咲「和ちゃんって…酷いよね」
咲「私が京ちゃんの事知ってるよね?」
咲「それなのに…京ちゃんの事誘惑したんだ…」

和「んんっ♪」ブブブ

咲「あはぁ♪またイっちゃったんだ…」
咲「和ちゃんってホント、変態だよね…」
咲「ピンク髪は淫乱って言うけれど、その通りじゃない」

和「ひゅうぅっ♪」

咲「何を言いたいのかまったく分からないよ、和ちゃん」
咲「まぁ…ポールギャグ越しじゃ、ろくに言えないよね」
咲「淫乱な和ちゃんには相応しい姿だと思うけど」クスッ
咲「でも…まさか清純そうな和ちゃんがバイブでイキッパナシになるだなんて…」
咲「私…幻滅しちゃったな」
咲「ねぇ…






京ちゃんもそうでしょ?」




京太郎「さ、咲…」

咲「京ちゃんはおもち好きだから、和ちゃんの事を気にしてたのは知ってたよ」
咲「でも…京ちゃんが見てたのは和ちゃんの偽りの姿なんだよ」
咲「ほら、見てよ。ベッドに縛られて身動き出来ないのに、もうあんなにイッて…」
咲「和ちゃんなんて所詮、その程度なんだよ」
咲「京ちゃんじゃなくてもイッちゃうような淫乱女なんだ」

京太郎「そ、それは…咲が…」

咲「私?私が何をしたの?」
咲「私はただ、京ちゃんに現実を教えてあげようと思っただけ」
咲「京ちゃんが騙されないように…助けてあげたんだよ?」
咲「それなのに…京ちゃんはそんな事言っちゃうんだ…」

京太郎「うあ…ぁ」

咲「ほら…京ちゃんだって和ちゃんの顔を見てこんなに興奮してる…」
咲「京ちゃんは仕方ないよね。だって、男の子だもん」
咲「だけど…あんな淫乱女に発情する必要はないんだよ」

咲「私が全部、教えてあげる」
咲「気持ち良い事全部…私がしてあげる」
咲「和ちゃんじゃなく…私が…」
咲「京ちゃんを世界で一番、愛してる…私が…エッチしてあげる…♥」

京太郎「や、止めろ、咲!自分をそんなモノみたいな扱い方をするんじゃない…!」

咲「…大事にして大好きな人をとられるくらいなら…私はモノで良いよ」
咲「『私』…ううん。『宮永咲』で京ちゃんが手に入るなら他に何もいらない」
咲「友達だって…麻雀だって…要らない」
咲「私には…京ちゃんだけあれば良い」

京太郎「さ、咲…」

咲「ほら…見て…?」
咲「京ちゃんのおちんぽを扱いた所為で…私もうこんなに濡れちゃってるよ…♪」
咲「あんなバイブにでもイッちゃうような淫乱女じゃなくって…」
咲「京ちゃんの所為で…発情しちゃってるの…♥」
咲「だから…良いよね…?」
咲「京ちゃんの精液…全部びゅるびゅるって受け止めても…いいよね…?」
咲「危険日の…処女マンコで…京ちゃんの子ども作っても良いんだよね…?」

咲「ね…京ちゃん……っ♥」

名前:
コメント: