」

霞「これは終わったらお説教かしら」

巴「まだまだこれからですって」



洋榎「どや!?」

絹恵「戻ってくるなりそれー?」

洋榎「そりゃーなー?」

漫「何言ってるんか分かりませんて……後、ぬいぐるみ返して下さい」

洋榎「あ、ほい」

由子「どうだったのよー?」

洋榎「んー、やっぱ借り物じゃアカンかなー?何より本人来よったし」

恭子「いや、試合ですって」

洋榎「あー……ま、なんとか1位とったるわ」

絹恵「お姉ちゃんお姉ちゃん!」

洋榎「なんや?」

絹恵「またKちゃんが来とるよ!」



京太郎「部長、お疲れ様です」

久「ん、わざわざ来てくれてありがと」

京太郎「いやいや、俺はこれくらいしかできませんし」

久「やっぱり、長野に帰ったら胸撫でる?」

京太郎「……男はいいっす」

久「女の子よ?」

京太郎「本当ですか!?」

久「心は」

京太郎「アウト!!」

久「何よー、いい子よ?少女趣味で手先が器用で家事全般が得意で……後、マッチョ」

京太郎「最後!最後で台無しですよ!?」

久「私より胸あるし?」

京太郎「それはもはや別物でしょう!?」

春「……失礼」

久「あ、永水の」

京太郎「あ、さっきは言えなかったけど昨日の黒糖どうだった?」

春「問題ない」

久「知り合い?」

京太郎「ええ。昨日の夜たまたま会って」

春「……食べたら分かる。どうぞ」

久「あら、ありがとう」

京太郎「俺も?じゃ、ありがたく」

久「……風味があっていいわね」

京太郎「黒糖だけなのに食べやすい……こないだのもっと買っとけばよかったか」

春「後で分ける?」

京太郎「いいのか?」

春「うん……住所教えてくれれば本物を送れるけど」

京太郎「本物?まさか、これ以上のものが!?」

久「……黒糖でどんだけ盛り上がってるのよ。そろそろ時間よ」

京太郎「あ、はい。じゃ、部長頑張って下さい」

久「まかせなさい」

京太郎「春も、敵だけど頑張れよ」

春「!!……うん」ニコッ

久「……天然タラシだったかしら?」

洋榎「待たせたな!!」

春「姫松の人」

久「待ってないし、あなたも待たないといけないわよ?」

洋榎「……それよか、京太郎は?おったん見て来たんやけど」

春「もう帰った」

洋榎「…………」

胡桃「お待たせー。どうかしたの?」

洋榎「……あんたんせいや!!」

胡桃「いきなり何!?」



実況「さあ、後半戦です」

解説「だいぶ削られた永水と追いつこうとする姫松と清澄。そして守りが固い宮守」

実況「宮守はこの状況で守りは厳しいんではないでしょうか?」

解説「下手に振り込むよりいいが、さてどうなることやら」

胡桃(別に、これが私の打ち方だからいいし)

胡桃(何より相手がこうも強いんじゃ慣れてない打ち方したら逆に火傷しそうだし)

胡桃(ここは後の塞と豊音を信じて)

胡桃「ツモ!」

胡桃(私の打ち方で打つ!)



春「…………」

春(厳しい……相手が強すぎる……素直にここは負けて)

春「ロン」

春(信じよう)



実況「後半戦終了!!永水は1位は守りましたが、点差をかなり詰められました!」

解説「後半、相手が格上だと分かった上で失点を少なくする方向に変えたのが良かったな。前半のままなら1位じゃなかった」

実況「そして2位は姫松!愛宕洋榎選手がかなり稼ぎました!」

実況「3位は清澄!プラスで終わらせましたが愛宕洋榎選手に追いつけませんでした!」

解説「この2校の選手は相当のものだよ」

実況「4位は宮守!点数自体はあまり変動していません!」

解説「一見地味に見えるがこの状況で点数が変わらないというのはなかなかできるものじゃない。この選手も上手いね」

実況「後半の宮守に攻める様子があまり見られませんでしたが、どうなんでしょう」

解説「それは団体戦だからだな。仲間を信じたんだろう」



久「はー……疲れたわ」

洋榎「ふっ、うちはまだまだいけるで?」

春「……強がり?」

洋榎「ちゃ、ちゃうわ!」

胡桃「終わってからもうるさい……」

和「何やっているんですか部長」

久「早いわねー。やっぱりエトペン持ってきたの。Kちゃんじゃなくて」

和「か、からかわないでください」

初美「はーるーるー?」ズイッ

和「きゃあああああ!!な、なななんですかこれ!?」

久「永水の副将よ。知らない?」

和「……本当に人ですか?」

初美「失礼ですー」ズズイッ

和「ちょ、怖い……あ」ポトッ、コロコロ

絹恵「……?」目の前にエトペン

和「あ、エトペン……」

絹恵「……ボール」

和「え?」

絹恵「……!!」ドカッ!!

和「!?エトペーーーーン!!!」

久「……大丈夫よ和、エトペンは無事よ」

和「本当ですか!?」

絹恵「ホンマにすいません!丸いもんがあったんで、つい」

洋榎「すまんなぁ清澄。お詫びっちゅう訳やないけど、絹の胸を…」

和「?」ドドーン

洋榎「…………」ぺターン

絹恵「お姉ちゃん!?もう、また人の胸勝手に触らそうとして!」ドーン

洋榎「……絹……負けたわ」

絹恵「は?何言うてんの?」

洋榎「せやけどなぁ!絹は他の副将の奴と比べたら…」

塞「胡桃、お疲れー」バーン

胡桃「塞、後よろしく」

洋榎「…………」チラッ

初美「?」ぺターン

洋榎「この場で味方は永水だけか……」

絹恵「いやだから何言うてんの!?」

和「何なんでしょうね?」

久「あー……和には分からないことよ」

初美「……胸なんて飾りですよー」

胡桃「そこは同感。ていうか、早く私達は帰った方がいいんじゃないの?もう始まるよ?」



実況「さあ、副将戦です!遂に、インターミドルチャンピオン、原村和選手がインターハイデビューです!!」

解説「インターミドルの強さがインターハイで通じるかどうか、だな」

実況「また、個人戦出場も決め、さらに県予選では大将に回すことなく終わらせた薄墨初美選手」

実況「1回戦で沖縄代表を完封した臼沢塞選手、愛宕洋榎選手の実の妹、愛宕絹恵選手など、注目の選手が揃っています!」

解説「また面白い試合になりそうだ」

実況「インターハイ2回戦、副将戦開始ー!!」

絹恵(お姉ちゃんから引き継いだ点数、なるべく守って…)

和「ロン」

絹恵「は、はい!」

絹恵(っていきなり!?……やっぱぬいぐるみ蹴ったん怒ってるんかなー)



実況「まずは原村和選手だー!!」

解説「まだまだ序盤だよ……お、薄墨選手が北家か」

実況「はい?何かあるんですか?」

解説「県予選で大暴れしていたが、北家の時によく和了ってるんだよ」

実況「つまり今回も?」

解説「可能性はある。さて、分かってて止められるようなものかな」



絹恵(永水が北家……字牌を切らんようにしとけばええって末原先輩が言ってたし……)タン

和「……」タン


絹恵「!」

塞「!」

初美「ポン!」

絹恵(え……何しとるん清澄!?永水の薄墨やったら普通に分かるやろ!?なんでなん!?)

塞(ちょ……やばいって!!何なの!?)

和「…………」

和(部長……四喜和に気をつけろ、っていうのはさすがにオカルト過ぎです。私は私の打ち方を貫きます)

初美(チャンスですー……インターミドルチャンピオン、潰れちゃえ!)



初美(さーて、いくですよー。1位とはいえ追いつかれかねない点差ですからねー)

初美(一気に引き離しますよー)

初美(ここで鳴いて……アレ?鳴けない?)

絹恵「ツモ!」

初美(な、なんでですか!?私がこんな……)

塞「…………」じーっ

初美(まさか……宮守!?)

霞「封じられちゃった?……これはちょっと大変かもね」

巴「ハッちゃん、大丈夫でしょうか」

春「……分かんない」

小蒔「だ、大丈夫ですよ!まだリードしてます!」

霞「でもねぇ……初美ちゃん、素直に引き下がらないからね」



塞(きっついなー……1回戦よりきつい。でも、上手くいってる。そして)

塞「ロン!」

初美「っ!!」

塞(永水から和了れる。このままリード縮めて豊音に繋ぐ!)



実況「薄墨選手、和了りませんでしたね?」

解説「うーん、大沼プロも言ってたんだがな……やっぱり宮守の臼沢選手か?」

実況「臼沢選手ですか?特に目立ったことはしていないように見えますが」

解説「周りから見えなくても、本人達にしか分からないものもあるからな」



初美(わ、私が北家で和了れない?……ないない!!)

塞(さて、全員分かっててくれたら少し楽できるんだけど)

和「…………」タン

塞(これだよ。なんなの?ネト麻でCPUの設定最強にして打ってるみたい。やっぱ、やらないといけないよね)

塞「…………」じーっ

初美「……うーっ」タン

塞「ロン!」

初美「うううっ……点棒ですー」

塞「……どーも」



実況「前半戦終了ー!!まさかの永水の薄墨選手が大失点で永水はついに1位陥落です!」

解説「これまでの試合でも稼いでいる薄墨が封じられていた、ということは大きいな」

実況「現在の1位は清澄高校!2位は僅差で姫松!そして3位に永水、4位に宮守です!」

解説「だが、宮守はその差をじわじわ削っている。ここに来て大幅な差はなくなった。こりゃ結果が分からなくなってきたな」

塞(あー……しんどいなー、もつかなこれ)座りこむ

塞(ていうか清澄なんなんだよ……空気読めてないにも程があるでしょ)

白望「……大丈夫?」

塞「……シロ!?」

白望「……立てる?」

塞「……大丈夫だって、それよりシロがわざわざ来たことが驚きだね」

白望「……トイレこっちだし」

塞「ついで!?……まあ、いいけどっと」立ち上がる

塞「まぁ、らくしょーってことで」

白望「……持ってって」Kちゃんぬいぐるみ

塞「え?」

白望「次は豊音に渡して……じゃ」

塞「ん、いっちょやってきますか!」



絹恵「……ふう」

恭子「お疲れ絹ちゃん」

洋榎「お疲れさん」

絹恵「お疲れ様です……はあ、清澄に1位もってかれてすんません」

由子「いいのよー」

漫「充分やってるって」

洋榎「せやで。絹、自信持ってやりや。うちの妹なんやから、絹もいける!!」

絹恵「お姉ちゃん……うん!私、後半で1位になってくるわ!」



初美「ひっく……ぐすっ」

霞「うーん、正直どうしようもないわね」

巴「ハッちゃんがどうこうできるものじゃないですしね」

春「……黒糖、いる?」

初美「いただくですー……ぐすっ」

小蒔「初美ちゃん……」

初美「姫様、持ってかれた点は必ず取り返してくるですー」

小蒔「……はい。頑張ってください」

初美「……このまま終わるなんて、させないですよー」

咲「お疲れ様和ちゃん!」

久「見事にアドバイス無視してたわね。あそこまでされたら逆に清々しいわ」

和「そんなオカルトありえませんよ。実際に四喜和なんてありませんでした」

まこ「まーな。やけに宮守のが疲れとるように見えたが、なんだったんじゃろな」

優希「タコス不足だじぇ!」

京太郎「お前だけだっての……3人とも大丈夫かな」

久「あら、あの3人もひっかけてたの?」

咲「京ちゃん……」

和「須賀くん……」

優希「京太郎……」

まこ「もうなんも言わんわ……」

京太郎「違いますって。たまたま会って仲良くなっただけですって」

咲「……こっち来てから多すぎるよ」

優希「発情したか」

京太郎「タコス作らねーぞ」

まこ「でも、各校にいる気がするんじゃが」

京太郎「たまたまですよ。困ってたから手を貸した、とかそんなんですって」

久「まあ、須賀くんのタラシ疑惑は置いといて」

京太郎「違いますって!」

久「この後もまかせるわよ和。幸い永水は県予選ほど暴れられないみたいだしね」

和「はい。相手がどうこようと、私は私の麻雀をするだけです」

咲「和ちゃん、頑張って!」

優希「のどちゃんファイトだじぇ!」

まこ「しっかりやってきんさい」

京太郎「和、頑張れよ!」

和「はい……行ってきます」



実況「後半戦、開始ー!!」

和「…………」タン

絹恵「…………」タン

塞「…………」タン

初美「…………」タン

絹恵(永水、動かんな。それならそれでええんやけど、このままじゃ2位。ここは)

絹恵「ツモ!」

絹恵(攻める!)



塞(別に、豊音がやってくれるだろうからそこまで無理して攻める気は無いけど)

和「…………」タン


塞(これがな……塞いでなけりゃえらいことになってるよ)

初美「うー……」

塞(親だけど永水が北家だし、このままやりすごして……)

初美「…………」タン

塞(え?)

塞「ろ、ロン!」

初美「はい」

塞(何今の明らかな差し込み!?)

初美「…………」タン

塞(ま、まさか……自分が上がれるまで親の私に振り込む気!?リードもないんだからボロボロになるよ!?)

初美(姫様達には悪いですけど、このまま素直に引き下がれないです)

絹恵「…………」タン

初美(絶対、絶対和了ってやるですー!)

塞「ロン!」

塞(うわー、和了れるのはいいけど、このままじゃ持たないって!なんとかしないと……)

和「ツモ」

塞(よっしゃ!空気読めないけどナイス!)

実況「後半戦も南場です。ここまで永水の薄墨選手がまさかの大量失点で清澄と姫松にリードを許しています」

解説「薄墨選手が北家で和了れないのが気になるな……このまま終わることはないと思うが」

実況「それはなぜ?」

解説「勘だな。そんなに素直に終わるほどここは甘くないんだよ」


塞(はぁ、永水が北家か。どうしよっかな。どうせ親の清澄に振り込むんだろうし)

塞(親が清澄?……だったらいっそこのまま塞がないで親被り狙うのもありかな)

塞(あの調子でやられたら体力もたないし……清澄には振り込んでもらおう)

初美(これは……いけます!今度こそいけるですよー!!)

和「…………」タン


初美「ロン!!」



実況「決薄墨選手の役満小四喜炸裂ー!!」

解説「県予選と同じものがやっと来たか」

実況「これはまた薄墨選手が和了りますか?」

解説「こっからか……とか言ってる間に終わってるぞ」

実況「え!?本当だ!最後は愛宕絹恵選手が和了って副将戦終了しました!」

実況「最終的な順位は、1位姫松、2位清澄、3位永水、4位宮守となっています!」

解説「清澄は永水の役満が痛かったな」

実況「ですが永水は点を取り戻すことはできませんでしたね。ここからどうなるでしょうか」

解説「さてな。永水の大将はこれまで攻めているところが無かった。個人的にここがどうくるかが気になる」

絹恵「後は、お願いします」

恭子「まかしとき。しっかり守りきったるわ」

洋榎「恭子ー!いったれー!」

由子「ファイトなのよー」

漫「先輩!」

恭子「何や?」

漫「持っていきませんか?」Kちゃんぬいぐるみ(落書きアリ)

恭子「気持ちだけもろうとくわ。さすがに人の持ってく訳にもいかんし…」

郁乃「やったら、末原ちゃんの持っていきや~。はい」

恭子「あ、ども……ってなんで代行が私の持ってるんですか!?」

郁乃「はっはっは~企業秘密や~」

由子「もう気にしたら負けだと思うのよー」

洋榎「せやな。とにかく恭子!いってきや!!」

恭子「……はい!」

恭子(実は持っていきたかったしな)

郁乃「昨日も抱いて寝とったもんね~」

恭子「やからなんで代行が知ってるんですか!?」

4人(……否定はしないんやね)



塞「あー……疲れた」

豊音「お疲れ様ー。ちょーすごかったよー」

塞「もう勘弁して欲しいけどね。はい、これ」Kちゃんぬいぐるみ

豊音「え?持ってっていいの?」

塞「珍しくシロが自分から持ってきたんだよ。頼むよ、トヨネ」

豊音「うん!ちょーがんばるよー!!」

豊音「みんなのお祭り、ここで終わらせないから!!」

初美「ひっく、すみません姫様―。ぐすっ。わ、私のせいでー」

小蒔「初美ちゃんは頑張ってましたよ!!」

初美「姫様~」

春「……1位から3位」ボソッ

初美「うわあああああああん」

巴「こら、ハッちゃんいじめない」

霞「そうよ。でも、2回戦でここまで追い詰められるなんて思いもしなかったわ」

小蒔「霞ちゃん」

初美「ううっ、ひっく。どうするですか?」

霞「久しぶりに、攻めるわ」

霞「初美ちゃんの分、たっぷり返してあげましょう」

春「……なんか怖い」

霞「え!?」

初美「ぐすっ……胸もあって威圧感倍増ですー」

霞「そ、そんなことないわよね!?」

巴「えっと……」

小蒔「ぬ、ぬいぐるみとか持っていけば、少しは和らぐんじゃないでしょうか?」

春(否定してない……)

巴(むしろ追い打ちかけてる……)

