淡「と~ちゃ~っく!」シュタ

京太郎「なんでそんなに電車降りるのが早いんだよ」

淡「ほらキョータローも!早くー」

京太郎「はいはい、気持ちは判らなくもないけど少し落ち着けって」

京太郎「痛いくらいにはしゃぎ過ぎだぞ」

淡「で、でもインハイだよ?!全国なんだよ?!東京だよ?!」ガタッ

京太郎「何言ってんだこの東京代表校生…」

淡「良いから早く会場行こうよ!」

京太郎「先輩たちを待とうとは思わないのかよ…」

淡「テルーは心配だけど他の先輩が居るからだいじょーぶ♪」ブイッ

京太郎「さいで。俺はお前が心配でならないんだけどな」

淡「むぅ~キョータローは一々言葉が多い…」

京太郎「事実だろ?」

淡「でもでもっ!私達はかる~い荷物で………あっ」

京太郎「おまっ!先輩を荷物って言うなよ…」

淡「ああ、あのさキョータロー…」カタカタカタ

京太郎「なんだ?お菓子なら俺のかばんに入ってるけど」

淡「最初に言うけどその…怒らないでね?」

京太郎「不安を煽ることを言わないでくれ……で、本題は?」

淡「あのね、電車の中に忘れちゃったんだ…」

京太郎「………は?」

淡「バスに乗る前に気付いて良かったね?」アハハ…

京太郎「ちょい待ちちょい待ち!何を忘れたんだ!?」

淡「その……着替えとかの入ったかばん…です」

京太郎「はぁぁああ!!?普通忘れるかそれぇ!?」

淡「あわっ!?ごめんなさーい!」

カンッ!