【清澄幼稚園1】

 

きょうたろう「さーきーっ」テテテテ

咲「あ、京ちゃん!」

きょうたろう「もーだめだろ?かってにどっかいったら」プンプン

咲「……ご、ごめんなさい」

きょうたろう「のどか先生が心配してたんだぞ?」

きょうたろう「ゆうき先生も『今日は遠足だ~っ』てはりきってたのにさ」プンプン

咲「…うん…ごめんね京ちゃん」

きょうたろう「わかればよろしい」フンス

咲「じゃあ一緒に皆のところに戻ろっか?」

きょうたろう「そうだな。じゃあ手、だして」

咲「どうしてなの?」

きょうたろう「だってさきはこうしないとまた迷子になっちゃうだろ?」

きょうたろう「だからおれと手をつなぐの!」

咲(なんだか複雑な気分だよ…)

咲「わかった…それじゃあ手を繋ごっか?」ギュッ

きょうたろう「おう!もうまいごになんてなるなよ?」

咲「ん~。それは京ちゃんのエスコート次第かな?」ニコッ

きょうたろう「なんだよそれ~」ケラケラ

咲「とーにーかーく!頼りにしてるよ?」

きょうたろう「わかったわかった。おれがつれてってやるよ」ドヤァ

咲「わー、頼もしいー(棒)」

きょうたろう「へへーん♪」

 

咲編カンッ!