霞「……まあ、持っていきましょう。でも、終わったらお話があるからね?」

初美「……事実だから仕方ないですー」

霞「初美ちゃんは戻ってくるまで正座ね」

初美「私だけ!?」

和「すいません……あんな大きいものが来るなんて」

まこ「最後のすごかったな」

優希「ああ。でも、のどちゃんはしっかりやってたじぇ!」

久「そうね。結果オーライよ、和」

京太郎「ああ。後は頼んだぜ、咲」

咲「ひゃ、ひゃい!」

京太郎「……大丈夫かー?トイレ行ったか?あ、道迷ったのか」

咲「だ、大丈夫だよ!」

京太郎「今まで何回迷子になったら言ってみろ」

咲「……道が悪い」

京太郎「目逸らしながら照さんみたいな真似すんな」

咲「お姉ちゃんの真似……こう?」ギュルルルルルル

京太郎「なんでできるんだよ!?」

久「咲、大丈夫そうね」

まこ「うむ。緊張とかしてたらどうしようかと思ったがな」

優希「こういう時こそ京太郎の出番だな。のどちゃんはいらなかったが」

和「私はいつも通り打っただけですし」

久「ほら、咲。いつまでもイチャついてないで行ってきなさい」

咲「い、イチャついてなんかないですよ!京ちゃんの馬鹿!」タタタタタ

京太郎「おい咲ー!そっち反対だー!!」

まこ「……和、連れてってやりんさい」

和「……はい」

優希「……しまらないじぇ」

実況「泣いても笑っても最後!大将戦です!」

実況「まずは姫松高校末原恭子選手!」

解説「今までは逃げ切りが多かったが、この相手でこの点差だから逃げ切りは難しいか。なんだ?この選手もぬいぐるみ持ち込みか」

実況「次は宮守高校姉帯豊音選手!」

解説「現状4位でそれなりの点差があるなか、逆転できるかね。おや、またぬいぐるみか」

実況「そしてシードの永水高校岩戸霞選手!」

解説「これまで守ってばかりだったこの選手がどう攻めにでるか、それがどうなるかな。……この選手もか」

実況「最後は清澄高校宮永咲選手!」

解説「全国初登場の選手か。宮永照と同じ名字ということが少し気になるな。親戚かなにかだろうか。お、この選手は手ぶらか」

実況「大将戦4人中3人がぬいぐるみ持ち込みですか。何か持っていると有利になることでもあるんでしょうか」

解説「まあ選手のモチベーションを維持するためや、リラックスさせるためだろうな。ここまで来たら打てる手は打っておきたいだろうし」

実況「では、唯一持って来ていない宮永選手は不利、ということなんでしょうか?」

解説「さてな。単純に持っていないか、持ってなくても大丈夫という自信か、それ以外の何かか」

実況「さあ、インターハイ2回戦大将戦、開始ー!!」



霞「よろしくお願いします」

恭子「……よろしくお願いします」

恭子(なんやこのおっぱいオバケ……絹ちゃんが小さく見えるわ)

豊音「よろしくお願いします」

豊音(わー、すごそうな選手ばっかだよー。楽しみー)

咲「……よろしくお願いします」



豊音「ポン」

恭子(来るか宮守。気付けなあかんな)

豊音「ポン」

豊音「チー」

豊音「ぼっちじゃないよ~」

霞(裸単騎……ここから?)

豊音「お友達が来たよー、ツモ!」

恭子(やっぱりかー……やっかいな相手や)



実況「最初の和了は姉帯選手ー!」

解説「裸単騎から和了るか……この選手もとんでもない選手みたいだな」

恭子(確かにすごそうやけど……うちかて負けへんで!)

恭子「リーチ!」

豊音「じゃ、とおらばリーチ!」

恭子(おっかけリーチ……やって来るか)

恭子「……」タン

豊音「ロン!」

恭子(これ以上はやれんな……やけどもっと稼がんと)

霞「リーチ」

恭子(永水!?やけどこれは)

豊音「……おかっけるどー、とおらばリーチ!」

恭子(やっぱりか……宮守の、予想以上や)



霞(ふんふむ……やっぱり早めに行かなきゃ追いつけなくなるかしらね)

霞(まだ前半戦だけど、苦手分野、いかせてもらおうかしら)

豊音(うわ、これ)

恭子(絶一門か……)

霞「ツモ」

恭子(しかもなんやこれ……ピンズがうちに来んだけやなくて他の捨牌にも無いやん)

恭子(ここは怪物しかおらんのかい……メゲるわ)

咲「……カン」

3人「!」

霞(清澄……やけに大人しかったわね)

豊音(なんか、ちょー怖いよー)

恭子(前半戦ももう少しで終わるっちゅうとこやで?なんで今まで大人しかったんや?)

恭子(まさか……嵐の前の静けさ、とかやないよな?点差、今全員があんま変わらへんのに、でかいの来たら)

咲「……もいっこカン」

霞(まさか、予選でよくやってた)

咲「ツモ、嶺上開花」

豊音(……ちょーすごいよー)

恭子(……メゲるわ)



実況「前半戦終了!遂に姫松が1位から2位に!!」

解説「なんというか、大将戦はとんでもないのばっかりだな。またどこが勝つか分からなくなってきた」

実況「最後まで目が離せませんね!」

解説「全く、何が起きても不思議じゃないな」

実況「さて、後半戦開始です!」

豊音(先生もみんなもいつも通りにって言ってくれた……いつも通りにやって、勝つ。まだ、終わらせないよー)ギュッ

霞(このまま一気に攻めて、押しきろうかしら。……小蒔ちゃんじゃないけど、ぬいぐるみがあって落ち着くわね)ギュッ

恭子(おいおい……永水のKちゃん、おっぱいに埋もれてるやん。冗談みたいな光景や)

恭子(宮守も結構……こっちで負けても、麻雀は負けへん!)

咲「…………」



塞「え?モノクルが……」カタカタ

トシ「これは……」



優希「うお……京太郎がおっぱいに埋まってるじぇ」

京太郎「ぬいぐるみの方な。代わって欲しいが」

和「咲さん、どうしたんでしょう?」

まこ「うーん、なんかやりそうな雰囲気じゃな」

久「そうね……なんか、怒ってる?」



照「…………」

菫「照、ここにいたか。ん?妹の試合か?」

淡「あー、噂のテルーの妹じゃん。どんな感じ?」

照「……少し、荒れてる」

菫「は?まだ後半戦が始まったばかりだろう?」

照「……咲が」

淡「……何これ、なんかやっばい感じがする」

照「……うん、気持ちは分かるよ咲」



咲(京ちゃんのぬいぐるみは確かにいい。だけど、やっぱり他の人と京ちゃんが一緒にいるみたいで嫌だよ)

咲(そもそも京ちゃんも京ちゃんだよ!なんであんなにあっさりぬいぐるみの許可とか出してるの!)

咲(で、他の人が持ってると嬉しそうにしてるし!胸が大きな人だとさらに嬉しそうだし!)

咲(鹿児島の人も岩手の人も私より大きいし……なんか見せつけるようにしてるし!!……絶対に負けない!!)

咲(そういえば……昔お父さんが他の人の胸に見惚れてた時、お母さんもやってたな、こういうの)

咲「…………」ゴゴゴゴゴゴ

咲「…………」ギュルルルル

霞(え?宮永照?じゃないわよね?)

豊音(な、なんかチャンピオンっぽく見えるよー?)

恭子(…………メゲるわ)カタカタカタカタ

咲「……カン」ゴッ

咲「もいっこカン」ゴゴッ

咲「さらにカン!」ギュルルルル

咲「カン!!」ギュルルルルルルル

パリィン!!

塞「も、モノクルが割れて……」

トシ「いや、あまりに強く割れて…」

塞「レンズ部分が砂状に!?」

胡桃「嘘!?」

エイスリン「トヨネ……」

白望「…………」



小蒔「!!」ガタッ

初美「……霞」

春「……お祓いの準備」

巴「うん……ちょっと普段よりしっかりやろうか」



漫「末原先輩……」

洋榎「恭子……大丈夫やろか」

郁乃「うーーーん……これはアカンね」


咲「……ツモッ」


実況「し、試合終了ー!!1位は清澄高校です!!」

解説「後半の清澄、すごかったな……まさかあれだけカンするとは」

実況「はい!そしてその清澄のスキを付くように和了った姫松が2位です!」

実況「これにより、清澄高校と姫松高校が準決勝進出です!」



  • 前話のリンクが三話じゃなくて四話に繋がってるで~ -- 名無しさん (2013-07-30 09:08:33)
  • こづかい -- 名無しさん (2016-07-09 21:56:06)
名前:
コメント: