………



……





京太郎「あ、代行さん。良かった…。ここに居たんですか」

郁乃「あれ?須賀君?」

郁乃「私を探してたん?何?もしかしてデートのお誘い?」

郁乃「そういうの嬉しいけど、流石にちょっと上重ちゃんのオトコを取る訳にはなぁ…」

郁乃「上重ちゃんに振られたらまたおいで」

京太郎「そうですか。残念ですけど、そういうのはまた今度にします。で、本題なんですが…」

郁乃「うあ…軽く流されてもうた…」

郁乃「私、そんなに魅力ない?」

京太郎「はいはい。もう見てるだけで惚れちゃいそうなくらいフェロモンむんむんですから安心して下さい」

京太郎「それより、今回は一つお願いがあってきました?」

郁乃「お願い?え?もう、上重ちゃんとそこまで行ったん?」

郁乃「でも、あの子は時代の姫松の柱やから、そう簡単には渡さへんよー?」

京太郎「そりゃ残念です。今、うちは人数足りなくて団体戦に出れないですし」

京太郎「でも、今はそうじゃなくって…代行さんのツテを頼りたく、こうして探してたんです」

郁乃「ツテ?何かあるん?」



京太郎「代行さんが知る中で最も能力とかに詳しい人って誰ですか?」

郁乃「んーそれやったらやっぱり宮守の熊倉先生やろなぁ」

郁乃「能力開発という一点だけやったら日本一でもおかしゅうないくらいやで」

京太郎「その人に俺を紹介してもらうって可能ですか?」

郁乃「何?須賀君、能力が欲しいん?」

京太郎「逆です。俺は自分の能力を封印したいんです」

郁乃「…封印?」

京太郎「えぇ…まぁ、ちょっと詳細は言えないんですが…人に迷惑をかけちゃう類のものなので…」

郁乃「ふむ…よぉ分からんけど、合宿中、様子が変やったんもその所為?」

京太郎「…はい…ご迷惑をお掛けしました」

郁乃「ええよ、気にせんとって。こっちも少なくないもんもろとるし…」

郁乃「それに須賀君のお陰で上重ちゃんがその気になったんやから感謝もしとるんやで」

郁乃「だから…こういうのは心苦しいんやけど…無理や」

京太郎「あー…そう…ですか」シュン

郁乃「あぁ、ちゃうんよ。別に須賀君に信用がないとかじゃなくてね」

郁乃「うちが熊倉先生を紹介出来るほど仲良ぉないんや」

郁乃「だから、代わりに…ちょっと遠いけど鹿児島の永水の子とかどうやろ?」


京太郎「鹿児島…永水って言うと確か去年の…」

郁乃「そう。牌に愛された子、神代小蒔を中心とするオカルトチーム」

郁乃「そして巫女でもあり、祓い屋でもある彼女らならば、能力にも詳しいはずや」

郁乃「例え、そうでなくても、永水はこの前、宮守と一緒に遊んどるからな」

郁乃「そこから熊倉先生への紹介をしてもらう事も可能なはずやで」

京太郎「なるほど…では、お手数ですが、お願いします!」バッ

郁乃「はは、そんな必死になって頭下げんでええよ。大げさやねぇ。で、行くのは何時にする?」

京太郎「何時でも構いません!それこそ明日からでも!!」

郁乃「え?」

郁乃「いや、流石にそれは拙ぅない?君、学生やで?」

京太郎「それでも…俺は一刻も早く、こいつを制御しなきゃいけないんです…」

京太郎「そうしないと…俺は…二人に顔向け出来ません…」

郁乃「うーん…いや…須賀君がそこまで気張っても…相手も学生やで?」

郁乃「付き合う時間は変わらへんし…週末まで待ってもええんちゃう?」

京太郎「次の週末まで待ってられません…!それに…俺がいない方が…良い事もありますし…」

郁乃「ふむ…」


郁乃「それじゃちょっと待っててな。連絡してくるし」

郁乃「それで大丈夫やったら一筆書いたげるわ」

京太郎「ありがとうございます!助かります!」

郁乃「ええよ。でも…あんまりそうやって自分を追い込みすぎるのはあかんで」

郁乃「何があったのかは分からんけど…人生で取り返しのつかない失敗なんて数えるほどしかないんや」

郁乃「追い詰めたって辛いだけやし、気楽になった方がええよ」

京太郎「いえ…それでも…俺は…」

郁乃「…まぁ、事情を知らへん私が何を言うても届かんやろうけど…」

郁乃「こうやって紹介するんや。全部終わったら触りだけでも教えてな」

京太郎「はい。菓子折り持って話させて頂きます」

郁乃「はは、楽しみにしとるよ。それじゃ、ちょっと行ってくるね」





………



……






京太郎「」ハッ

京太郎「(やばい…寝てたか…今、何時だ…?)」

京太郎「(20時ちょい…もう外は真っ暗か…)」

京太郎「(あの日…和のお父さんに追い出されてから…すぐに家に戻ってバイト代掴んで出発…)」

京太郎「(途中で飛行機にまで乗ったけど…ほぼ一日仕事だったな…)」

京太郎「(ぶっちゃけ交通機関に乗りっぱなしだから…凄い肩がゴキゴキする…)」

京太郎「(でも、これはまだ移動だけであって…まだ始まってもいないんだ…)」

京太郎「(気合入れろよ、須賀京太郎)」

京太郎「(せめてここでツテか次の手がかりを得られなきゃ、和や漫さんが苦しむんだ)」

京太郎「(コレ以上、他の誰かを犠牲にしない為にも…ここで必ず…)」




「次はー霧島神宮~霧島神宮駅~です」



京太郎「(お…丁度良い時間に起きられたみたいだな…)」

京太郎「(降りる準備してっと…これでよし)」

京太郎「(んじゃ…そろそろ鹿児島の大地に降り立ちますか…)」





京太郎「あー…やっぱこの時間ともなると真っ暗だなぁ…」

京太郎「(えっと…確か暗いからって案内の人が来てくれるらしいんだけど…)」キョロキョロ

京太郎「(それらしい人はいない…よなぁ)」

京太郎「(一応、到着時間は既に連絡してあるんだけど…)」

京太郎「(…そういや電話に出てくれた女の子、凄い可愛い声だったなぁ…)」

京太郎「(凄い何処かおっとりしてるのに、凄い頑張ってるのが伝わってくるっていうか)」

京太郎「(声だけで庇護欲が擽られるタイプっていうか)」

京太郎「(あぁ言うのってきっと凄い美人さんなんだろうな、うへへへ…)」

京太郎「(っと…いけないいけない。そういう邪念は全て捨て去るんだ)」

京太郎「(俺が今回、鹿児島にまで来ているのは遊ぶ為じゃないんだぞ)」

京太郎「(例え、どれだけ素晴らしいおもちを持った子が居ても、目を奪われてはいけない)」

京太郎「(それくらいの気持ちで挑まなければ、この能力には…)」



??「はぁ…はぁ…」ポヨン

京太郎「(そう…どれだけ素晴らしいおもちでも…絶対に…)」

??「ふぅ…はぁ…」フルンッ

京太郎「(例え…和と同じくらいに素晴らしいおもちの持ち主であっても…)」

??「えっと…」キョロキョロプルプル

京太郎「……」

京太郎「……」

京太郎「(そんな簡単に煩悩捨てられる訳ねぇだろおおおお!?)」

京太郎「(なんだよ、あの人!?和とタメを張るレベルの巨乳とか初めて見たぞ!?)」

京太郎「(しかも…そんな大きな胸を気にせず見渡すからプルプルって震えて…おぉ……)」

京太郎「(あんな揺れ方するって事はもしかしてブラ着けてないんじゃないか…?)」

京太郎「(暗闇の中でも鮮やかに浮かび上がる見事な巫女服を着てるし…)」

京太郎「(やばい…そう思うと何か凄い…股間にクる…)」マエカガミ

京太郎「(巨乳ノーブラ巫女とかどんだけフェティッシュな存在なんだよ…属性盛り過ぎだろ…)」

京太郎「(その上、仕草の一つ一つがまるで小動物めいた可愛さをしてるから、ぶっちゃけかなり庇護欲を擽られる)」

京太郎「(辺りに電灯が少なくて薄ぼんやりとしてるから顔までははっきりと分からないけど、きっとかなりの美少女なはずだ)」

京太郎「(あの時、俺の電話を取ってくれた人がこの子ならもう非の打ち所のない感じなんだけれどなぁ…)」




京太郎「(っと…やばい。何時までもジロジロと見てる訳にはいかないな…)」

京太郎「(巫女服着てるって事は俺の迎えである可能性が高いんだし…)」

京太郎「(俺を探してくれているみたいだから、早く行ってあげないと…)」

??「うぅ…」グスッ

京太郎「あの…」

??「ひゃい!?」

京太郎「あ、驚かせてごめんなさい」

??「い、いえ…こちらが悪いんです」クルッ

京太郎「いや…いきなり後から話しかけた俺が…わる…かった…」

??「?どうしました?」

京太郎「あの…とても失礼な事を聞くんですが」

??「え…何でしょう…?」

京太郎「もしかして神代小蒔さんですか?麻雀でインターハイに出てた…」

小蒔「はい!あ、初めまして!神代小蒔です」ペコリ

京太郎「あ、はい。初めまして…」

京太郎「(な、何で神代さんがこんな所にいるんだよおおおおお!?)」

京太郎「(この人、永水で姫様って呼ばれてるくらいの箱入りなんだろ!?)」

京太郎「(それが何で一般人を迎えに着てるの!?それともただの偶然なの!?)」

京太郎「(い、いや…偶然だよな。まさか永水で最重要人物とも言える人がわざわざ俺の案内なんて…)」

小蒔「あ、私の事を知っているって事はもしかして…貴方が須賀さんですか?」

京太郎「え、えぇ」

小蒔「良かった!私、貴方を探しに来たんです!」ニッコリ

京太郎「(偶然じゃなかったああああああ!?)」




京太郎「(なにこれ、俺超VIPなの?おもてなしされるの?)」

京太郎「(それともボス直々にあって器を確かめる的なサムシング??)」チラッ

小蒔「??」キョトン

京太郎「(あぁ、うん。そう言うのはないわ)」

京太郎「(会ってみてすぐに分かった。この子、そういうのを考えられるようなタイプじゃない)」

京太郎「(多分、和以上に箱入りで育ってきた正真正銘のお嬢様なんだな…)」

小蒔「あ、遅れてごめんなさい」ペコリ

小蒔「実は…その…須賀さんからの電話を受けた後、私、眠っちゃいまして…」

小蒔「ついさっき飛び起きて、こうして迎えに来たんですが…」ショボン

京太郎「き、気にしないで下さい!殆ど待ってませんし!!」

京太郎「(やばい。この人が落ち込むと罪悪感が半端ない…)」

京太郎「(っていうか…薄々感づいてたけど…電話を取ったのは神代さんだったのか)」

京太郎「(想像通りと言うべきか、或いは想像以上と言うべきなのか…)」

京太郎「(とりあえず神代さん、超可愛い!!)」




京太郎「そ、それよりここまで一人で来たんですか?」

小蒔「はい…あの…あんまりにも時間がなくって…急がなきゃって思ったので…」

京太郎「でも、連絡する時間を考えても、ここまで走るより車の方が早いんじゃ…」

小蒔「あ…」

京太郎「…」

小蒔「…」グスッ

京太郎「だ、大丈夫ですよ!俺、散歩とか好きですし!」

京太郎「それに観光もしたかったですしね」

小蒔「うぅ…荷物も重いのに…ごめんなさい…」ウルウル

京太郎「い、いや、本当に気にしてません!気にしてませんから!!」

京太郎「さっきのもこんなに可愛い神代さんが一人で暗い夜道を歩いてきたんじゃないかって心配で聞いたくらいなんですから!」

小蒔「ふぇ…?」

京太郎「(よし…インパクトは与えた!後は押しきれば…!!)」

京太郎「いやぁ!でも、そうじゃないみたいで安心しました!」

京太郎「こんなに可愛らしい神代さんに何かあったら全人類規模の損失ですよ!損失!!」

小蒔「え…あ…有難うございます」カァァ

京太郎「まぁ、こんなに可愛い神代さんを害するだなんて考えるような不埒な輩は滅多にいないでしょうけれどね!」

小蒔「そ、そんな事ないですよ…ぉ」モジモジ



京太郎「(あれ、ちょっとまって。ツッコミがないんだけど…)」

京太郎「(これ、もしかしてマジで捉えられてるっぽい?)」

京太郎「(何時もなら冷たい目線の一つや二つ貰えてもおかしくはないんだけど…)」

小蒔「す、須賀さんはそんなに私の事可愛いと思います…か?」ウワメヅカイ

京太郎「も、勿論じゃないですか!出会って早々でこういうことを言うのもどうかと思いますけれど…」

京太郎「神代さんは俺の理想のタイプですよ!!もう一目惚れしちゃうレベルです!!」

小蒔「ひ、一目惚れ…」カァ

小蒔「そ、そう言うのはいけないですよ。いけないです」モジモジ

京太郎「ははっ。ですよねー」

京太郎「(良かった…ようやくツッコミが来たか…これで気まずくならずに…)」

小蒔「だ、だから…まずはお互いを良く知る為に文通から…」ボソボソ

京太郎「(予想の斜め上にいったあああああああああ!?)」

京太郎「(あれ?これリカバリー無理じゃね?ここで冗談だって言うと確実に神代さん傷つけるんじゃね?)」

京太郎「(い、いや、落ち着け…落ち着くんだ須賀京太郎!!)」

京太郎「(ここで神代さんを傷つけると鹿児島での俺の立場が最悪に近くなる…!)」

京太郎「(最悪、何の収穫もなく帰るしかなくなるんだぞ…!!)」

京太郎「(既に諭吉さんが何人もお亡くなりになり、半ば親と喧嘩する勢いで平日に鹿児島に来た結果としてはあまりにもそれは寒い…!!)」

京太郎「(ここは俺の全シナプスを活性化させてでも、何としてもリカバリーしないと…)」



京太郎「(そ、そうだ…!携帯…!!)」

京太郎「(これだけ箱入りで天然な人なら携帯を持たせてもらっていない可能性が高いんじゃないか…)」

京太郎「じゃ、じゃあ、現代の文通手段として携帯の連絡先でも交換しますか?」

小蒔「あ…ごめんなさい…私…お父様に携帯を持たせてもらえてなくって…」シュン

京太郎「そ、そうですか。それなら仕方ないですね」

京太郎「(有難う!名も知らぬ神代さんのお父さん!!貴方のお陰でなんとか首の皮一枚繋がりました…!!)」

京太郎「(連絡先交換出来なくてちょっと残念なのは確かだけど、でも、神代さんを泣かせずに済みました…!)」

京太郎「(今の時代、賛否両論あると思うけれど、俺だけは貴方の教育方針を支持します…!!)」

京太郎「と、とりあえずここで突っ立っているままなのもアレですし…歩きましょうか」

小蒔「そ、そうですね…では…こちらへ…」




………



……






京太郎「(まぁ、首の皮一枚つながったと言ってもですね)」スタスタ

小蒔「……」モジモジ

京太郎「……」チラッ

小蒔「……」カァ

京太郎「(気まずい雰囲気は変わらない訳で…と言うか、寧ろ凄い意識されてるのを感じる訳で)」

京太郎「(拙ったなぁ…漫さんが最初から軽く打ち返してくれたから…今回もそうなると思ったんだけど…)」

京太郎「(まさかここまで男に対して免疫がないとは思ってもみなかった…)」

京太郎「(まぁ…考えても見れば巫女さんで周りにおつきの人がつくくらいの箱入りなんだ)」

京太郎「(こうやって男と話す事なんて殆どなかったのかも知れないって予想しておくべきだった…)」

京太郎「(相変わらず迂闊だなぁ…俺)」



小蒔「(や、やっぱり…さっきのって告白ですよね…?)」

小蒔「(いきなりで驚きましたけれど…でも…アレで大丈夫だったんでしょうか…)」チラッ

京太郎「はぁ」

小蒔「(あ、あわわ…す、須賀さんが落ち込んでます…)」

小蒔「(や、やっぱりこれってさっきの返答がいけなかったんですよね…)」

小蒔「(結局、文通って言い出したのは私なのに住所の一つも渡してないですし…)」

小蒔「(えとえと…でもでもっ!今、手元には紙も何もないですし…ど、どうしたら…)」

小蒔「(お、男の人に告白なんてされた事なんてないから分かりませんよぉ…)アワアワ


小蒔「(やっぱり…ここはもう一度、須賀さんに応えるべきなんでしょうか…)」

小蒔「(一目惚れとは言え…折角、告白してくれたのに…ちゃんと応えられていないですし…)」

小蒔「(…うん。やっぱりもう一度…須賀さんに向き直りましょう)」

小蒔「(このままじゃあんまりにも不誠実なままです)」

小蒔「(まだ恥ずかしくて分からない事も多いですけれど…でも…ちゃんと言葉にしていけばきっと伝わりますよね…?)」

小蒔「あ、あの!!」

京太郎「ん?な、何でしょう?」

小蒔「えっと…その…ですね…わ、私は巫女なんです」

京太郎「え…あ…はい。知ってます。インターハイ見てましたし、WEEKLY麻雀TODAYにも特集組まれた事ありますよね?」

小蒔「そ…そうです!」

小蒔「(雑誌で特集が組まれたのは…確か去年のインターハイ出場が決まった頃でしたっけ…)」

小蒔「(つまりもう一年半くらい前から…私の事を好きでいてくれてたんですね…)」

小蒔「(だったら、尚更、ちゃんと向きあわなきゃいけません…!)」グッ

京太郎「(あれ…?何か気合入ってる…?)」



小蒔「だから…あの…そう言った事はあんまり宜しくなくて…」

京太郎「は、はぁ…」

小蒔「うちが祀っているのは基本的に女神が中心ですし、そこまでガチガチでもないんですけど…」

小蒔「でも、やっぱり、その…初めて会ってそう言うのは…ですね」カァ

京太郎「(あれ?これ何か変な方向に行ってないか?)」

小蒔「そ、それに…私自身、まだ須賀さんの事を良く知りません」

小蒔「須賀さんは昔から私の事を知ってくれているみたいで嬉しいんですけど…でも…あの…」

小蒔「だから、まずは少しずつお互いを知っていった方が良いかなって…そういう意味で…」モジモジ

小蒔「そ、それに…須賀さんは長野の方で…鹿児島までは遠いですし…」

小蒔「だ、だから、あの…別に決して須賀さんの事が嫌いだとか悪いとかじゃないんです!」

小蒔「住所も後でちゃんと紙に書いて渡します!で、ですから…その…」

小蒔「もうちょっと…待っていてくれますか…?」ウワメヅカイ

京太郎「勿論です!!!!」



京太郎「(俺だって分かってるんだ)」

京太郎「(これはあくまで天然で、別に狙ってやってる訳じゃないと)」

京太郎「(そもそも、これはまだ身元も性格もわかってないような男にする事じゃない)」

京太郎「(下手をしたら誤解されて変な騒動になりかねないんだからな)」

京太郎「(でもなあああああ!!だからって、顔を赤くしながらそう言われて、ちゃんと訂正してやれるか!?)」

京太郎「(柔らかそうなノーブラおもちを挟むようにして上目遣いされて、言ってやれるのか!?)」

京太郎「(無理だろ!無理です!無理だった!!!)」

京太郎「(ぶっちゃけ破壊力あり過ぎて、それどころじゃないくらい!!!)」

京太郎「(わかっててもドキッとしたぞ、畜生!!!)」



小蒔「良かった…」

小蒔「あの…私、こうしてファンの人と直接話すのは初めてで…」

小蒔「だから、今も凄い緊張してて…でも、ちゃんと待っててくれて…」

京太郎「(あれ…何か俺、何時の間にかファンの人になってる…)」

小蒔「須賀さんが良い人で凄い助かりました…」ニコッ

京太郎「(うん。俺、ファンで良いや。今日からみくにゃんのファンを止めて神代さんのファンになります)」



京太郎「はは、そう神代さんにそう言って貰えるとファンをやっていた甲斐がありますよ」

京太郎「これからも頑張ってください。応援しています」

小蒔「はい…っ!」

京太郎「(あぁ、もう…あんなにニコニコして可愛いなぁ…)」

京太郎「(照さんと比べて大分、メディアの露出少ないし…)」

京太郎「(普段は巫女やってるって話だからファンとの接点が本当にないんだろうなぁ…)」

京太郎「(…せめて、鹿児島にいる間はその夢を壊さないで置こう)」

小蒔「そう言えば…須賀さんも麻雀されているんですよね?」

京太郎「えぇ…まぁ、神代さんには及ばないような初心者ですけど」

小蒔「私だってそんなに強くありませんよ」

京太郎「シード校の先鋒務め上げた人が何を言うんですか」

小蒔「いえ…私自身の力は本当にちっぽけなもので…」

京太郎「??」

小蒔「あ…ごめんなさい。何でもないです」



小蒔「とにかく!どうせですし、今日、お風呂上がった後にでも一緒に麻雀やりませんか?」

小蒔「これから数日こっちに居るという話ですし…お互いの親睦も兼ねて!」

京太郎「あー…嬉しい申し出なんですが…その…」

小蒔「?」

京太郎「(両手で包んでもまだ溢れてしまいそうなおもちを持っている神代さんは間違いなく能力の発動対象になるよなぁ…)」

京太郎「(この笑顔…絶対に曇らせたくはないし…それに…俺自身もこんな良い人に嫌われたくはない)」

京太郎「(何より…相手は俺なんか霞むくらいの超VIPだ。そんな相手に能力が発動した日には命がなくなってもおかしくねぇ…)」ブルッ

京太郎「すみません。嬉しい申し出なんですが…能力の事が解決してから…で良いですか?」

小蒔「あ…ごめんなさい…無神経で…」シュン

京太郎「いえ!そんな事ありません!ファンとしては最高の提案でした!」

京太郎「ただ…その…俺の能力は少し特殊で…不幸しか呼ばないんです…」

小蒔「特殊…ですか…?」

京太郎「えぇ。その…具体的な説明はまた着いてからにしますが…本当に質が悪いもので…」

小蒔「うーん…」

小蒔「(…でも…何か憑いているような雰囲気は感じません)」

小蒔「(寧ろ、かなり活力に溢れて若さとか力とかが漲っているような気がします)」

小蒔「(不幸を呼ぶ…なんて方には到底、思えないんですが…)」

京太郎「本当は麻雀止めるのが一番なんでしょうけれど、最近、ようやく面白くなってきた所で止めたくなくって」

京太郎「俺の能力で不幸にしちゃった人たちには悪いと思っているんですが…でも…」

京太郎「俺も…あんな風に…皆みたいになりたいって…ようやく心から思えるようになったんです」

小蒔「(あぁ…この人は…凄い麻雀が好きなんですね…)」

小蒔「(自分が他人を不幸にすると思っても、止められないくらい…)」

小蒔「(ひたむきに憧れて…頑張って…前を向ける強い人)」

小蒔「(私にはない…強さを持っている人…)」

小蒔「…須賀さんは確か清澄の生徒さんでしたっけ?」

京太郎「はい。だから…あの決勝の舞台も間近で見ていて…」

京太郎「いえ…決勝だけじゃなくって…他のも一杯…試合を見て…」

京太郎「まだ俺も雑用だけど…三年後にはあの舞台に立てたらなって…そう思ったんです」

京太郎「まぁ…初心者が何言ってるんだって話ですよね」ハハッ

小蒔「…そんな事ありませんよ」

小蒔「私だって…あの舞台には憧れている訳ですから」

京太郎「小蒔さんが…ですか?」

小蒔「はい。でも…それは凄い…凄い遠い訳ですけれど…」

京太郎「そんな…小蒔さんは凄い雀士じゃないですか」

京太郎「雑誌でも紹介されて…シード校にもなって…」

小蒔「…そう…ですね」





小蒔「(でも…それは『私』の実力じゃありません)」

小蒔「(あくまでも『巫女』としての力が作用しただけ…)」

小蒔「(ただの『神代小蒔』というだけなら私はきっとあの場に居た誰にも及ばないでしょう)」

小蒔「(それなのに…私は勝ててしまう)」

小蒔「(私の中にある『巫女』の力と…神様が私を勝たせてくれるんです)」

小蒔「(だから…私は…一度たりとも…本当の意味で『勝った』事がありません…)」

小蒔「(『私』だけの力で最後まで戦い抜けた事がないんです…)」

小蒔「(だから…私の…ほんのちっぽけで…誰にも言えた事がない夢は…)」

京太郎「…あの…すみません」

小蒔「…え?」

京太郎「いや…何か悪い事を言ってしまったみたいで…」

小蒔「あ…気にしないでください。須賀さんは何も悪くないんですから」

京太郎「いや…でも…」

小蒔「私は、ほら、この通り、大丈夫ですから!」グッ

京太郎「クスッ…握り拳作ったって分かりませんよ」


………



……






小蒔「はい。到着しました。ここを上がれば、もうすぐですよ」

京太郎「おぉ…階段が広々としてますね」

小蒔「お祭りなんかがあると結構な人が来ますしね。これでもまだ狭く感じる事もあるんですよ?」

京太郎「これだけ幅があるのにですか!?」

小蒔「はい!よろしければ、後でその時の写真なんかもお見せしましょうか?」

京太郎「お願いします。祭りの様子とかも気になりますし…」

京太郎「それに不勉強な話ではあるんですが、神社の由来とかもまったく知らなくてですね」ハハッ

小蒔「ふふ…まぁ、若い人相手だと仕方ない話かもしれませんね」クスッ

小蒔「それじゃ後で一緒にお勉強会でもしましょうか」

京太郎「…途中で寝ちゃったらすみません」

小蒔「もう…須賀さんったら…」フフッ

小蒔「そんなに勉強嫌いなんですか?」

京太郎「その文字を聞くだけで眠れそうになるくらいですね」キリッ

小蒔「それじゃテスト前とかどうしてるんですか?」

京太郎「神代さん、世の中には睡眠学習と言う便利な言葉がありましてね…」

小蒔「え…何ですか、それ」

??「小蒔ちゃん!?」

小蒔「…あれ?霞ちゃん?」

霞「もう!何処行ってたの!?探したわよ!!」

小蒔「え…?え?」

京太郎「あ…小蒔さん誰にも言わないで慌てて出てきちゃったから…」

小蒔「あ…ごめんなさい、霞ちゃん…」

霞「いえ…無事だったなら良いの」

霞「それより…夜中に誰にも言わないで出て行くとかもう止めてね…」

小蒔「はい…」シュン

霞「それで…そっちの人が…」

京太郎「あ、はい。須賀京太郎です。今日からしばらくお世話になります」

霞「えぇ。お話は聞いています」

霞「ようこそ、永水へ。私は石戸霞と言います」ニコッ

霞「色々と大変だと思うけれど、ゆっくりしていって下さい」

京太郎「(優しそうな人だなぁ…おもちも大きいし…)」

京太郎「(神代さんと言い、石戸さんと言い…永水は楽園か…)」ウットリ

京太郎「(と…いけないいけない。そう言うのがいけないんだっての)」

京太郎「はい。よろしくお願いします」



霞「それではこちらへ。まだもうちょっと歩きますけれど…」

京太郎「え…すぐそこの赤い建物じゃないんですか?」

小蒔「ここは入り口と言うか、参拝客の皆様向けの建物なんです」

霞「私達が普段、住んでいる場所はもう少し奥まで上がったところにあるんですよ」

京太郎「へー……」

京太郎「…え?…えぇ!?」

霞「あれ…?どうかしました?」

京太郎「え?いや、あの、だって…お、俺、泊まり込みで良いって聞いたんですが…」

霞「はい。こちらとしてもそのつもりなんですが…」

京太郎「いや…あの…やばくないですか?」

京太郎「俺が言うのも何ですけど…まったく信用ない訳ですし…」

霞「とは言いましても、ご当主様からそう聞いておりますし…それに学生さんをホテルで泊まらせる訳にはいきません」

京太郎「いや…でも…流石に同じ建物で寝泊まりは色々とやばくないですか?」

霞「ふふ…大丈夫ですよ」

霞「仮にも神のお膝元であり、巫女である小蒔ちゃんが住まう場所なんです」

霞「不埒な事は出来ないようになっていますから」ニッコリ

京太郎「そ、そうですか…それなら良かったです…」

京太郎「(何か今、凄い釘を刺されたような…いや、まぁ、当然か)」

京太郎「(よく知らない男と同じ建物に泊まらせるなんて、それくらいやってしとくべきだろ)」

京太郎「(寧ろ、その脇にいる神代さんがあまりにも無防備過ぎるんだって)」

小蒔「???」キョトン

京太郎「あぁ、いえ…何でもありません」

京太郎「(神代さんにはこのままで居てほしいような…もうちょっと男を警戒してほしいような…複雑な心境だぜ…)」


………



……






京太郎「ぜぇ…はぁ…」

小蒔「だ、大丈夫ですか…?」

京太郎「え、えぇ…これくらい…雑用で慣れてます…から…」

霞「あら…凄いですね。まさか休憩なしで登り切るとは思いませんでした」

霞「大抵の方は荷物なしでも途中でギブアップするんですけれど…」

京太郎「一応…雑用で鍛えてますから…」フラフラ

小蒔「え、えっと…こ、これハンカチです。汗、お拭きますね…」

京太郎「あ…い、いや…だ、大丈夫です…!」

小蒔「でも、須賀さんフラフラで…」

京太郎「なぁに、これくらいで神代さんの手を借りてちゃ男の名折れってもんですよ」グッ

京太郎「(それに…汗を拭いてもらうって事はあのおもちが急接近するって事だ…)」

京太郎「(つい昨日…漫さんとアレだけやったって言うのに…もう溜まってきてるからな…)」

京太郎「(あんまり接近し過ぎると…ちょっとやばい)」

京太郎「(流石に襲いかかるほどじゃなくても…甘い匂いと感触で勃起しかねないからな…)」

京太郎「(何時までになるか分からないが…能力制御のめどがつくまでお世話になるんだ)」

京太郎「(そんなくだらない事で信用を失いたくはない)」


京太郎「それより…結構、大きなお屋敷ですね…」

小蒔「中に住んでいるのはあんまり大人数じゃないんですけれどね」

小蒔「ただ、行事ごとに親戚たちが集まったりするからこれだけの規模は必要なんですけれど」

小蒔「そんな訳で部屋はたくさん、余っていますから心配しないで下さい」ニコッ

京太郎「はは、それなら安心ですね」

京太郎「(まぁ、ちょっと残念な気持ちがない訳じゃないんだが…その辺は仕方ないよな)」

京太郎「(俺だって男なんだ。一緒の部屋で寝泊まりするとかToloveる展開を意識しない訳じゃない)」

京太郎「(まぁ…能力が発動したら似たような事にはなるんだが…アレはもっとこう不健全なエロさと言うかですね…)」モンモン

小蒔「さぁ、どうぞ」

京太郎「あの…何か清めたりとかは必要ないんですか?」

霞「えっ?」

京太郎「あ、いや、すみません。なんでもないです」カァ

小蒔「大丈夫ですよ。そこまでガチガチとしたものじゃありませんし…」

小蒔「それにこのお屋敷は神様のお膝元ですから、いるだけで自然と穢れが落ちていきます」

京太郎「そ、そうですか。嬉しいなー」

京太郎「(…一緒に煩悩も落ちてくれないかな…いや…それはそれで困るか…)」


京太郎「うぉー…中は意外とあったけぇ…」

小蒔「古いのは見た目だけで中は結構、手が入っていますしね」

小蒔「外装だけならもう500年近く前から変わっていないらしいです」

京太郎「500年…気が遠くなるような年月ですね…」

小蒔「まぁ、全部、伝聞でしかないので本当にそうなのかは分からないんですけどね」クスッ

小蒔「噂だけなら色々とありますよ。近くの火山が噴火した時にここだけ火山灰を免れたとか」

京太郎「ある種、神社以上に神聖な場所ですもんね。それも有り得そうな気がします」

小蒔「でも、実態を知っている身からするとあんまりそんな気はしないんです」

小蒔「中は床暖房完備ですし、全室エアコンもついていますから」

京太郎「意外と近代的だ…!」

霞「こらこら、そういう事をお客様に言わないの」

霞「後、何時もそうやって文明の利器に頼っている訳じゃないんですよ?」

霞「お客様が来た時に不自由がないようにあるだけで…」

京太郎「はは、分かっていますよ」

京太郎「(でも、神代さんだけはそれに頼りまくっていそうだと思ったのは黙っていよう)」




霞「さて、それじゃまずは荷物を置いて、顔見せから始めましょうか」

京太郎「はい。お願いします」

小蒔「あ!霞ちゃん!お部屋への案内は私がやりたいです!」

霞「え…でも…」チラッ

小蒔「むぅ…流石にお屋敷の中で迷ったりはしないですよ」

霞「ち、違うの…そういう事じゃなくって…」

京太郎「(うん。まぁ、男と二人っきりなんて恐ろしくて出来ないわな)」

京太郎「(さっき迎えに来た時も思ったけれど、かなり大事にされて育ってきてるんだ)」

京太郎「あー、俺は二人に案内して欲しいなーなんて…」

小蒔「え?」

京太郎「ほ、ほら、折角の両手に華の状態をもうちょっと楽しみたいというか」

京太郎「さっきまでは階段登るのに必死でそれどころじゃなかったというか…」

霞「…ほら、お客様もそう言ってくれている事だし…ね?」

小蒔「むぅ…それなら…」


京太郎「(あー…神代さんにはちょっと嫌われちゃったかな)」

京太郎「(それが俺の言葉をそのまま受け取って幻滅した所為なのか、或いは言葉の裏を読みとって怒っているのかは分からない)」

京太郎「(でも…当分は下手に話しかけないほうが良いかもしれないな…)」

京太郎「(折角だし色々と聞いてみたいけど…仕方がないか…)」

霞「あの…」ヒソヒソ

京太郎「ん…あ…さっきは出過ぎた真似をしてすみませんでした…」ヒソヒソ

霞「いえ…寧ろ、助かりました。ああなった姫様はちょっと頑固なので…」

京太郎「はは…まぁ、理由が理由だけに強く言えないですしね」

霞「えぇ。ですから…お客様にこちらの意図を汲んでいただけて凄い助かりました」

京太郎「どういたしまして。でも…交換条件って訳じゃないんですが…」

霞「?」

京太郎「出来れば、お客様じゃなくて須賀と呼んでいただけますか?」

京太郎「後…敬語も無理がなければ止めて欲しいです」

京太郎「俺はお客様じゃなくて、これから数日間、永水でお世話になる人間ですし」

京太郎「そうやって畏まられると逆に凄い困っちゃってですね…」

霞「ふふ…そうね。ごめんなさい」

霞「こういう時、お客様をお出迎えするのは私の役目だからつい…」

霞「改めて、これからよろしくね、須賀君」ニコッ

京太郎「はい。こちらこそよろしくお願いします」


小蒔「(むぅー…何だか二人で仲良さそうにヒソヒソって…面白く無いです…)」

小蒔「(須賀さんは私のファンの人なのに…霞ちゃんったら…)」

小蒔「(本当は…もっと色々とお話したいのにな…)」

小蒔「(外の事とか…男の子の事とか…)」

小蒔「(そういうの聞こうとすると…他の皆がすぐさま止めようとするんですもん…)」

小蒔「(勿論、皆に悪気がないって事は私にだって分かってます)」

小蒔「(寧ろ、私の事を思ってくれているが故に遠ざけてくれようとしている事も)」

小蒔「(でも…そうやって除け者にされるのは…やっぱり面白くありません)」

小蒔「(私って…そんなに皆から護られなきゃいけないような子なんでしょうか…)」

小蒔「(自分が危なっかしい方だっていうのは…薄々、分かってはいるんです)」

小蒔「(でも…誰かのお手伝いをしたかったり、知りたい事を取り上げられちゃうくらい…ダメな子なんでしょうか…?)」

小蒔「(それとも…私が九面様たちを下ろせる『巫女』だから…?)」

小蒔「(じゃあ…『巫女』でなくなったら…その力がなくなったら…皆はもう私から去っていっちゃうんですか…?)」

小蒔「(昔は…こんな事…考えなかったのに…今はそれが…とてつもなく不安です…)」

小蒔「(そうやって『巫女』という要素が…自分の中でドンドン大きくなってきて…重苦しくなってきた所為でしょうか…)」

小蒔「(『巫女』ではなく自分を見て欲しいと思う度に…すごく…怖くなってしまいます…)」



京太郎「……あー…」

京太郎「神代さん?」

小蒔「え…?」

京太郎「いや、何か落ち込んでたみたいなんで…どうかしたのかな?って」

小蒔「あ…あはは、な、何でもないですよ」

京太郎「…そうですか。だったら、俺の見間違いだったみたいですね」

京太郎「いや、最近、急に視力が落ちてきてですね…」

小蒔「えぇ…!?だ、大丈夫なんですか?」

京太郎「いえ…分かりません…もしかしたら、もうダメなのかも…」

小蒔「そ、そんな!あ、諦めちゃいけませんよ!!」

小蒔「ちゃ、ちゃんとお医者様に診てもらえば、きっと何とかなります…」

京太郎「有難うございます…でも、俺、もし、見えなくなったらと思うと怖くて…」

京太郎「だから、その前に神代さんの笑顔を一杯、見せてくれませんか?」キリッ

小蒔「え?え…?あ…そ、それじゃ…に、にこー」ニコー

京太郎「可愛い」

小蒔「え?」

京太郎「あ、すみません。何でもないです」





霞「はいはい。須賀君、姫様であんまり遊ばないでね」

小蒔「遊ぶ?」

霞「からかわれてたって事よ」

小蒔「え…じゃあ、嘘だったんですか!?」

京太郎「失礼な。九割くらいは嘘かもしれませんけど、一割は冗談ですよ」

小蒔「ほ、ほら、霞ちゃん!」

霞「姫様、良く聞いて。結局、全部、嘘ってことよ」

小蒔「ハッ」

小蒔「うー…須賀さんは意地悪です…」

京太郎「ははは、すみません。神代さんがあまりにも可愛くてですね」

小蒔「そ、そんな事言って…どうせまた冗談なんでしょう…」

京太郎「これは本気ですよ。ほら、これが嘘を言っている目に見えますか?」キリリッ

小蒔「う……」メソラシ

霞「ほらほら、また遊ばれてるわよ」クス

小蒔「うぅぅぅ…須賀さんの卑怯者ぉ…」

京太郎「(まぁ…卑怯な真似もしたくなるわな)」

京太郎「(アレだけ分かりやすく落ち込んでたら…何かしらしたくなる)」

京太郎「(まぁ…その手段がこうやってからかうって言うのは何かこう小学生なアレ過ぎて自分でも嫌になるけど…)」

京太郎「(でも、まだどうやって神代さんに接すれば良いのか分からないしなぁ…)」

京太郎「(それにからかわれていじけてる神代さんも可愛い!!)」

京太郎「(…いや、勿論、それだけじゃないぞ?それだけじゃないんだけど…)」

京太郎「(やっぱり神代さんは可愛い。俺は神代さんのファンを続けるよ!!)」

小蒔「でも…もうそんな冗談言っちゃ嫌ですよ…?」

小蒔「私…本当に心配したんですから…」ウル

京太郎「う…」

京太郎「(そ、そうやって涙目になりながら見上げられると良心の呵責が…)」

京太郎「(確かに…純真な神代さんにああいうからかい方はちょっとショックが強すぎたかな…)」

京太郎「(これからは気をつけよう…)」

京太郎「すみません…これからは気をつけます…」

小蒔「絶対ですよ…?絶対ですからね…?」

京太郎「はい。これからは神代さんをもっと喜ばせる方向でからかっていきたいと思います」

小蒔「それなら…アレ?」

小蒔「って、からかっちゃ嫌ですよー!」

京太郎「いや…多分、それは無理です」

京太郎「俺は今日から趣味に神代さん弄りを付け加える事にしましたし」

小蒔「そ、そんな趣味、今すぐ消して下さいっ」

京太郎「無理です」キリリッ

小蒔「言い切られちゃいました!?」


霞「もう…小蒔ちゃんったらそうやって一々、反応するからからかわれちゃうのよ」クスクス

小蒔「うー…霞ちゃあぁん…」

霞「ほら、そうやって弱みを見せるとまた須賀君に狙われちゃうわよ」

京太郎「きゅぴーん」野獣の眼光

小蒔「(う…ま、またからかわれるのは嫌です…)」

小蒔「(え、えっと…弱く見せちゃダメなんだったら…強く…)」

小蒔「(でも…強くって何を…?強い…ライオンさん…威嚇…?)」

小蒔「う、う…が、がおー」

京太郎「可愛い」

小蒔「ふぇ?」

京太郎「必死に強がってみせる神代さん可愛い!」

小蒔「霞ちゃん、効いてないよぉ…」オロオロ

霞「うん。私もあれは効かないと思うなぁ…」ナデナデ

京太郎「オロオロする神代さんも可愛い!!」


霞「まぁ…そろそろお部屋にもつくし、あんまりからかわないであげてね」

京太郎「えー…」

霞「何か?」ニッコリ

京太郎「すみません。調子乗ってました」ペコリ

小蒔「おぉ…須賀さんがあんな風になるなんて…霞ちゃんって凄い」

霞「ふふ…こういうのは昔から私の仕事だからね」

京太郎「(この石戸さんには凄みがある…ッ!)」

京太郎「(逆らったら何か重大なリスクを背負わせるぞと言う凄みがッ!!)」

京太郎「(それが俺を今、こうして謝罪の姿勢へと入らせている…ッッ!!)」

京太郎「(いや、まぁ、そうじゃなくても止めましたけどね)」

京太郎「(コレ以上、からかうと神代さんに本当に嫌われちゃいそうだったし…止め時としては上々だと思う)」

京太郎「(その辺り、良い所で合いの手を入れてくれるのは流石だと思うなぁ…)」

京太郎「(こういう絶妙な呼吸は鹿児島にいる間は見習いたいものだ)」

京太郎「(折角、お世話になるんだから、嫌われるよりもそれなりに好かれておきたいしな)」



霞「さて…それじゃ、ここが須賀君の部屋よ」スーッ

京太郎「おぉ…なんという純和式…」

京太郎「かなり広々としてて…まるで旅館みたいだ…」

京太郎「こんな良いお部屋で本当に良いんですか?」

霞「えぇ。当分は行事もないし…誰かが使う予定もないしね」

霞「それにこれくらいのお部屋ならお屋敷に一杯あるから、気兼ねなく使って」

京太郎「はは…貧乏性な俺には難しいかもしれませんが、頑張ります」

小蒔「ふふ…きっとすぐに慣れますよ」

小蒔「だから、お家にいるくらいの気持ちでくつろいでくださいね」ニコッ

京太郎「出来ればそこまで慣れる前に何かしら掴んで帰りたいんですけどね」

霞「それじゃ、その為にまずは顔見せから始めましょう」

京太郎「はい。よいしょっと…」ドサッ

小蒔「それじゃ私が…」

霞「他の皆には携帯で連絡を取るからね」ニッコリ

小蒔「むぅ…」




………



……






霞「はい。それじゃあ改めて…私が石戸霞です。今日からよろしくね、須賀君」

春「滝見…春…よろしく」ポリポリ

巴「もう…春ちゃんったらこんな時くらい黒糖手放せば良いのに…あ、私は狩宿巴です。よろしく」

初美「薄墨初美ですよー。よろしくお願いします」

小蒔「そして、私が神代小蒔ですっ」ムフー

京太郎「……」

小蒔「えへへ…」テレテレ

京太郎「…あの、霞さん?」

霞「我慢してあげて。本人は真剣なの」

小蒔「???」

京太郎「あ、いえ、すみません。こっちの話です」

京太郎「(あんまりにも嬉しそうだったので、思わず弄りたくなったんけど…)」

京太郎「(しかし、自己紹介するだけでなんでこんなに満足気なんだ…?)」

京太郎「(もしかして普段は自己紹介すらマトモにやらせてもらってないのか…?)」

京太郎「(いや…流石にそれはない…よな…?幾ら何でも…それは過保護ってレベルじゃないぞ…)」



霞「基本、ここにいる五人がこのお屋敷の住人よ」

霞「なので、これから須賀君と共同生活するのもここにいる五人って事ね」

京太郎「…え?幾ら何でも冗談ですよね…?」

初美「本当ですよー。と言うか、こんな嘘吐いても何のメリットもないじゃないですかー」

春「少数精鋭…」

巴「まぁ、他にも居る事は居るんだけど…今、この屋敷で住んでるのは私達だけ」

巴「他は皆、下に住んでて、お仕事の時に上がってくるって感じかな」

巴「そうじゃないと生活用品の買い出しだけでも結構なものになっちゃうしね」

京太郎「いや…はい。それは納得出来るんですが…」

京太郎「…俺以外の男の人の姿が見えないのは気のせいですかね?」

小蒔「え…?須賀さん以外に誰か男の人居るんですか?」キョトン

霞「いないわよねー」ナデナデ

春「ハーレム…」

巴「まぁ、無理矢理、手を出そうなんて考えない方が良いですよ」

巴「うちの神様は女神がメインなんで乱暴とかそういうのには厳しいですし」

京太郎「はい。別にそういう不埒な事を考えてる訳じゃないんです。ただ…俺が言いたい事は…」



京太郎「流石に年頃の男女、しかも、監督者なしで一つ屋根の下は色々と拙くないですかね!?」

春「…贅沢」

京太郎「えぇ。俺もそう思いますよ!でも、間違いが起こったらどうするんですか!?」

霞「起こすの?」ニッコリ

京太郎「いや、起こさないです。起こすつもりはないです。ごめんなさい」ブルブル

京太郎「で、でも…俺だって年頃の男子高校生なんですよ?」

京太郎「その…ムラムラする事だってあるんです」

春「…セクハラ」ジトー

京太郎「ごめんなさいごめんなさい!でも、年頃だからしょうがないんですってば!」

京太郎「それにこんな魅力的な人達に囲まれたら気の迷いも生まれますって!!」

霞「あら、上手」

巴「こういう状況じゃないときに聞かせて欲しいですよね」

初美「…ロリコンですかー?」

春「…37点」

京太郎「凄い酷評された!?後、薄墨さんは遠回しな自虐止めて下さい!?」


京太郎「俺が言いたいのはですね。別に必要じゃないリスクを背負う必要はないんじゃないかっていう事ですよ」

京太郎「そもそも…部外者の俺がこういう事言うのもアレですが、不用心が過ぎますって」

京太郎「そんな簡単に男を招き入れちゃ誤解する輩も出てきますよ」

京太郎「特に俺なんかは紹介者である赤坂さんを介しただけでまったく面識も信用もないんです」

京太郎「そんな奴まで泊まらせてたら何時か大きな間違いが…」

小蒔「…」ジー

霞「…」ジー

京太郎「…すみません。部外者が説教するような事じゃありませんでした」

京太郎「ともかく…そういう事でしたら、今日は降りて野宿でもなんでもします」

京太郎「また明日、都合の良い時にでもこちらにあがらせて頂きますので…」

小蒔「…霞ちゃん?」

霞「…仕方ないわね、合格よ」

京太郎「…は?」



霞「流石に私達だって人となりも分からないのに同じ屋敷に泊まらせるほど不用心じゃないって事よ」クスッ

霞「そうやって断るつもりならば、それでよし。もし、そうじゃないなら、初美ちゃん辺りが適当にゴネてお帰り願ってたわ」

初美「ふふん。私が幼児体型なのはこういう時に役立つんですよー。…ですよー…」

春「…黒糖食べる?」

巴「はいはい。落ち込まないの。憎まれ役をしてくれてるはっちゃんには皆、感謝してるから」ナデナデ

霞「まぁ…これまで話してきた中で須賀君がそういう子じゃないってのは分かってたし…」

霞「この山に足を踏み入れられただけでも十分な証にはなるんでしょうけれど…」

霞「これでも一応、このお屋敷を預かる身だから…ね」

小蒔「試すような真似をしてごめんなさい。でも、霞ちゃんに怒らないであげて下さい…」

小蒔「本当はこういうの私がやらなきゃいけないんですが…私…そういうのが苦手で…」シュン

京太郎「いや…それはまったく気にしていないというか、当然の事だと思うんで別に構わないんですが…」

京太郎「えっと…合格と言われても、俺はお世話になるつもりはまったくないですよ…?」

霞「無理よ」

京太郎「え?」

霞「ここは基本的に男子禁制の秘境だもの」

霞「男の人だけでは出る事も入る事も出来ないわ」

京太郎「…え?」


小蒔「えっと…ここは所謂、俗世と神境の区別が曖昧な場所で…その…」

霞「ダメよ。混乱してる人にそう言った細かい説明をしちゃ」ナデナデ

霞「まぁ、凄い大雑把に言っちゃうと、姫様の案内がないと男の人はこの山には絶対、入れないの」

霞「また例え案内があっても、不埒な考えを持つ人は途中で体調を崩したりして帰っちゃうわ」

京太郎「なにそれこわい」

霞「だから、ある意味、ここに居るという時点で須賀君は安全だって保証されてるみたいなものなのよ」

京太郎「い、いや、それは凄い嬉しいし、有難い事なんですが…」

京太郎「(これ…合宿の時と同じだ)」

京太郎「(良く分からないまま、押し切られて…個室になって…それが…漫さんとあんな事になった一因でもあるんだ)」

京太郎「(嬉しい話だけれど…このまま流されちゃいけない…)」

京太郎「(永水の人たちは薄墨さんを除けば、巨乳の持ち主で…俺の能力の対象になる人ばっかりなんだ…)」

京太郎「(また何か間違いが起こりそうになった時に一線を超えてしまうような理由は作りたくない)」

京太郎「…やっぱりお断りさせて下さい」

霞「…どうして?私たちは良いって言ってるのよ?」

京太郎「俺が自分で自分の理性にそこまで自信が持てないからです」

京太郎「それに…その…俺はそこまで皆さんに信用されるような相手じゃありません」

京太郎「それは…能力の詳細を聞いてもらえたら分かると思います」


小蒔「能力…?」

京太郎「はい。今回、制御に協力していただく皆様に隠す事ではないので先に言っておくと…」

京太郎「俺の能力は恐らく……巨乳な女の子との対局で和了ると…その…エッチな気分にさせる能力です…」

小蒔「(…エッチな気分?)」キョトン

小蒔「(エッチ…エッチ…エッチ……)」ウーン

小蒔「(あ…)」カァァ

小蒔「え…えぇ…えぇぇぇぇ!?」

霞「…姫様、こっちに来て。そう少しずつで良いから…後ろに下がって」

春「…大丈夫…」グッ

巴「私と春ちゃんを抜ける人なんて滅多にいませんよ」カマエ

初美「私、今の間に武器を取って来るですよー」パタパタ

京太郎「(わーい。予想してたとは言え、一気に対応がセメントになったぞー)」



京太郎「えっと…凄い当然な対応だと思うんですが…話を聞いてくれませんか?」

京太郎「それが終わった後なら幾らでもボコって貰って構いませんし、簀巻きにして放り投げて貰って結構です」

霞「…まぁ…ここまで来た上に、帰ろうとしてた須賀君をここまで警戒するのはやり過ぎかも知れないけれど…」

霞「でも、女の子相手にそういう悪質な冗談はダメよ?」

京太郎「いや…その…冗談だったらまだ良かったんですけれど…」

霞「…え?」

京太郎「…マジなんです、これ…」

霞「……」ポカン

京太郎「いや…何かもうごめんなさい…」

霞「い、いえ…須賀君は何も悪くないから良いんだけど…」

霞「その…本当…なの?本当に…嘘とか冗談とかじゃなくって…?」

京太郎「誓って本当です…何なら、犠牲者の人に電話しても良いです」

霞「えー……えぇ…」


霞「(ど、どうしましょう…能力制御の手助けって聞いてただけだし…まさかこんな事になるなんて…)」

霞「(うぅ…ご当主様も良く確かめずに安請け合いをするからこんな事に…)」

霞「(でも…本当に…そんな能力があるのかしら?)」

霞「(能力は主に先天的なものと後天的なものがあって…主に後者は何かしらの拘りから生まれるって聞くけれど…)」

霞「(巨乳な女の子をその…あの…え、ええ…エッチな気分にさせる能力の源って…)」ウーン

霞「(や、やっぱりその…あ…アレ…よね…?)」カァァ

霞「…ぇぅ…」バッ

京太郎「(あぁ…っ!あのすばらなおもちが隠されてしまった…!!)」

京太郎「(和に匹敵するであろう神代さんを超えた最高のおもちが…!!)」

京太郎「(それは勿論…ちょっと残念だけど…まぁ、安心した気持ちもあるんだよなぁ…)」

京太郎「(なんつーか…人並みの警戒をされる事が今はすげぇ嬉しい)」

京太郎「(さっきまでが気を許されすぎじゃないかって思うくらいだったから余計に…)」



霞「え…えっと…それじゃ…ど、どうしましょう…か?」

京太郎「俺としては今すぐ放り出してくれた方が気が楽なんですが…」

京太郎「皆さんとしても、こんな能力を持ってるような奴と共同生活は送れないでしょうし…」

霞「…巴ちゃん?」

巴「あー…ダメですね。姫様、完全にのぼせ上がっちゃってます」

小蒔「は…ぅぅ…」マッカ

春「…復帰にはかなりの時間が掛かりそう…」

霞「…らしいわ」

京太郎「ごめんなさいごめんなさいっ!」ドゲザー

霞「いえ…もう良いから…」

霞「とりあえず…こんな事になるなんて思ってなかったから色々と相談させて貰っても良い?」

京太郎「はい…」


………



……






霞「…と言う訳でどうしましょうか…」

春「悪い人じゃない…」

巴「うん。それは思うよ。軽い感じじゃあるけれど、常識はある」

初美「でも、それとこれとは別問題ですよー」

霞「そうね…。須賀君がここにいる理由はあくまで能力制御の為なんだし…」

巴「それを手伝うのは難しい…って言うか…」

春「…もし、本当だった時のリスクを考えると…無理」

初美「わ、私はその…」

巴「…大丈夫。ムリしないで良いから」

春「そのままの初美で良い」ナデナデ

初美「うぅぅ…何か凄いハブられてる感がするですよー…」

霞「ともかく…須賀君をこれからどうするか…よね?」

春「共同生活に異論はない…でも…」

巴「流石に一緒に卓を囲むのは遠慮したいかなぁ…」

巴「彼の言う事を信じてる訳じゃないんだけど…でも…」

霞「そうね…それは私も同じ…」

初美「だったら…卓を囲まない方法で能力を制御する方法を考えないとですよー」

巴「うーん…でも…ぱっと思いつかないなぁ…」

春「……」ポリポリ


霞「つまり…ここで須賀君を突き放すのは皆、反対なのね?」

巴「悪い人じゃないってのは分かってるし…」

春「困ってるのが伝わってくるから…」

初美「まずは色々と試してからでも良いかなって…」

霞「…分かったわ。じゃあ…とりあえず…須賀君にはもう少しここにいてもらいましょう」

巴「賛成」

春「…異議なし」

初美「支持するですよー」



………



……






京太郎「(薄墨さんが帰ってきて、皆が別室に移動してから早数分)」

京太郎「(その間、ずっと待ちぼうけを食らってる訳だけど…)」

京太郎「(どうなるのか気になって落ち着かない…)」

京太郎「(まぁ…あまり見慣れない純和風の部屋って言うのもあるんだけど…)」

京太郎「(これ…やっぱ正座して待ってた方が良いのかな…)」

京太郎「(俺はここで何もつかめずに追い出されると次に頼る場所がなくなる訳だし…真剣さを伝える意味でもここはやっぱり…)」

京太郎「(でも…わざとらしく見えないか…?それだったら逆にしない方が良いかも)」グルグル

京太郎「あぁ…くっそ…」

京太郎「(焦るな…こうなる事は十分、予想していた事だろうが)」

京太郎「(ああやって相談をするって事は完全に悪いようには思われていないって事だ)」

京太郎「(後はそれを信じて…待つしかない)」

京太郎「(幸いにも…ここは神様の近くで、相手はその遣いである巫女さんたちなんだ)」

京太郎「(普段、その存在を信じてない俺の祈りだって届くかもしれないしな…)」



― スゥゥ

京太郎「」ビクッ

霞「あ…」

京太郎「ど、どうでした…?」

霞「えぇ。とりあえず…須賀君には当分、ここにいて貰って良いと言う事になったわ」

霞「でも、やっぱりあんな話を聞いて一緒に麻雀をするのは皆、嫌みたい」

霞「だから、麻雀をする以外の方法で、須賀君のお手伝いをする…と言う事になったんだけど…それでも良いかしら?」

京太郎「~~~っ!ほ、本当に良いんですか!?」

霞「勿論よ。折角、頼ってきてくれている訳だし…寧ろ、こんな消極的な形でしか手伝えなくてごめんなさい…」

京太郎「そんな!謝らないで下さい!」

京太郎「こうやって手を貸してもらえるだけでも本当に嬉しいんですから!」

京太郎「今までまったく見通しも立たなかったので…本当に有難いです…!」

霞「そう…それなら良かったわ」

霞「それじゃあ…改めて、これからよろしくね」ニコッ

京太郎「はい!よろしくお願いします!!」



霞「まぁ…そうは言ってももう夜も遅くなってきちゃってるし…」

霞「須賀君も長旅で疲れてるだろうから、今日はもう休んだ方が良いわよね」

霞「夕飯の方はどうするかしら?お腹減っているなら温め直させるけれど…」

京太郎「じゃあ…お願い出来ますか?実はもうお腹ペコペコで」ハハッ

霞「ふふ…分かったわ。それじゃあ、お部屋の方でもう少し待っていてね」

霞「出来たら、また誰か呼びに行かせるから」

京太郎「はい。お世話になります」ペコリ

霞「いえいえ、それじゃあまた後でね」



………



……









  • 霧島神宮駅から霧島神宮まで凄い距離あるぞ -- 名無しさん (2015-09-04 23:10:21)
名前:
コメント: