京太郎「チクショウ…誰得コレ…」ブツブツ

咲「だ、大丈夫!似合ってるよ!可愛いよ!」アセアセ

京太郎「男にそれを言うなよ咲…」

優希「でもなぁ実際似合っちゃってるし」

和「身長があるおかげでスタイルも良く見えますし」

まこ「京太郎、一遍うちでメイド服着てバイトせんか?」

京太郎「これ以上俺の醜態を広まらせようとしないでくださいよ!」

優希「…染谷先輩の目が本気になってるじょ」

和「女装って……流石に厳しいものがあるのでは?」

まこ「じゃっども、この似合い様なら問題なかろうと思わんか?

咲「たしかに。背の高い女の人は居ますもんね」

京太郎「咲ぃ!?何言ってんだお前ぇぇ!!」

優希「ならいっそのこと性別逆転してみるじぇ!」

まこ「逆転…か。イケるかも知れんな」

京太郎「染谷先輩も何言ってんですか!ふざけないでくださいよ!!」

和「つまり男装して女装するんですよね?」

まこ「なんじゃ、和は興味津々なのか?」

和「ち、違いますよっ!だいたい私が男装だなんて…」

咲「そうかな?和ちゃんも似合うと思うけど」

優希「そう言う咲ちゃんも中々似合いそうな予感が…」

和「でしたらゆーきも男装するんですよ?」

優希「なぬっ?!私はお客として行けないのかのどちゃん?!」

京太郎「死なば諸共だ優希……俺だけ辱めを受けるだなんて許さねぇから」ガシッ

優希「きょ…京太郎…目が怖いじょ…」ダラダラ

京太郎「もちろん染谷先輩もですから」

まこ「わしか?…まあ構わんが……」

和「結局全員で染谷先輩のところでアルバイトですか」

咲「まあまあ。楽しそうだしやってみようよ」

和「ええ…。ゆーきが心配ですし今回は割り切ります」

京太郎「そうと決まればさっさと行こうぜ!俺は先に行ってるからな!」ガタッ

 

 

 

 

咲「あ、京ちゃんカツラ取れたよ!!」

優希「咲ちゃん。それはウィッグだじょ」