咲「京ちゃん京ちゃん!!」

京太郎「なんだよ、咲。って、その手に持ってるのは何だ?」

咲「今日、身体測定だったでしょ?その結果!」

京太郎「へぇ…体重は増えてなかったのか?」

咲「う…さ、三キロだけ…」

咲「って違うよ!ほら!ここ見てよ!!」

京太郎「ん…?」

咲「ほら、バストのとこ!1cm増えてる!!」

咲「これでもうちんちくりん体型だなんて言わせないよ」ムフー

咲「私だってちゃんと成長してるんだもんね!」

京太郎「…」

咲「ふふん!日頃、私の事を馬鹿にしてきた京ちゃんはぐぅの音も出ないかな?」

京太郎「いや、所詮、1cmだろ?計測ミスかもしれないじゃん」

京太郎「もしくは脇に肉がついたとかさ」

咲「な…!そ、そんな事ないもん!」

京太郎「わっかんねぇぞ?三キロも体重増えてるんだから、肉がついててもおかしくないし」

咲「う…うぅぅ…」


咲「じ、じゃあ、京ちゃんの手で直接触って確かめてみれば良いじゃない!!」

咲「(ヘタレな京ちゃんだし…絶対にうんとは言わないはず…!)」

咲「(だけど、私には一応、証拠としてこの結果がある…!)」

咲「(この勝負…私の勝ちだ…!!)」

京太郎「あぁ。分かった」ズイッ

咲「え…?」

咲「ちょ、ちょっと!?京ちゃん何やってるの!?」

京太郎「何って…言われた通り、咲の胸をももうとしてるんだろ」

咲「う…い、いや…でも…」

京太郎「ほら、脱がないと分かんないだろ」

咲「ま、待って!な、何かおかしいよ!いつもの京ちゃんだったらもっと…」

京太郎「もっと…なんだよ?」

咲「もっと…こうヘタレで…弄られキャラで…」

京太郎「…あのなぁ」

京太郎「幾ら俺がヘタレって言っても、好きな子にそんな事言われて我慢出来るはずないだろ?」

咲「え…?」

咲「ふぇ…」カァ

咲「え、ええええええええええ!?」


咲「す、好きって…!?」

京太郎「本当は何時もずっとお前を見てた。中学の頃から好きだったんだ」

咲「き、京ちゃん…」

京太郎「だから…ダメ…か?」

咲「う…そんな…言い方卑怯だよ…」

咲「で、でも、ブラは外すけど…制服の上からだよ…?」

咲「ぜ、絶対に直接触っちゃダメだからね?」

京太郎「あぁ。分かってる」

咲「じゃあ…」イソイソプチッ

咲「ほ、ほら…外し…たよ…?」マッカ

京太郎「じゃあ、俺の膝の上に来るか?」

咲「え、えぇ!?」

京太郎「後ろからぎゅってしながらしたいんだ…」

咲「う…そ、それくらいなら…まぁ…」

咲「(う…ま、まさか…こんな事になるなんて…)」ストン

咲「(わ、私、重くないよね?三キロ太ったけど…まだピー台だから大丈夫だよね!?)」カァ

咲「(こ、こんな事になるならちゃんとダイエットしておけばよかったよぉ…)」

京太郎「じゃあ…触るぞ」フニッ

咲「ん…っ♪」

京太郎「なんだよ。色っぽい声だして…」

咲「だ、だって…いきなり…」

京太郎「ちゃんと前もって言ってるだろ」

咲「そ、それでも…誰かに胸を触られた事なんてなかったんだもん…」

京太郎「つまり…俺が始めての男って事か?」

咲「そ、そうだけど…言い方がなんかえっちぃよ…」

京太郎「男は皆えっちなんだぜ」

京太郎「その上、好きな子の胸を触ってたら、余計、えっちにもなるさ」

咲「う…そうかも…だけど…」

京太郎「つーか…思ったよりずっと揉み応えがあるのな…」

咲「ひ、人の事を何だと思ってるの…」

京太郎「可愛い可愛い俺の魔王さまだよ」ボソッ

咲「ふわぁ…♪」

咲「き…京ちゃん…」

京太郎「ん…?」ムニムニ

咲「な…なんか…変…」

京太郎「何が変なんだよ?ちゃんと言ってくれないとわかんないぞ」

咲「さ、さっき…囁かれてから…頭の中ぼぉっとして…」

咲「む、胸が熱くなって来てる…ぅ♪」

京太郎「そりゃ俺に揉まれてるから血行がよくなってるんだろ」

咲「そ、そんな感じの熱さじゃなくって…もっとこう…じぃんって…ぇ♪」

京太郎「うーん…分からねぇ…」ピンッ

咲「ひあぁっ♥」

京太郎「とりあえず…咲の乳首がもう勃ってるって事は分かるけどな」

咲「う、嘘ぉ…♪」

咲「(ま、まだ京ちゃんに胸を触られたばっかりなのに…ど、どうして…ぇ♪)」

咲「(一人でやってる時はもっと…時間が掛かってるのに…)」

咲「(それに…一人の時よりも…ずっとずっと…気持ち良い…っ♥)」

京太郎「…」


京太郎「なんだ、咲は発情してるのか?」

咲「はつ…じょぉ…?」

京太郎「俺に触られてエロい気分になってるんだろ?」

咲「う…ち、違う…もん…」

京太郎「何が違うんだよ。こんなに乳首勃起させてさ」スッ

咲「んくっ♪」

京太郎「ちょっと擦っただけでもそんな声あげてさ」

京太郎「その上、今のお前の顔、凄いぜ」

京太郎「顔が真っ赤になって…目も今にも泣き出しそうなくらい潤んでる」

京太郎「見てるだけで苛めたくなるようなすっごいエロい表情だ…」

咲「ん…ふぅ…っ♪」ゾクゾク

京太郎「こんなの魅せられて…服の上からなんて生殺しだよ…」

咲「や…き、京ちゃん…ダメぇ…♪」

咲「(ふ、服の上からでもこんな風になってるのに…)」

咲「(直接触られたりしたら…私、おかしくなっちゃう…♥)」

咲「(本当に発情して…京ちゃんにおねだりしちゃうよぉ…♪)」

京太郎「…そうか」スッ

咲「え…?」

京太郎「ダメならしょうがないな。我慢する事にするよ」

京太郎「ほら、咲。どいてくれ。後、後ろ向いてるからブラもちゃんとつけろよ」

咲「な…なんで…?」

京太郎「なんでって…仕方ないだろ?」

京太郎「このまま続けたら、俺は絶対、咲の事襲っちまう」

京太郎「それを咲が嫌だって言うんなら、ここで止めるしかないじゃないか」

京太郎「まぁ…咲がもっとしたいって言うんなら…俺はそれに従うけどな」

咲「あ…あぁぁ…」

咲「(これ…京ちゃん焦らしてるんだ…)」

咲「(私がもう…発情してるって思ってるから…)」

咲「(発情して…京ちゃんが欲しくて堪らないって分かってるから…)」

咲「(だから…そうやって私が堕ちるのを待って…焦らしてる…ぅ♥)」

咲「わ…私は…」

咲「(でも…私は京ちゃんの思い通りになんてならない…)」

咲「(き、キスもしてないのに…初体験なんて変だもん…)」

咲「(もっと…二人で愛を深め合ってから…ムードのある場所で……)」










咲「し…たい…♥」

咲「もっと…京ちゃんに触って欲しいの…♪」

咲「おっぱい触って…乳首クリクリって虐めて…っ♥」

咲「思いっきりもみくしゃにされて…気持ち良くして欲しい…っ♪」

京太郎「じゃあ、発情してるって認めるんだな?」

咲「う…うん…っ♪わ、私は…発情してます…ぅ♥」

咲「京ちゃんの手で…あっという間に発情して…えろえろになっちゃったの…っ♪」

咲「だから…京ちゃん…責任とってぇ…」

京太郎「任せろ…最高に気持ち良くしてやるよ」

京太郎「俺の大好きな…咲……」






咲「」ピリリリリリリ

咲「……」ピリリリリリリ

咲「……」カチャン

咲「……」スッ

咲「……」ヌチャア

咲「……」ネバァ

咲「……」カァァ









京太郎「よ、咲。おはよ」

咲「京ちゃんの馬鹿!えっち!変態!!おもち好き!ヘタレ!!大好き!!」ダッ

京太郎「へ…?は……?」

名前:
コメント: