先生 「それじゃあこの問題を須賀…」

京太郎 「スースー 」

先生 「はぁ、すまんが宮永、須賀を起こしてやってくれないか」

咲 「あ、は、はい」

咲 「ちょっと京ちゃん、授業中だよ」

京太郎 「うーん、あと五分」

咲 「もう、京ちゃんってば!」

京太郎 「ん、ふぁぁ、なんだよ咲?」

咲 「なんだよ、じゃないよ、今は授業中なんだから……」
周り 「京ちゃん?」
周り 「へー宮永さんと須賀君ってそういう関係なんだ」
周り 「そういやよく一緒に飯食ってるとこみるな」

咲 「へ⁉あ、えっ、えっと…」

先生 「静かにしろお前ら、あー宮永、もう高校生だしそういうのも構わんが、程々にしておけよ」

咲 「いや、だからその…ちがっ…」

京太郎 「??、なんか騒がしいな」