京太郎「え? 今日、居ないんですか?」

『どうしても外せない私用でして。とは言え、居なくなると言っても一日空けるだけですよ。明日の午後には帰ります』

京太郎「そんな……久々にご指導いただけると思ってたのに……」

『なに、私から京太郎君に教えられることなんてもう殆どありませんでしょうに』

京太郎「でも……」

『……では、一つ頼まれてくれますか?』

京太郎「?」

『私の居ない間、皆様と共に仕事に勤しむこと。これだけです』

京太郎「えっ、そんな普通のことでいいんですか?」

『当たり前の事を当たり前に。執事の教えの基本でしょう?』

京太郎「あっ……」

『できますね? 京太郎くん』

京太郎「……はいっ! 任せてください!」


京太郎「ハギヨシさんの分まで俺、頑張ります!!」

ハギヨシ『ええ、良い返事です』

ハギヨシ『仕事の内容について、大方のことは国広君に言ってあります』

ハギヨシ『ですので、京太郎君にはお嬢様達が危険に晒されないよう注意して仕事に取り掛かっていただければ結構です』

京太郎「わかりましたっ」

ハギヨシ『……今日一日はあなたが私の代わりです。一人の執事として、気を引き締めてくださいね』

京太郎「……俺なんかがハギヨシさんの代わりになるだなんて思っちゃいませんけど……」

京太郎「俺なりに精一杯、ハギヨシさんに教えられたことを忠実に守っていくつもりです!」

ハギヨシ『ふふっ、それは心強い限りですね』


ハギヨシ『では京太郎君。お嬢様方のこと、頼みましたよ』

京太郎「はいッ!!」


ピッ



京太郎「ふぅ」

京太郎「…………」

京太郎「……はぁぁぁ~……」ガクリ


―8:00 旅館庭先

パチッ...パチッ....


京太郎「……長電話してすいませんでした、玄さん」

玄「そんなに待ってないから大丈夫だよ~。 ……ん~、そろそろかな~」スッ

京太郎「……」

玄「……どうかしたの? なんか目に見えて落ち込んでるようだけど」

京太郎「ん……。今日行く予定の龍門渕なんですけど……会いたかった人が居ないようでして……」

玄「電話で喋ってた、ハギヨシさんって人?」

京太郎「はい。龍門渕専属のお手伝いさん。炊事、洗濯、掃除、その他何から何まで出来てしまう超万能な人でして」

玄「ほぉ」

京太郎「俺の雑用スキルもハギヨシさんから教わったものなんですよ。一時期龍門渕でバイトしてましてね」

玄「ほほぉ~」

京太郎「俺が一番尊敬する人なんです。 あの人程素晴らしい人、見たことがない」

京太郎「それだけに……はぁぁ……」ガクリ

玄「………」スッ

玄(……龍門渕高校。 その名前は、私でもよく知っている)ススッ

玄(県大会団体戦優勝の最有力候補と目されていた強豪私立校。前年度はメンバー全員が一年生でありながら優勝した実績を持つ)スッ

玄(今年度は惜しくも京太郎くんの所属する清澄高校に敗退。しかし、その実力はプロですら慄く程と聞く)ハムッ

玄(……それにしても……)モグッ


京太郎「はぁぁぁ……」


玄(……京太郎くんがこんなに落ち込む程会いたかったお手伝いさん……)モッキュモッキュ

玄(ハギヨシさん……かぁ……)モッキュモッキュ

玄( ……萩原ヨシエ? 萩原ヨシコさんかな?)モッキュモッキュ

玄(まぁなんにせよ……)

ゴクンッ

玄「ふぅ」

玄(凄い【メイドさん】なんだろうなぁ……)

京太郎「……切り餅、一つ貰ってもいいですか?」

玄「あ、いいよいいよー。はいっ」スッ

京太郎「……しかしまぁ、よく七輪なんて持ってましたね玄さん」モグモグ

京太郎(泊まり先の庭で餅焼いてるかはこの際置いといて)

玄「えへへ。七輪はね、いっつも持ってるんだ」

京太郎「はぁ……。 何故に?」

玄「おねーちゃんが極度の寒がりだからねぇ~。出かけ先で凍えないようにしなきゃでしょ?」

京太郎「ですか」

京太郎「……カイロじゃダメなんですか?」

玄「カイロだと1パック使わなきゃでしょ?」

京太郎「はあ。ですか」

玄「ですッ」ドヤッ

京太郎「……最初七輪と一緒に練炭取り出したの見た時は死ぬ気なのかと思いましたよ」

玄「ちなみに、隙間風対策にガムテープも常備してるよっ」ドヤヤッ

京太郎「マジで死ぬ気かよ」

京太郎(さて、いつまでもクヨクヨしていられない。今日のことを考えなきゃな)


京太郎「というわけで玄さん。なんと今日のお仕事は龍門渕に泊まり込みです」

玄「えッ! ホントッ!?」

京太郎「そんで、仕事先がなんと龍門渕本邸だそうで」

玄「本邸……って、お家!?」

京太郎「龍門渕の部長さん……お嬢さんの祖父が龍門渕高校の理事長なんです。麻雀を打つ時は本邸で打っているんだとか」

玄「ほぇぇ……お嬢様だねぇ……」

京太郎「しかも宿泊費は全額あちらで負担してくれるそうです。ありがたい事この上ないですね」

玄「至れり尽くせり、ってやつだねっ」


京太郎「ちなみに、卓球台は無いそうです」

玄「……ウッ」ジワ...

京太郎「あっ……つ、次! 次行く所で必ず見つけますから!」

玄「グスッ……約束……だからね……?」

京太郎「は、はいッ」

京太郎「そういえば玄さん。和と知り合いでしたっけか」

玄「うんっ。 随分むか~しのことだけどね。……懐かしいなぁ」

京太郎「……清澄、寄ってきます? 寄るほどの時間はありますよ?」

玄「むっ。……む~……」

京太郎「和も昔と比べ随分成長してるでしょうし」

玄「むむっ」

京太郎「おもちも大きくなってますし」

玄「むむむむむっ!!!」

京太郎「ちなみに、これが今の和の写メです」ピッ

玄「ふぉ、ふぉおおおおおおおおお!!!!すっごぉおおおおおおおおお!!!」

玄「おおぉ……こんなに……素晴らしく実られて……オオオォ……」

京太郎「どうします?」

玄「むぅ……むむむむむむむむむむむ~~~~!!!」

玄「…………い……いいいい……」


玄「……行か……ない…………!」

京太郎「おぉ」

玄「全国大会で必ず会うって約束だもん……!」グッ

玄「そのために皆頑張ってきてるんだもん……!!ググッ

玄「今破るわけには……いけないもん……!!!」グググッ

京太郎「玄さん……」


京太郎「……」チラッ

玄「ふぉおおおおおおおおおお」

京太郎「……」サッ

玄「い……行かない……!」

京太郎「……」チラッ

玄「ふぁああああああああああ」

京太郎「……」サッ

玄「いい、行かないもん!」

京太郎(…………)

チラッ

ハウッ!

サッ


チラッ

ウヒィ!

サッ


―――
――


玄「エグッ……グスッ……い゛、い゛がないも゛ん……グスッ」

京太郎「ご、ごめんなさい……どうか泣き止んで……」

玄「うぅ……うぁあああああん…………いかないったら行かないもぉぉぉぁぁああああんッ!」グスグス

京太郎「……やり過ぎた…………」

― 9:00


玄「なんて泣いてたらもう時間」

京太郎「……すいませんでした」

玄「そんな謝らないで! むしろ泣いたおかげで吹っ切れた気がするし!」グッ

京太郎「おお、流石」

玄「炭捨てて七輪片付けてー。 これで綺麗サッパリ! 龍門渕に夢を持っていける!」

京太郎「………」

玄「頑張るぞー!!」オー

京太郎「……」


京太郎(玄さん……ペタンコばっかってこと知ったら悲しむかなぁ……)

京太郎「…………」


京太郎「龍門渕、ペタンコさんばっかなんですけどね」

玄「ゴハァッ」

玄「(´・ω・`)……」

京太郎「……そんなしょぼくれないでくださいよ……」

京太郎「…………あ、そうだ。 昨日淡にイタズラで送られてきたんですけど……これっ」スッ

玄「……?」

京太郎「弘世さんと渋谷さんの貴重なブルマシーンの写メ……」

玄「……」

京太郎「首筋見てくださいよ。汗で濡れててポイント高いですよね」

玄「…………」

京太郎「この二人が馬跳びしてるとこってのがまた最高ですよね。おもちがより強調されてますし」

玄「………………………」

玄「京太郎くん」

京太郎「はい」


京太郎「こちら、淡のメアドになります」スッ

玄「(`・ω・´)」シャキーン

―道中

ミーンミンミン


玄「……んあー……」

京太郎「……あー……」

玄「……あっついねぇ……」

京太郎「気温30度ですって……」

玄「うへぇ…………」

京太郎「しかしまぁ……こうも暑いと……」


玄「脱ぎたくなる」

京太郎「冷たい物が欲しい」


玄「利害が一致したね」キリッ

京太郎「どこがだ」

玄「んふふ……別に恥ずかしがらなくても……」グイッ

京太郎「おいこら脱ごうとするな」

玄「あーうー……」フラフラ

京太郎「……龍門渕までもうちょっとだから頑張ってください」

玄「大丈夫大丈夫……玄さんは滅多なことじゃへこたれないから……」

玄「……なんか……見る人みんな脱いでるように見えるけどぉ……」

京太郎「重症じゃないですか……」

玄「ホラ……あそこの人なんてハダカと一緒……」

京太郎「暑さでやられすぎですよ……そんなわけ……」チラッ

「~♪」

京太郎「……あれ?」

「あっ」

京太郎「おお!」


京太郎「国広さん!」

一「須賀くん! 久しぶりだねー!」

一「やだなぁ国広なんて。ハジメでいいってば!」

京太郎「そうですか? まぁ、お変わりないようでなによりです」

一「前会ってから3週間ちょっとだよ? そう変わんないってー」

京太郎「いや、そっちじゃなくて……(服装……前より薄着になってる……)」

一「あ、そういえば今日ウチにバイトしに来るんだっけ? 萩原さんから聞いたよ」

京太郎「ああ、そうでした。ちょうどいいですし、紹介しますね」

京太郎「こちら同じバイト仲間の松実玄さ……」クルッ


玄「すごいよぉ……おもちがお空にたくさぁんあるぅうぅぅ……」フラフラ


一「………」

京太郎「………」

玄「えっ……今日はおもち、食べてイイの……?」

一「……ウチ、行こうか」

京太郎「……お願いします」

玄「うえへへ……おかわりもいいんだぁ……」

―龍門渕邸


一「ハイ、お水」スッ

京太郎「頂きます」

玄「ゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴク」

一「態々ここまでご苦労様。ゆっくり休んでてよ」

玄「ゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴク」

京太郎「どうも、恩に着ます」

玄「ゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴク」

一「とりあえず、ボクは皆を呼んでくるね。冷房寒かったら言ってねー」スッ

玄「ゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴク」

京太郎「はい、ありがとうございますッ」

玄「ゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴクゴク」


玄「ブっはぁああ!!」

玄「あ゛あ゛あ゛あ゛ぁぁぁぁ……」グッタリ

京太郎「玄さん。グダってる所悪いですけど、仕事はこれからですよ?」

玄「でもこの暑さじゃ誰でも弱るよぉ……」

京太郎「東京の満員電車の時はそうでもなかったじゃないですか」

玄「あーあれねー。 ……えへへへ……」

京太郎「?」

玄「……後ろから押される度にお姉さん達のおもちが当たってて……」ニヤニヤ

京太郎「……」

玄「あれは良かったなぁ……うえへへ……へへへへへ」ニヤニヤリ

京太郎「……今朝だって餅焼いてたじゃないですか」

玄「おもちの為ならしねる」キリッ

京太郎「 」


玄「る~る、る~る、るるるるる~♪」

京太郎(……案外この人すごいのかもしれない)

玄「ラヴィ!」

一「お待たせっ」

純「おーっ、久しぶりだな須賀ー」

智紀「……お久しぶり……」

京太郎「井上さんと沢村さん! お久しぶりですッ」

純「おうおう。 そんで、そっちがお連れさんね」

玄「奈良の阿知賀女子学院から来ました、松実玄ですっ。 よろしくお願いします!」

純「おう。龍門渕専属メイド、井上純。 よろしくッ」

智紀「同じく、沢村智紀」

玄「どーもどーもっ」


京太郎「天江さんと龍門渕さんは?」

一「衣はお昼寝中。透華は多分そろそろ……」


...タッタッタッダッダッ!

バンッ!


透華「お久しぶりですわ!同志須賀!!」

玄「えっ?」


京太郎「お久しぶりです。龍門渕さんも相変わらず、お変わりないそうで」

透華「世間話は結構! 積もる話もあることですし、さあこちらへ!」グイッ

京太郎「うおっ」

一「ちょ、ちょっと透華!」

透華「ハジメ! 後のことはお任せしましたわー! さあさあさあ!!」グイイ

京太郎「うおぉっ」


ホーホホホホッ ウォォォォォ


一「……全く……」

玄「……」

一「ごめんね松実さん。あんなんでも一応ボクらのリーダーなんだ。……もうちょっとシャキっとして欲しいけどさ……」

玄「…………」

玄(い、今あの人……京太郎くんのこと……『同志』って……)


一「……さて、透華から任されたもんだし。とりあえず軽く始めよっか」

純「なぁおいハジメ、いいのか? 須賀の奴あのまんまで」

一「大丈夫でしょ。透華のアレは今に始まったことじゃないし」

一「気の済むまでさせりゃいいでしょ。須賀くんも付き合える仲らしいし」

純「……イマイチオレには理解出来ねェわ……」

一「そんなのボクもだよ。それよりホラ、ジュン君は倉庫整理。行った行った」

純「あいあい。……あーめんどくせェー」

一「トモキーは階段の方お願い。キリいい所で休憩してね」

智紀「了解……」


一「さて、松実さん。松実さんはボクと……」

一「? 松実さん?」

玄「え? ……あ、すいません!聞いてませんでした!」

一「ううん、気にしないで。 松実さんはボクに着いて来てよ。邸内をグルっと案内してあげる」

玄「は、はい……」

玄(………)


―――
――


ガチャッ

一「んで、ここがボクら龍門渕麻雀部部員の麻雀部室っ」

玄「ふぉぉ……広いですねぇ……」

一「まぁ、広さくらいしか取り柄が無いんだけどね」テヘヘ

玄「……」

一「………」

一「そんなに気になる? 須賀くんのこと」

玄「うぇっ!? そ、そんなこと……!」

一「わかりやすいなぁ。 案内中もダンマリだったし」

玄「う、うぅ~……」

玄「あの……国広さん。龍門渕……お嬢さん? と京太郎くんはいったいどんな……」

一「あー……、そのー……。……退かないでもらえるといいんだけどさ……」

玄「?」

一「透華……好きなんだよ。 ……その……」


一「……女の子の胸が」

玄「!?」


玄(まさか……本当に同志!? 旅行先で!? こ、こんなことって……!)

玄(す、すばら……っ!)キラキラ


一「特に小さい胸が」


玄「じゃなああああい!!!」バンッ

一「」ビクッ

一「きゅ、急にどうしたのさ松実さん……」

玄「なんで選りに選ってペタンコさんなんですか!! 大っきいおもちの方がいいに決まってるじゃないですかぁ!」

一「……え。まさか松実さんもそっちの人……」

玄「ええ!好きですとも! 私も女の子の胸!大好きですとも!」

玄「でも私が好きなのは大きな胸です! おもちな胸です!ペタンコなんて邪道ですよ邪道!」

一「……」

玄「いいですか!? そもそもおもちというのは―――」


―――
――

―20分後。

玄「――以上。 全日本おもち同盟代表、松実玄」

玄「っと……いやぁ、すいません。少し熱くなっちゃいましたね……」テヘヘ

一「うん……まぁ、夏だもんね……」

玄「そうですね!夏ですもんね! あはははー!」

一「………」

玄「ハッ!」

玄「そ、それで!龍門渕さんのペタンコ好きと京太郎くんが連れ去られるのとどんな関係があるんですくぁ!」クワッ

一「あ、ああ……そういう話だったね」


一「須賀くんが三週間程前にウチに来たこと、知ってる?」

玄「あ、はい。京太郎くんから聞きました」

一「その時に透華がさ、なんの間違いがあったかしらないけど……須賀くんのことを貧乳好きだと思っちゃったらしくって……」

玄「 」

一「それ以来須賀くんに親近感が湧いちゃったみたいでさ。

一「今じゃ見ての通り、 『同志』 だってさ」

一「まぁ、須賀くん本人は否定してるみたいだけど。……当たり前か」

玄「 」

一「……松実さん? ……え、ちょっと……」

玄「 」

一「き、気を失ってる……」

―龍門渕邸 透華の部屋


透華「同志っ同志っ。 このペタも素晴らしいと思いませんことっ?」

京太郎「ハハ……い、いいと思いますよ……」

透華「でしょう!この無乳! この板具合!! 最高ですわぁ!!!」

京太郎「……あの……龍門渕さん。前々から言おうと思ってたんですけど……俺、別に貧乳が好きってわけじゃ……」

透華「同志、言わずともわかっていますわ。健全な男子たるもの、女子の胸に興味を持つのは当然のこと」

透華「公言できるようなことでは無いことは百も承知ですわ」

京太郎「いや、だから……」

透華「ですが同志! 今はわたくしとアナタ二人! 何も恥ずることはありません!」

透華「さあ、語り合いましょう! 同志の会ってきたペタンコさん達のことを!! 包み隠さず!!!」

京太郎「…………」

透華「ね?」

京太郎「………」

京太郎「はい……」

透華「よろしい♪」

透華「それと同志! 『龍門渕』だなんて他人行儀に呼ばないでくださいな!」

透華「親愛を込めて、『透華』と呼んでくださいましっ」

京太郎「え、流石にそりゃ無理ですよ」

透華「んなっ!? な、なぜ!?」

京太郎「一つ上の人に対して呼び捨てするだなんて失礼なこと、俺にはできませんよ」

透華「わ、わたくしは許可してるんですのよ!?」

京太郎「すいません……それでも……」


京太郎(『目上の者に尽くせ』……それが『執事道』の心構え)

京太郎(……ハギヨシさんが教えてくれた、な……)

透華「ぐ、ぐぬぬぬぅ……。あ!なら『さん』付けでは!?」

京太郎「さん付けですか? それなら……まぁ」

透華「なら是非! 是非!」

京太郎「はぁ……ゴホンッ」



京太郎「透華さん」

透華「 」


京太郎「……? 透華さん?」

透華「ほぉぉぉ……」キュゥゥン

京太郎「……どうかしました?」

透華「い、いえ別に……。それより、もう一度……」

京太郎「はぁ。 透華さん」

透華「はぅぅぅ……」ホッコリ

京太郎「?」

透華「ま、まあ……改めて私達の熱い友情が確かめられたところで!」

透華「続いてはこの娘!」バンッ

京太郎「ええぇ……まだやるんすか……」

透華「当然! あと100人分はありますわ!」

京太郎「……」

透華「同志! ホラ、見てくださいこのペッタンコ! ペタンコ過ぎてむしろ抉れてますわ!!」

京太郎(うわ、こりゃひでぇ……)ボソッ

透華「な に か ?」

京太郎「あ、いや。素晴らしいペタンコですね」

透華「でしょう!!?」

京太郎「ええ。こんなペタンコさんを見つけられる透華さんは素晴らしい素質がありますよ」

透華「ホーホッホッホ!! そんなわかりきってること、皆まで言うなですわぁ!!」

京太郎「ははは」

京太郎「…………はぁ」

―10:30


京太郎「あ゛ー……やっと解放された……」

一「ああ、来たきた。遅いよー須賀くん」

京太郎「すいません……透華さん、随分と熱くなってて……」

玄「……ッ」

京太郎「玄さん、お待たせしました。 ……玄さん?」

玄「ぎょ…………ッ」


玄「ぎょうだろうぐんのうらぎりものぉおおおお!!!」

 グワシッ


京太郎「うわぁ、なんだなんだ」

玄「おっきいほうが!!おっぎいほうがずきっでいっだじゃないですかぁあああああ!!!」ポカポカポカ

京太郎「……は?」

一「あー……ハハハ……」

玄「うええええええええあああああああん!!!!」ポカポカポカ

ガチャッ

純「ふーいっ、あっちぃあっちぃ。流石に一人じゃ辛いぜー……」

智紀「……ただいま」

一「ん、おつかれジュン君。トモキー」


玄「信じてたのにー!! うわぁああああああん!!!」ポカポカポカ

京太郎「何がなんやら……。どうどう……」

玄「ばかぁ! まな板ぁ! 腹筋割れぇ! 高身長の金髪イケメンー!!」ポカポカポカ

京太郎「貶してるのか褒めてるのかわかりませんって」


ギャー ギャー

純「……なんだありゃ」

一「んー……。……夫婦漫才?」

純「夫婦って言うよりは姉弟じゃねェ?」

智紀「……むしろ兄妹」

一・純「「納得」」

―そんなこんなで


一「それじゃあ、本格的にお掃除にとりかかろうか」

一「須賀くんと松実さん二人にはこれからジュン君とトモキーのお手伝いをしてもらうよ」

玄・京太郎「「はいっ」」

一「須賀くんはジュン君と倉庫整理の続きをお願いね」

純「おうおう、気張って行こうぜ。須賀っ」

京太郎「はいっ。よろしくお願いします、井上さんっ」

一「松実さんはトモキーと一緒に階段のお掃除をお願いー」

智紀「……」コクリ

玄「よ、よろしくお願いしますっ」


京太郎「さて、それじゃやりますか」

純「と、言いたい所だが……ちょい待ち二人共。こっち来な」スッ

純「気合い入れさせてやんよ」ニヤリ

玄・京太郎「「?」」

―更衣室


玄「ふわぁ……可愛い……」キラキラ

玄「うわぁ……うわぁ……!」フリッ フリッ

玄「ど、どうかな?京太郎くんっ! 変じゃないかなっ?」

京太郎「いいえ。とっても似合ってますよ」


京太郎「メイド服」

玄「ほんと!? わーい!」クルクル


玄「京太郎くんの執事服も似合ってますねぇ!」

京太郎「そうですか? 久々に着たんですけど……」

玄「馬子にも衣装って感じ!」

京太郎「なんだと」

玄「あ、ネクタイ曲がってるよ。 直してあーげるっ」スッ

京太郎「ん、どうも」

玄「…………」スッスッスッ

京太郎「…………」ジー

玄「………」スッスッ

京太郎「………」ジー

玄「……」スッ...

京太郎「……」ジー

玄「……あぅ……」

玄「きょ、京太郎くん……その……あんまり見ないでもらえると……」

玄「……なんか恥ずかしいよ……」

京太郎「? す、すいません」

玄「……うぅ……」ギュッ

京太郎「ぐっ……絞まってます絞まってますって……玄さん……っ」

玄「ああ! ご、ごめん!」

玄「これでよーし!」キュッ

京太郎「どうもありがとうござ……おいコラ。なんで蝶ネクタイにした」

玄「あはははは!! 似合うー!!」

京太郎「……」

ポコンッ

玄「あうっ」



純「おー、似合う似合う」

京太郎「前も着ましたしね。なんだかんだでしっくり来ます」

一「松実さんも似合ってるねー」

玄「ホントですかっ?」

一「うんうん」

一「特に、そのちょっと主張の強い胸の部分とか透華辺りから反感買いそうだねー」

玄「えっ!?」

一「あ、そうだ須賀くん。 コレ、萩原さんからプレゼントだよ」スッ

京太郎「こ、コレは……!! ハギヨシさんが、これを俺に!? いいんですか!?」

一「うんっ。これ読んでしっかり頑張れってさ」

京太郎「ハ……ハギヨシさん……ッ」ギュウッ


玄「……」

モヤッ

玄「……むぅ……」


一「今が11:00だから2時間くらいかな。 キリのいい所で上がってね。昼食を用意しておくよ」

京太郎「わかりました! よっーし、それじゃあちゃっちゃとやっちゃいましょう! 玄さん!」

玄「……」

京太郎「……玄さん?」

玄「……」プイッ

京太郎「……あれ?」


――
―――

―龍門渕邸 倉庫


京太郎「ぃよっと。 井上さーん! これはどっちですかー!?」

純「あー、確かそれは透華のナイチチブロマイド集だったなァ」

純「んー……じゃ、そこら一体のは全部外出しといてくれ! あとでオークションにでも出すわー!」

京太郎「はーい! わかりましたー!!」グッ


ドスンッ

京太郎「ふぅ……」

京太郎「……」


 玄『……』プイッ


京太郎「俺……なんかやっちまったかなぁ……」

京太郎「ハァァ……」

純「おーおー、随分暇そうじゃねえかよ須賀ァ」

京太郎「おわっ! すっ、すいません! 今――」

純「冗談だって。ある程度は終わってンだ、休憩しようぜ。ペプシは好きか?」スッ

京太郎「あ、どうも……」

プシュッ


純「……で?」

京太郎「え?」

純「え? じゃねェだろ。相方さんとなんかあったんだろ?」

京太郎「あぁ。……わかりますか、やっぱり」

純「こちとら万年脳内春なじゃじゃ馬お嬢のお守りやってるもんだからなァ。毎日顔色見て生きるのが染み付いちまってよ」

純「ま、その点須賀はアイツよか面倒じゃないからマシだけどな」

京太郎「いいんすかそんなこと言っちゃって……」

純「いいのいいの。そういう所も含めて透華だからな」

京太郎「透華さんのこと……なんでもわかってるって感じですね」

純「オレが透華を? ハハッ。馬鹿言うなよ、あんなじゃじゃ馬さっぱりわかんねえって」

京太郎「はあ」

純「……でもまぁ、ダチのわからねえことがあるってそう悪いことでもねえと思うぜ?」


純「わかった瞬間、その分嬉しくなるんだからよ」

京太郎「……」


京太郎「…………そんなもんすかね……」ボソッ

純「あー……なんか柄でもないこと言っちまったなっ……」タハハ

京太郎「……いや……そんなことないですよ。感動しました」

純「そ、そうか?」

京太郎「すげえカッコ良いですッ。正にアニキって感じでッ。男前ッスよ」

純「よ、止せよ……オレは女だっつーの……」

京太郎「純ニキッ」

純「ばっ!?そ、その呼び方は止めろッ! なんか嫌だッ!!」


――
―――

―龍門渕邸 西階段

サッサッサッ

玄「…………」

サッサッ

玄「………」

サッ...

玄「……」


玄「はぁぁぁぁぁぁぁ……」ズーン


玄(京太郎くんに嫌なことしちゃった……別に何も悪くないのに……)

玄「はぁぁぁぁぁぁぁ……」

智紀「……大丈夫?」

玄「んぁ……沢村さん……」

智紀「喧嘩?」

玄「いえいえとんでもない!私が一方的に避けちゃっただけで……ははっ」

玄「……はぁ……」

智紀「……」


智紀「黙っていたら何も意味がない。大事なのは、行動に起こすこと」


玄「えっ?」

智紀「……昔、引っ込み思案気味だった私に……透華が言ってくれた」

智紀「何か聞きたいことがあるのか。したいことがあるのか」

智紀「ならば言え、と。……黙っていたら解決しない、と」

玄「……」

智紀「……あなたはどうなの?」

玄(黙っていたら何も意味が無い……大事なのは……行動に起こすこと……)

玄「そう……ですよね……!」

玄「変にモヤモヤするくらいなら、しっかり聞いてサッパリした方がマシですね!」

智紀「……」

玄「ありがとうございます、沢村さん! なんだかスッキリしました!」

智紀「……そう……」

玄「ぃよーっし! 元気湧いてきました!」

玄「沢村さん! バケツの水、交換してきますね!!」

智紀「……」


智紀「……松実さん」

玄「はい?」

智紀「がんばれ」

玄「……」


玄「はい!!」ダッ

ジャボジャボ

玄「んよっし。さー掃除掃除っ」グッ

ガサッ

玄「ん?」

玄「………………」

玄「……気のせいか……」


玄「なんて言うと思ったか! そこぉッ!!」ガッ

「ひゃあ!!」

玄「フフッ……今朝食べた切り餅のお陰で今の私はちょっとしたおもちにすら敏感になっているのだ……!」グイグイ

「ひゃはあ!ふやあっ!!はなせぇ!!」ジタバタ

玄「おっ……もっ……」

玄「チィ!!!」グイッ!


衣「ふぇっ……」


玄「……えっ」

玄「子供?」

衣「こ、子供じゃない!ころもだ!」ジタバタ

玄「ころ……も?」


玄(ころも……ってまさか天江衣さん!? このちっちゃい子が!?)

玄(名前は聞いたことあったけど……まさかこんな絶壁な子だったなんて……)


玄「もっとボインでバインなダイナマイトさんかとおもってたのに……うぅ……」

衣「? よ、よく分からんがはーなーせー!!」ジタバタ

玄「わ、わあっ」


玄「あれ………」

衣「うーうーうー!!」

玄(でも……よく見たらこの子……)

衣「う?」


玄(……むっちゃ可愛い……!)

ナデ...

衣「んっ……」

玄「……」

ナデナデ...

衣「や、やめっ……」

玄「…………」

ナデナデナデナデ!

衣「ひゃぁぁぁ……っ」

玄「……っ!」


―――
――

京太郎「っし……。これで全部っと」ドスッ

純「おーお疲れさん。ハジメが昼飯作って待ってる。行こうぜ」

京太郎「そっすね」

京太郎「……んっ?」

玄「うおおおおおおお!!! ころもッ!! ころもおおおおッ!!」ダッ

衣「ひゃあああああ!!! くるなぁああああああ!!!」トテトテッ


純・京太郎「「…………」」







  \
::::  \            玄の両腕に冷たい鉄の輪がはめられた \:::::  \  \::::: _ヽ __   _     外界との連絡を断ち切る契約の印だ。   ヽ/,  /_ ヽ/、 ヽ_    // /<  __) l -,
__) > 「京太郎くん……、私、どうして……
   || | <  __)_ゝJ_)_>    こんなこと……しちゃったのかな?」
\ ||.| <  ___)_(_)_ >
  \| |  <____ノ_(_)_ )   とめどなく大粒の涙がこぼれ落ち
   ヾヽニニ/ー--'/        震える彼女の掌を濡らした。
    |_|_t_|_♀__|
      9   ∂        「その答えを見つけるのは、あなた自身です。」
       6  ∂
       (9_∂          玄は声をあげて泣いた。

純「……冗談は置いといて。なにしてんだアンタ」

玄「いやぁそのぉ……。大事なことは行動に起こすこと、とでも言いますか……」

純「は?」

衣「うー……うぅー……おとろしぃ……」ギュゥゥゥ

京太郎「よーしよしよし、怖かったですねー。もう大丈夫ですよ―」ナデナデ


衣「久しいな、キョータロー! 意気軒高そうで何より!」

京太郎「お久しぶりです。せっかくの再会がこんな形で申し訳ありません」

衣「だ、だいじょーぶ! 衣はおとなだからな! 些細なことに頓着するようなことはない!」ドヤッ

純「へーへー」


京太郎「こちら同じバイト仲間の松実玄さん」

玄「エヘヘエエヘヘヘヘッヘエヘヘエヘッヘエヘヘヘヘ」

衣「ひぃっ」ビクッ

京太郎「やめなさい」ポコンッ

玄「あうっ」

―13:30


京太郎「あー腹減ったー」

衣「たー!」

玄「あれ……沢村さん、先にいる……」

智紀「……大事なことは……行動に起こすこと……」クゥゥ

純「素直に腹減ったって言えよ」


透華「みなご苦労様。昼食の用意ができてますわよ」

智紀「お疲れ様……」

衣「ハジメー。今日の昼餐はー?」

一「冷やし中華を作ったよ。味が薄くなる前に食べてね」

衣「わー!ハジメのひやしちゅーか! 大好きだっ!」

一「ふふっ。ありがと」


一「しかしまぁ、思ってたより時間がかかったようだね」

京太郎「ああ、それがですね――」

京太郎「――ってことでして」

一「ハハッ! それはいい! 透華と気が合うんじゃないかな?」

透華「な! ハジメ!こんな野蛮で無駄な脂肪ぶら下げた方と一緒にしないでくださる!?」

玄「むっ」

純「何言ってんだよ。ツルペタを見かけたらこれ見よがしに手をワキワキするお前が言えたことか」

透華「そ、それは……。あ、あのような脂肪の何処に価値があるというんですの? だらし無くぶら下げていて、みっともないですわ!」

玄「な、なんですとー! おもちは無駄なんかじゃありません! むしろ宝ですよ宝!! 訂正してください!!」

透華「なにをー!!」グワッ

玄「ですかー!!」グワッ


ギャーギャー

智紀「……賑々しい」

京太郎「す、すいません。 今、黙らせますんで……」

一「大丈夫、任せて。透華、はいっ」スッ

透華「なんですのハジメ! 今ちょっと――」

一「冷やし中華だよ、透華」

透華「…………」

シーン....


玄「えっ」

純「ああ、なるほど」

衣「目には目を。冷やし中華には冷やし透華を、か」

智紀「納得」

京太郎「なんて冷静で的確な判断力なんだっ」

玄「えっ」


透華「では、皆様。 頂きます」スッ

「「まーすっ」」スッ


玄「……」

玄「ま、まーす……」スッ

京太郎「さて。昼飯も終えたことですし、さっさと仕事終わらせちゃいましょうか」

玄「おー!」



――
―――

衣「キョータロー。なにか手伝うことあるかー?」

京太郎「ん。 それじゃあ窓にスプレーかけていってくれますか?」

衣「任せろー!」グッ


衣「……キョータロー……上の窓……届かなかった……」

京太郎「あ、そっか。 ……んじゃあ」スッ


衣「キョータロー!この窓は終わったぞ! 次の窓だ!」

衣「ん!」ギュッ

京太郎「はい。 よっと」グイッ

衣「はっはっはー! これならどんな高所でも届くぞー!」シュッシュッ

京太郎「たかーいたかーい」

玄「はひっ……はひっ……」

智紀「……」サッサッ

純「……あ゛ー……あっちぃ……」

一「暑いって言うと余計熱くなるよ、ジュン君」

純「んなこと言ったって暑いもんは暑い……」

純「……ていうか、約一名、この炎天下にも関わらず全身黒ずくめの格好してる奴がいるからよぉ……」ジッ

智紀「……?」サッサッ

一「ああ。 まぁ、確かに」

玄「はひぃ……あふいぃ……」

一「……」

一(あっ)ピコーンッ

一「……ねートモキー、流石に脱ぎなよ。暑いでしょー? ジュン君そっち掴んで」グッ

智紀「えっ。……そんな、別に……」

純「うるせえ脱げ。 見てるとこっちまで暑くなる。どうせ厚着してんのは知ってんだよ……!」グイッ

智紀「えっ、やっ……!」

玄「ちょ、ちょっと二人共……そんな無理矢理は……」

一「いいからいいからー。ほーら、ヌギヌギしようねトモキー」グイッ

智紀「やっ……だ、駄目っ……!」

 ググググッ....

純「オラオラオラオラ」グイッ

智紀「や……やぁ……っ!」

 グイッ

 ブルンッ


玄「!!?」

智紀「あ、ああぁ……み、見ないで……////」

純「ちょっと薄着になっただけだろ? 恥ずかしがることねえよっ」

一「うんうん。ボクなんかそれでも薄着とは呼べないと思うし」

純「お前は異常」

智紀「あ……うぅ……」ギュゥ

純「さて、それじゃあ掃除の再開……」


玄「フィイイイバァアアアアアアアアアアアアア!!!!!」



―別邸 衣の部屋


京太郎「ッ!」ガタッ

衣「? どうしたキョウタロー?」

京太郎「あ……いや。 すいません、なんでもないです」

京太郎(この反応……遂に見つけたのですね……玄さん……ッ)プシュー

衣「おぉスゴイスゴイ! 壁の落書きが瞬く間に颯と落ちるぞー!」キャッキャッ

玄「この世には3種類の人間がいる……」

玄「一つはおもちをお持ちの人、一つはおもちをお持ちでない人」

玄「そしてもう一人は……おもちをお持ちであると自覚してない人……!」

玄「……こんな……こんなサプライズがあっただなんて……」

玄「おもちの神よ……感謝します……ウッ……」


純「……奴さんなに泣いてんだ……」

一「トモキーの胸に感動してるんでしょ。透華だって衣に会った時こんなんだったらしいじゃん」

純「……あぁ……」

一「益々透華に似てるよ。扱いやすくていいね」

純「……つくづく思うが、お前ワルだなぁ」

一「ふふっ。手品好きは悪戯好きが多いんだよ♪ 知らなかった?」


―――
――

―17:00 大浴場


ガチャッ

玄「ふぉ、ふぉおおおおお……!!」

一「どうだい? 我が龍門渕自慢の大浴場は」

玄「なんて……なんて広い……!! まるで温泉!!!」

玄「こんな所、本当に入っていいんですか!?」

一「大浴場は透華や衣は勿論、来客の方やボクら使用人まで誰でも使っていいんだ」

一「松実さんは今日、(色んな意味で)よく働いてくれたからね。ここはボクらにとってのご褒美みたいなものなんだよ」

玄「うわぁっ、うわぁっ! すごいすごいすごいー!! ウチのより広いよこれー!!」ダッ

一「あっ、ちょっと。危ないって……」


 ザプーンッ


玄「ふひょおおおおお!!! おんせんー!!!」ザパザパッ

玄「お風呂の中で泳ぐなんて夢みたーい!! わぁああい!!」ザパザパザパッ

一「………」

玄(むふ……むふふふ……)

玄(温泉規模の大浴場にまさかの『おもち持ち』発見!)

玄(かねてから夢だった『炎の湯煙おもち祭り』がついに……!!)

玄(さぁ……! さぁさぁカマン沢村さん!! 私と共にフィーバータイムへ……!)


一「あ、ちなみに。ジュン君とトモキーは夕食作るために先にあがったよ」

玄「モルスァッ!」ザパーンッ


玄「のぉぉぉぉぉぉぉ……」

ブクブクブク

一「……」

一(この人……ホント面白い……)

玄「ふひぃ……気持よかったぁ……」

一「でしょー」

玄「あ、男湯もあるんですね」

一「そっちはハギヨシさんとか男性の来客の方用。ちょうど今須賀くんが使ってるだろうね」

玄「ふ、ふーん……」


ヌッ

京太郎「あ、玄さん」

衣「善き哉……善き哉……」ホッコホッコ

京太郎「天江さん。牛乳とコーヒー牛乳、どっちがいいです?」

衣「牛乳!」


玄「え゛っ」

玄「ちょ、ちょっと京太郎くん! 今男湯から出て来なかった!?」

京太郎「えっ。 そうですけど……おかしいですか?」

玄「あ、いや……おかしくないか……」

衣「キョータロー。フタ取ってフタ」クイッ

京太郎「あ、はい。このフタ取りづらいですよね」

衣「楊枝でもあればいいんだが……」

玄「……ぃぃぃいいいいイヤイヤイヤイヤ!! おかしいでしょ!!? なんで天江さんと一緒に出てきてるの!!?」

一「?」

衣「?」

京太郎「?」キュポンッ

玄「なんで皆疑問形なのぉおおおおおおおお!!!」


玄「と、年頃の男の子と女の子が一緒にお風呂入るだなんて不健全だよぉ!!」

京太郎「背中流し合うだけですよ?」

衣「キョータローのシャンプー、心地いいんだぞ? 牛乳飲むか?」スッ

玄「知りませんよ!! 要りませんよ可愛いなぁ!!」

一「それじゃあまた明日ねー。おやすみー」

京太郎「はい、おやすみなさい」

透華「同志! 今日は一晩語り明かして……!」

衣「キョータロー。一緒に……」ギュウッ

京太郎「すいません。明日に備えるんで語り明かしも添い寝もできません」

透華「そう……ですの……」

衣「……ぶー……」


玄「……」


―20:00 来賓室


玄「全くもう……京太郎くんは……もう……!」プンスカ

京太郎「まだ怒ってるんですか?」

玄「怒るよそりゃあ! いくら慣れてるからって、この歳で一緒にお風呂とか……! そ、添い寝とか……」

京太郎「さっきも言いましたけど……俺、天江さんのことは妹とかそういう風にしか見えないんで別に変な間違いはありませんって」

玄「じゃ、じゃあ……透華さんとはお風呂一緒に入れる?」

京太郎「入れませんよ勿論」

玄「井上さん」

京太郎「入れません」

玄「さ、沢村さん」

京太郎「とんでもない」

玄「……国広さん」

京太郎「んー……。ギリギリ無理ですね」

玄「じゃ、じゃあ……私……」

京太郎「ハハッ、ご冗談を」

玄「うぐ……だ、だよねー……」


玄「……あっ!」

玄「じゃ、じゃあハギヨシさんとは!?」

京太郎「ハギヨシさんと? 入れますけど……」

玄「!!?」

玄「やっぱり京太郎くんはハギヨシさんのことが……」ブツブツ

京太郎「……あの……なんか勘違いしてません?」

玄「な、何を?」

京太郎「ハギヨシさんのこと……」

玄「え?」

玄「は、ハギヨシさんは京太郎の一番尊敬する人なんでしょ?」

京太郎「はい」

玄「炊事、洗濯、掃除、その他何から何まで出来てしまう超万能な【メイドさん】だって……」

京太郎「ストップ。そこか」

玄「?」

京太郎「……あの」


京太郎「ハギヨシさんは男性ですよ?」

玄「えっ」

京太郎「俺の理想とする男性像なんです」

玄「 」

玄「本当にすいませんでした……」

京太郎「い、いえいえ。俺の方こそ紛らわしい言い方しちゃって……」

玄「……」

玄(そっかぁ……ハギヨシさんは執事さんだったんだ……通りで……)


玄「あ、そうだ京太郎くん。……お昼前のこと……ごめんね?」

京太郎「? 何のことですか?」

玄「ほら、その……京太郎くんのこと無視しちゃったこと……」

京太郎「あぁ。別に気にしてませんよ」

京太郎(嘘だけど……)

玄「そ、そう?」

玄(気にしてもらえないのはそれはそれでなんかなぁ……)


京太郎(でも気にしてくれてたってことは……心配してくれてたんだな)

玄(……でも心配してないってことはそれだけ私のこと信用してくれてるってことだよね……)


京太郎・玄 *1 ホッ

京太郎「ところで玄さん。掃除中におもち波を感じましたがあれは……」

玄「あっ、そうそう! 見つけたんだよ……この龍門渕に潜むおもちを……!」

京太郎「沢村さんでしょう?」

玄「あれ?知ってたの?」

京太郎「井上さんは薄着だから分かりますし、天江さんと国広さんは見た目からしてですし、透華さんはアレですし」

京太郎「残ってるのは外見だけじゃ判断できない沢村さんだけですからね」

玄「……ふふ、いい推理です……流石ですね……『同志』」

京太郎「ふっ……。沢村さんのおもち力は?」

玄「ざっと見たところ……おもち力70という所かな……」

京太郎「そんなに……!」

玄「明日にでもスカウターを通して正確に調査する方針です。なにか異議は」

京太郎「ありません」

玄「はい。では、以上をもって第……第六回のおもち談義を終了します!」

京太郎「お疲れ様でした。……ちなみに、第五回です」

玄「はぅっ」

―翌日 11:00


サッサッサッ

京太郎「……こんなもんかな。 あまり掃除する機会のない屋根裏なのに、案外綺麗ですね」

一「そりゃね、出かける前に萩原さんがざっと掃除していったもの」

京太郎「ざっとでこのレベル、ですか……流石はハギヨシさん……」

玄「むっ……」

玄(っと。ハギヨシさんは男の人。 なんでもないなんでもない……)


智紀「ポカリ……」スッ

玄「あ、どうも」

純「あー……あちぃあちぃ。 んぐっんぐっ……」

衣「うぁー……」ダラー

京太郎「あ、天江さん。 上脱げてますよ」クイッ

衣「ぉー……感謝感激……」

玄「はぁ……しっかしまぁ……」

京太郎「こうも暑いと……」

玄・京太郎「「水浴びでもしたくなる」」

玄「おっ」

京太郎「意見が合いましたね」

玄「でも……合ったところでそんなこと……」


一「水浴び! いいね」

玄・京太郎「「えっ」」

智紀「……屋内プール……」

純「あ、そっかぁ。そういやそんなんあったな」

衣「ぷーる! 泳ぎたい!」


玄「……ブルジョワってすごいね……」

京太郎「普通忘れませんよね……屋内プールがあることなんか……」

―屋内プール


京太郎「水着すら取り揃えている、ホント龍門渕ってすごい」

衣「キョータロー!」トテトテ

ギュッ

京太郎「おお、天江さ……うわぁ」

衣「似合うかー?」

京太郎「ええ、まぁ。 容姿相応……ですよ」

京太郎(……スク水て)


純「あー。涼しいー!」

京太郎(おお、競泳水着……らしいなぁ……)

智紀「……恥ずかしい……」

京太郎(沢村さんのパレオ! こりゃ似合う!)

一「なーんでプールのこと忘れてたんだろうねぇ」

京太郎「す、スリングショット!?」

玄「水着着たの今年初めてかも……」

京太郎「あ、玄さん」

玄「きょ、京太郎くん! ど、どう?似合うかな?」

京太郎「ああ、赤ビキニですか。まさにピッタリですね」

玄「ほ……ホント?」

京太郎「ええ。とても似合ってますよ」

玄「……」

玄「ふへへ」

京太郎「俺のほうはどうですか? 所謂普通のショートボクサーですけど」

玄「ふむふむ……。……う゛っ」


――
―――
――――

 玄(きょ……京太郎くんの……!)

 玄(マッパ!!!)パオーン

――――
―――
――


玄「……うぁ……」カァァ

京太郎「……?」

玄「……ッ」

プイッ

京太郎「あ、あれっ?」

透華「ちょ、ちょっとちょっとハジメ!! どうしてわたくしをプールに誘わないんです!!?」

一「ああ、来たんだ透華」

透華「わたくしだけ除け者扱いしないで頂けません!?」

一「いや、そういうつもりじゃなくて」

純「透華、お前泳げねえだろ」

透華「う゛っ……」

透華「う、海は泳ぐだけが楽しみじゃないですわ!!」

純「これプールだから」

透華「ぐぬぅ……」


玄「さーわーむーらーさんっ」ヌッ

智紀「ひっ……な、何……そのメガネ……」

玄「気にせず気にせず。 ……ところでぇ……むふっ……ひ、日焼け止めでも塗りましょうかぁ?」ワキワキワキワキ

智紀「え、遠慮する……。 ……いや……来ないで……!」


キャー

衣「旅?」チャポチャポ

京太郎「はい。玄さんと一緒に全国を回ってるんです」

衣「旅か……。衣も行ってみたい……」

京太郎「疲れますよ? 朝はやくに支度して、長い時間歩いて、長い時間電車に乗って、その間に一日の予定と泊まり先を決定して。てんてこ舞いです」

衣「それでも、キョータローとクロは続けているのだろう? それは何故だ?」

京太郎「んっ……。 ……そりゃまあ、やっぱ楽しいからですかね」

衣「……そっかぁ……楽しいのかぁ……」


衣「なあ……キョータロー……」

京太郎「はい?」

衣「……衣も……キョータローと一緒に……」

京太郎「……」

衣「……」

京太郎「……」

衣「すぅ……」

京太郎「疲れちゃったか。 ……よっと」グイッ

一「あれ? 衣は?」ズイッ

京太郎「うわっ……あ、はい。疲れて眠ってしまったようなので部屋の方に」

一「ん、ありがと」

純「おーい須賀ー! 100mで勝負しようぜー!」

智紀「……ッ……ッ」ブルブル


透華「ですから!!アナタはツルペタというものを最初から否定しているから!!」

玄「それはそちらもそうじゃないですか! 大体ツルペタっていうのは未成熟な証拠でして!!」

透華「なんですってぇ!!? 無駄に垂れ落ちる皮下脂肪の何がいいのやら!!!」

玄「ムキー!」 透華「ウキャー!」


京太郎「……」

京太郎「……ハハッ」


純「おーい!須賀ー!」

京太郎「あ、はーい! ただいまー!!」

―――
――


―15:00

京太郎「っと、もうこんな時間か。そろそろ御暇します、透華さん」

透華「えっ……ま、まだお昼ですわよ?」

京太郎「次の目的地が大阪なんですよ。そろそろ出ないと今日中にあっちに着きませんので」

透華「そう……ですか……。でしたら……ハジメッ」

一「うんっ。 二人共今日までお疲れ様っ。 はいっ、バイト代だよ」スッ

ドスッ

玄・京太郎「「 」」


京太郎「……これ……バイト代ですか? 一桁違くありません?」

玄「何この厚み……私のおサイフより厚い……」

一「? ちゃんと萩原さんから受け取ったものだけど?」

京太郎「は、ハギヨシさん……」

京太郎(今日知った……あの人の唯一の弱点……)

京太郎(万能な執事に見えるハギヨシさんでも……)

京太郎(『金銭感覚が無い』……のか……っ!)


京太郎「くっ……!」ブルブル

透華「ど、どうなされましたの? もしかしてこれでは足りませんか!?」

玄「いやいやいや!! 逆です! 足り過ぎですよ!」

京太郎「……これの1/8で結構です……」スッ

純「あ? こんなんでいいのか? もっと持ってっていいんだぜ?」

智紀「……」コクリ


玄・京太郎 *2

一「……結局、萩原さんとは会えなかったね」

京太郎「別にいいですよ。この旅が終わったら挨拶に来ますし」

透華「衣は? 起こさなくていいんですの?」

玄「寝てる子を起こすだなんて野暮なことしませんよ。寝る子は育つって言いますし」

純「同い年だけどな。アンタと」


京太郎「……それでは」

玄「皆さん!」


玄・京太郎「「お世話になりました!!」」


智紀「……お、お気をつけて……」

透華「今度こそ語り明かしましょう! 同志ー!!」

純「怪我すんなよー」

一「寒い格好して風邪引かないようにねー」


玄・京太郎「「さよーならー!!」」


―――
――

京太郎「奈良のお嬢様校、龍門渕……のお宅」

玄「広くて豪華で……色んな意味で圧倒されちゃったね」

京太郎「ホント。何度来ても新鮮でしょうねきっと」




玄「それにしても……今回は色々と勉強になったなぁ」

京太郎「何がですか?」

玄「…………」

玄「……京太郎くん」


玄「ちっちゃい胸も……意外と……悪くないかもね」

京太郎「ほぅ?」

京太郎「玄さん、あれだけツルペタは悪だーって言ってたじゃないですか」

玄「ん……ま、まぁね……」

京太郎(透華さんにあてられたか……)

京太郎「まぁ、視野が広がることはプラスにはなってもマイナスじゃないですからね。いいと思いますよ」

玄「そ、そう? あっ、でも私が本当に好きなのはおもちだよ! それだけは絶対変わらないからね!!」

京太郎「わかってますって。 さぁ、ちょうど電車も来ましたし。 行きましょう、玄さん」

玄「うん!」



衣「zzz……」



京太郎「……」

玄「……」

京太郎「………」

玄「………………」


玄・京太郎「「何故居る!?」」

京太郎「ちょ、玄さん! 指定席会ってますよね!?」

玄「ま、間違いないよ! 私たちの席……この子の真向かい……だよ……」

京太郎「ど、どうして天江さんがここに……。 あ、天江さん! 天江さん!」ユサユサ

衣「んぅ……。 ふぁ……?」

衣「あぁ……キョータロー……クロ……!」

京太郎「あ、天江さん……どうしてここに?」

衣「ん……あ……。 あの……」モジモジ

衣「キョータロー、クロ。これ……ハギヨシから……」スッ

玄「手紙……?」スッ


―松実さん、京太郎君へ


  可愛い子には旅をさせよ。


            ―ハギヨシ

玄「こ、これだけ!?」

衣「それと……これ……透華から」ズシッ

京太郎「こ……これ……俺達が貰うの拒否したバイト代……」ズシッ



京太郎「つ、つまり……」

玄「まさか……!」

衣「あぅ……その……」モジモジ


衣「こ……衣を旅に同伴させて!!」

衣「……くだ……さい……」モジモジ


京太郎「!!」ガビーン

玄「!!」キラキラ


―――
――








――― 関東最後のバイト先、龍門渕を去ったおもちマイスター玄と弟子の京太郎―――





――― 新たな旅仲間。衣が増え、新鮮な気持ちで関西へ向かう ―――






――― 物語も次で半分に差し掛かろうという所。 この先3人に、一体どんなおもちが待っているのか―――









―― 続く


名前:
コメント: