【怜ちゃんとお姫様だっこ】

怜「最近、うちは気づいたんや」

京太郎「どうせろくでもないような事だと思いますが何をです?」

怜「京太郎君に運んでもらう場合、おんぶよりもお姫様抱っこの方がええんちゃうやろうかとな!」バーン

京太郎「いや…意味が分からないんですが…」

怜「お姫様抱っこ…ええやん?女の子の憧れやん?」

京太郎「まぁ、そりゃ分かりますけど…」

怜「でも、竜華にされても絵にならへんやん!」

京太郎「そこでまっさきに部長が出てくるのはどうかと思いますが、まぁ、そうですね」

京太郎「(別の意味で絵になると思ったのは黙っておこう)」

怜「だから、その次にうちを運ぶ事が多い京太郎君にお姫様抱っこしてもらおうとな…」

京太郎「いや、その理屈はおかしい」

京太郎「そもそもそう言うのは好きな人とするべきですって」

怜「えー…だからこそ、言うとるのに…」

京太郎「部長の次に出てくるような立場じゃ恐れ多くて出来ませんってば」ハハッ

怜「照れ隠しやのに…相変わらず鈍いなぁ…」ボソッ

京太郎「え…?」

怜「何でもあらへーん…もう…京太郎君の阿呆…」








名前:
コメント: