……

京太郎「あ、そろそろ旅館に戻らないと…」

灼「そっか」

おばあちゃん「また松実さんの所かい?」

京太郎「はい。前回と同じ…って、あー松実さんって」

灼「うん、玄の所だよ」

おばあちゃん「道分かるかい?」

憧「あ!あたしが送って行くから大丈夫!」ハイ!

灼「よろしくね」

おばあちゃん「灼も行ってきていいよ」

灼「店番あるし、おばあちゃんは休憩でしょ」

おばあちゃん「少しぐらいいいのに」

灼「だめだよ!おばあちゃんは休んでて」

京太郎「やっぱりしっかりしてて優しいですよね。昔のままだ」

灼「べ、べつに…普通だよ」

おばあちゃん「良い子でしょう?ちょっと愛想が無いけど」

灼「一言余計だよ…」

おばあちゃん「あー早くお婿さんでも貰ってくれると安心なんだけどねえ」チラッチラッ

灼「おばあちゃん!」

憧「…」ムムッ

京太郎「はは、灼さんならすぐに良い人が見つかりますって!」

灼「…」

おばあちゃん「おやおや」フフフ

憧「ほ、ほら、はやくはやく!」

京太郎「あいよ~。んじゃ、そろそろ帰ります」

おばあちゃん「はいはい、またおいで」

京太郎「はい、また明日!」

---------

~帰り道~

憧「明日のことだけどさ。時間どうする?」

京太郎「うーん、まあ一日中暇だから、任せるよ」

憧「じゃあ午前中からで!」

穏乃「えー部活はー?」

京太郎「え、部活あるの?」

穏乃「あるよ」

憧「ないよ」

京太郎(どっち…?)

京太郎「部活あるなら後回しでもいいぞ?」

憧「でもケータイないと不便でしょ?」

京太郎「まあ、ちょっとな…」

穏乃(私のせいでもあるからな…)

京太郎「でも、無ければ無いでテキトーにそこらへんブラブラ…」

穏乃「やっぱり部活なかった!」

京太郎「そ、そーか?」

憧(しず!でかした!)

……

穏乃「じゃ、10時ごろに迎えに来るね!」

憧「は?ちょっと、あんたは部活行きなさいよ!」


穏乃「えっ」

京太郎「えっ」


穏乃「どうせなら私も遊びたいよ!」

憧「さっき察したんだから色々察しなさいよ!」

穏乃「でも滅多に会えないんだしー…」

憧「だからこそ気を使ってー…」


 ヤイノヤイノ


京太郎「や、やっぱり部活あんの…?」


穏乃・憧「ないよ!」


京太郎「お、おう…」

※穏乃は部活後に合流するという事になったようです。
---------

~某旅館~

憧「ついたよー」

京太郎「おーサンキュー」

玄「いらっしゃ…あ」

宥「あ」

穏乃「こんにちはー!」

憧「お昼ぶり~」

京太郎「こんにちは~」

玄「須賀君、やっぱり来てたのですねー?」

京太郎「へ?知ってたんですか?」

宥「宿帳に書いてあったからねー」

京太郎「むむ、なるほど…」

玄「ということはやっぱりそうなのかな?」

宥「きっとそうだよー」

憧「なになに?何の話?」


玄・宥「憧ちゃんと須賀君、結婚したんでしょ?」


憧「えっ」

穏乃「えっ」

京太郎「えっ」


憧「し、してないから!///」

京太郎「つーか、俺まだ結婚できる歳じゃないんですが…」

穏乃「尾ひれが成長してるね…」

……

玄「えーじゃあただのデマ?」

穏乃「そうです」

宥「えー残念だなあ」

憧「どうしてこうなった」

京太郎「憧が不用意なこと言うからだろ…」

宥「もういっそ結婚しちゃえばいいのに」

京太郎「なんでやねん…」

憧「///」

宥「結構お似合いじゃないかなー?」

京太郎「いやいや、ないでしょ」

憧「…」ムッ

京太郎「つーか、なんで結婚させたいんですか?」

宥「えーだって、あったかい気持ちになれるからー」

京太郎「そんな理由…?」

……

憧「じゃ、京くん、また明日ね!」

穏乃「バイバーイ!」

京太郎「おーまたなー!」


玄「それでは、夕食は一時間後になりますので!」

宥「ごゆっくり御寛ぎ下さい」

京太郎「はーい」

京太郎(結構時間余裕あったな)

京太郎(もう少し遊んでくればよかったかな)

京太郎(まーいいや、一旦部屋に戻ろう)

---------

~須賀部屋~

京太郎「ただいまー」

京父「おー、京太郎~♪」

京太郎「ん?」

京父「聞けよ聞けよ♪」

京太郎「なんだよ気持ち悪い」ピッピッピ

京父「ここの娘さん、マジで美人姉妹だったぞ~♪」

京太郎「あー知ってる」prrrrr

京父「しかも、あの歳で結構良い物をおもちだぞ~♪」ワキワキ

京太郎「それも知ってる」

京父「お酌してくれないかな~♪」

京太郎「ないだろ」

京父「お酌したとき、むにゅってならないかな~♪」ムニュッテ

京太郎「やめろよスケベジジイ」

京父「でへへ~♪」

京太郎「…」
京父「ん?なんで俺のケータイいじってるんだ?」

京太郎「俺が来た理由の半分は、かーさんから親父の監視を頼まれたからなんだよ」

京父「えっ」

京太郎「ケータイ、かーさんに繋がってるよ」


『ハンズフリーでね…』ゴゴゴゴゴゴ


京父「えっ」


『…』ゴゴゴゴゴゴ


京父「」


『…』ゴゴゴゴゴゴ


京父「…」ダラダラ


京太郎「じゃー風呂入ってくるわー」スタスタ

バタン


「ち、違うんだああああああ!」

---------

~大浴場~

 カポーン

京太郎「かーさんの手前。ああは言ったけど」

京太郎「おもちは大きいほうがいいよなぁ~」ウヘヘ

京太郎「むにゅってむにゅって」ヘヘヘ

玄「ほうほう、なにやら楽しそうですな~」

京太郎「えっ」

玄「私もおもちは大きいほうが好みなのです!」

京太郎「えーっ!」

京太郎(どこだ!どこから聞こえた!混浴かここはっ!)キョロキョロ

京太郎(集中しろ!目を凝らせ!京太郎!)ググッ

京太郎(あのシルエットは!居た!)

京太郎「えっ」

京太郎(普通に服着てるし)

宥「タオルの交換に来ました~」

京太郎「また…騙された…」ズーン

宥(なにがだろう?)

玄「お、須賀くん、意外に逞しいですね~」

京太郎「ちょっ…さすがにジロジロ見られると恥ずかしいんですけど…///」

宥「大丈夫だよー。私たち慣れてるから」

京太郎「そうは言っても…///」


京太郎「えっち///」


宥「…」

玄「…」

京太郎「…」


宥「もうすぐ夕飯の準備が出来ますので、お早めに」ニコッ

京太郎(営業スマイルが心に刺さる…)


 そんなこんなで

---------

望「憧、ちょっとそこに座りなさい」

憧「ひぇぇぇ…」

---------

京母『あなた、3ヶ月間お小遣い抜きだからね!』

京父「ふぁい…」

---------


 それぞれの夜は更けていきましたとさ
 

つづく