胡桃「で、この問題はね、前のページに乗ってたこの公式を使えば――」

京太郎「……はぃ…」ボーッ

京太郎(あ、やばい…鹿倉先輩の体温が良い感じに暖かくて眠気が…)ウツラウツラ

胡桃「あと次の問題なんだけど、これは二年生になったら簡単な解法を習うからまだ…」

京太郎(膝に座られるとクッションと言うか、抱きまくらというか…丁度良い……)

京太郎(それに朝方まで……ネト麻してたから…だめだ、もう…寝る…)

京太郎「……」

胡桃「あの…須賀くん、聞いてる?」

京太郎「……zzz…zzz」

胡桃「なんでこの状況で寝られるのよ……」

胡桃「ほら起きなさい!まだ部活中っ!」グイグイ

京太郎「……zzz」ポフッ

胡桃「ちょっ!頭に顎を置かないのっ!」

胡桃「あーもうっ!グリグリするなーっ!!」

京太郎「………ぅん…」モゾモゾ

胡桃「こらっ私は抱きまくらじゃない!離してっばぁ!」

 

 

豊音「ボッチじゃないよー」ニコニコ

白望「……流局狙お」

エイスリン「ムムム…モウトヨネニハ和了ラセナイヨ!」プンプン

塞「お、おっかけるどー」リーチ!

白望「……慣れないことはしないほうが良いよ?」

塞「………忘れてちょうだい」カァーッ

 


カンッ!