IFルート

漫「んぁ…ぁっ♪きょぉくん・…っ♥きょぉくぅ…ぅぅん♥♥」ブルッ

京太郎「漫…俺…もう…!!」

漫「ええよぉっ♥らしてぇっ♪うちの中出してぇっ♥♥」

漫「京君のざあめんで孕ましれっ♥お腹の中いっぱい…ぃぃぃっ♥♥」

京太郎「ぐぅ…ううう…っ」

漫「んあ゛あああぁぁぁっ♥♥♥」



………

……




漫「~♪」

京太郎「ん…漫どうした?」

漫「いや…幸せやなぁって思って…♥」

京太郎「…ごめんな」

漫「もう…なんで謝るん?」

漫「うちはこの関係にそこそこ満足しとるんやで?」

漫「まぁ…ちょっと普通やないかもしれへんけど…」

漫「でも、ちゃんと京君はうちらの事愛してくれてるやん?」

漫「それでうちは幸せ…♥だから、謝らんとって」チュッ

京太郎「ん…ありがとな」



京太郎「そういえば…今日は家の中が静かだな」

漫「あぁ…今日は皆、高校時代の友達と麻雀打っとるし」

漫「今頃は下で真剣勝負やっとるんちゃう?」

京太郎「へぇ…誰が来てるんだ?」

漫「うちが千里山の竜華さん呼んで、小蒔ちゃんが霞さん、のどちゃんが福路さんよ」

京太郎「…なぁ、そのチョイスに何か違和感を感じるんだけど…」

漫「だ、大丈夫やって。別に京君が打つ訳やないねんし…」

漫「そんなうちらみたいな事は起こらへん」

漫「だから…ほら、もう一戦しよ…♥」

京太郎「友達が来てるんじゃないのか…」

漫「そやけど…麻雀やっとる訳やし、人数的にあぶれるのはしゃあないなん」

漫「それに今日はうちの日ぃなんやから…ちゃんと満足させてくれへんかったらあかんよ♥」

京太郎「まったく…次の一回で終わりだからな」ドサッ

漫「やん…っ♪またベッドヤクザに襲われるぅ…♥」

京太郎「そういうのが好きな癖に…」

漫「そういう風にしたのは京君やもん…♥」


―― コンコン

京太郎「ん…?」

漫「やぁ…♪よそ見せんといてよぉ…♥」

京太郎「いや、悪い。でも、今、ノックが…」

漫「そんなんええやん…っ♪ほら、うちのここ、もうトロトロになってぇ…♥」クパァッ

京太郎「う…」

漫「まだ京君の精液欲しいってウズウズしとんの…っ♥早く慰めて…っ♥♥」

京太郎「漫…っ!」

漫「やぁっ♥♥」

― コンコン

― コンコン

「……」

― ドンドンドンドン

― ガチャ

― バン!!


和「何時までやってるんですか!?」

漫「ひにゃ!?」

京太郎「うぉ」!?」


漫「ち、ちょ!?のどちゃん!今日はうちの番やで!」

和「わ、わかってます!でも、明日は私の番ですからね!!」

和「って、そうじゃない!大変なんですよ!」

京太郎「大変って何が…?」

漫「これで本当に大変やなかったら明日、混ぜてもらうしな」プクー

和「うっ…そ、それは…」

和「い、いや、とりあえず服だけ着て、下に降りてきて下さい」

和「そうすれば、私が言っている事が分かりますから」

京太郎「?」

漫「?」



………

……




霞「あぁ…熱い…っ♥お腹が焼けそ…ぉっ♪」

美穂子「こ、こんなの…知りません…っ♥やぁ…ゾクゾクって…上埜さぁ…ァ♥」

竜華「う、嘘…乳首張っとる…ぅ♪ビンって張って奥から…何か…ぁ♥」

小蒔「み、皆さん!気を強く持って下さい!こ、こういう時は素数を数えて…!」アウアウ

京太郎「なにこれ…」


和「さっき小蒔さんと他の三人が打ってたんですが…」

和「小蒔さんが眠って三人に役満連発したらこんな風に…」

小蒔「や、やっぱり私の所為ですか…」シュン

京太郎「い、いや、大丈夫だ。小蒔の所為じゃない」

漫「これ…うちらの最初の頃の症状と同じやしなぁ…」

和「どっちかって言うと京太郎君が原因の可能性が高そうですよね」ジトー

京太郎「ま、待ってくれよ!アレは麻雀でしか発動しないし…」

京太郎「しかも、俺はさっきまで漫と部屋に篭ってたんだぞ」

小蒔「漫ちゃんいいなぁ…」

漫「良くないもん…途中で邪魔されたし…」プクー

和「お客さんが来てるのに京太郎くんを独占しようとしたのが悪いんですっ」

京太郎「まぁまぁ…それより…早くこれ何とかしないと……」

漫「なんとかって…」カァ

和「言っても…」カァ

小蒔「これは…その多分…」カァ


漫「うちらやからこそ分かるけど…これ普通にイッても収まらへんし…」

和「け、経験則から言うと…京太郎君に射精して貰うまでは…ずっとあのままです…」

小蒔「えとえと…すっごい辛いんで…出来れば…その…霞ちゃんたちを助けてあげて下さい」ペコリ

京太郎「えと…皆はそれで良いのか?」

漫「ぶっちゃけた話、凄い嫌やけど…」

和「満たされない辛さは良く分かっていますし…」

小蒔「私は霞ちゃんだったら良いかなって…えへへ…」

京太郎「相変わらず、うちの女性陣は思い切りが良いなぁ…」

京太郎「まぁ…そうやって信頼されるのは悪い気が…ってうぉお!?」グラッ

霞「はぁ…♥須賀君…っ♪」ダキッ

京太郎「か、霞さん!?」

霞「ダメなの…もうだめ…っ♥小蒔ちゃんの婚約者だってわかってるのに疼きが止まらない…っ♥」

霞「幻滅しないで…っ♪私…こんなはしたない女じゃ…あぁ…っ♥でも、もう我慢出来ないの…っ♪」

霞「須賀君の事…欲しくて堪らない…っ♪」カチャカチャ

京太郎「ちょ…霞さ…」ズルンッ

霞「ん…あぁ…ぁ♥すごい…立派…ぁ♪」

美穂子・竜華「」ゴクリ

竜華「あ、あの…須賀君…うちも…」フニョッ

京太郎「ぬ…ぬぉ…な、なんて素晴らしいおもち…」

京太郎「あれ…?でも…何か…他の皆より張って…」

竜華「し、絞ってくれたら…多分…分かるから…♪」

京太郎「え…じ、じゃあ…うぉ」ビュー

京太郎「さ、さきっぽからミルクが…」

竜華「う、うち…体質的に昔からミルクが出て…ぇ♥それで…こんな…こんな風に…ぃ♪」

京太郎「すげぇ…揉む度に乳首からドロって濃厚なのが…」

竜華「あ…あぁっ♪絞られるの良い…っ♥」

竜華「自分のと全然ちゃうぅっ♥おっぱいとろけそぉ…っ♪♪」

美穂子「はぁ…はぁ…っ♪」

美穂子「す、須賀君…」ソッ

京太郎「い、いや、福路さんはやばいですって!?」

京太郎「ここから部長の家ならそう遠くありませんし、今から連絡を…」

美穂子「だ、ダメ…なんです…っ♥」

美穂子「今…欲しいのは上埜さんじゃないんです…♪」

美穂子「私は…上埜さんのものなのに…心は上埜さんを求めてるのに…」

美穂子「身体が…もう須賀君の事が欲しくて…あぁ…ぁっ♥」チュゥ

京太郎「んんっ!?」


美穂子「ちゅる…♥んれぉ…♪」

霞「はぁ…っ♪姫様…ごめんなさい…っ♥私…私ぃ…♪」チュパァ

竜華「須賀君っ♥もっと強くしてええからっ♥もっと乱暴に…うちの事絞ってぇっ」ギュウ

和「……」

漫「……」

小蒔「……」

和「えっと…す、凄い…ですね」

漫「三人であんなケダモノみたいに…日曜日のうちらもあんな風なんやろうか…」

小蒔「…いいなぁ…霞ちゃん…」

和「…羨ましい…」

漫「う…で、でもあかんよ。今、手を出したら京君が…」

和「そ、それはそうですけど…でも…あんな激しいキスを見せつけられたら…」ジュン

漫「ま、まぁ…牛みたいに絞られてうっとりしてる竜華さんに思うところがない訳やないけど…」

小蒔「霞ちゃんのフェラ凄い…っ♥あんなに思いっきり頬張って…」

京太郎「ううぁ…!」バタン

和「あ…倒れちゃいました…」

漫「流石に三人がかりやとベッドヤクザの京君もかたなしやね…」

小蒔「じゃあ…六人だとどうなるんでしょう?」

和「…」

漫「…」

小蒔「…」









霞「しゅがくんの硬いぃっ♥オチンポしゅごいのっ♪婚約者チンポらめぇっ♥」
霞「孕んじゃらめなのにぃっ♪子宮が欲しがってりゅぅっ♥子ろも欲しくてキュンキュンしちゃうぅっ♥♥」

美穂子「あぁ…♪上埜さん…ごめんなさい…っ♥ごめんなさいぃっ♥」
美穂子「でも、オチンポ凄いんですっ♪生ちんぽ硬くて熱くてぇっ♥わらひ…これなしじゃもうらめなんですぅっ♥」


竜華「須賀君っもっと吸ってぇっ♥ちゅぱちゅぱしてぇっ♥」
竜華「うちのひみちゅのみるくぅっ♪全部、しゅいつくしてざあめんにしてっ♥うちのお腹に本物ミルクちょおらいぃっ♪♪♪」


和「あ…もう…ご主人様ったら…♪♪まだこんなに硬くして…ぇ♥♥」
和「ええ…♪良いですよ…今日は私が上になってあげます…っ♥上になって…ジュポジュポレイプしてあげますからね…っ♥♥」
和「だから…今はそっと目を閉じて…そう…♥良い子ですよ…♥素直なご主人様は大好きです…♥♥」


小蒔「京太郎様…小蒔は…小蒔はとっても幸せですぅ…♥♥」
小蒔「霞ちゃんと一緒に愛してもらって…おっぱいもお腹の中も幸せで…ぇ♪♪」
小蒔「今度…はるるちゃんや巴ちゃんたちも一緒に誘って良いですかぁ…♥♥」


漫「今日はうちの日やのに…何か散々やね…♥」
漫「でも…あんなに搾り取られたのにまだこんなに硬いなんて…京君は流石やね…♪」
漫「邪魔された分、うちの中に一杯頂戴な…っ♥最後まで我慢したんやし…それくらいは許してくれるやろ♥♥」


名前:
コメント: