ーーー試合終了。

咲「やった…勝ったんだ。お姉ちゃんに」

咲「優勝したんだ!」

和「やりましたね!咲さん!」

優希「私がいるんだから当然のけっかだじぇ」

和「こら!優希!」

咲「まあまあ、和ちゃん。今日くらいは許してあげなよ」

和「…わかりました」

優希「そうえば咲ちゃん、犬が呼んでたじょ」

咲「そうだ!京ちゃんにもこのこと教えないと…」

咲「行ってくるね、優希ちゃん」

優希「リア充爆発しろだじぇ!」

ーーー廊下

咲「あれ?ここどこ?」

???「…」

咲「うぁ」ドン

???「きゃっ!」

咲「すいません。大丈夫ですか…って部長」

久「咲…調度良かった。あなたに話があるの」

咲「話?」

久「須賀君のことよ」

咲「京ちゃんについて?」

久「えぇ、彼。少し変だと思わない?」

咲「何がですか?」

久「須賀君は対戦相手について知りすぎているのよ」

咲「偵察は京ちゃんにやらせてますし、当たり前なんじゃ…」

久「例えば、阿知賀女子の松実宥さん。彼女が極度の寒がりなんて私達は会うまで知らなかったわ」

久「でもね、須賀君は知ってたのよ。彼女に会ったこともないのに」

咲「そんなの、雑誌とかに載ってますよ」

久「他にも、咲。あなたが道に迷った時。彼はあらかじめあなたがどこに行ったか知っているようだったわ」

咲「部長…一体何が言いたいんですか」

久「つまり須賀君は未来人の可能性があるってことよ」ドヤァ

咲「ばかばかしい、部長。急いでいるので失礼します」

久「もしそうだったら…超エキサイティング!」

咲「うーん、ここどこ?」

京太郎「おーい咲!」

咲「京ちゃん!」

咲「うあっ…」コケ

京太郎「…咲ごめん」バン

咲「えっ?京ちゃん何で押すの!?」

京太郎「じゃあな…咲」

 

プオーーーーン!!

ドカン!キキッーー

京太郎「がはぁ…」

咲「京ちゃーん!!」

京太郎「よかっ…た咲……ぶ、じだったか」

咲「何で…何で…」

京太郎「99万9998回目にしてやっと16回目、成功が…」

咲「何で…な、んで…」

京太郎「泣く…な咲、俺…はこれでま、ん足だ…」

咲「とうして…」

京太郎「咲…百万回生きたねこって、知ってるか…?」

咲「知ってるけど、それがなんなの!」

京太郎「あの…猫はな飼い主に不幸を与えるんだ…いつだって…さ」

京太郎「俺は猫だった、飼い主を何度も目の前で失った…だからさ…」

咲「京ちゃんもう喋らないで…血が…血が…」

京太郎「大…丈夫、また…会えるよ」

京太郎「咲…愛し…て………」

咲「京ちゃーーーん!!」

 


RE:999999

京太郎「…朝か。」

京太郎「咲…また会える日が楽しみだな」

京太郎「もっとも…あいつは覚えて無いだろうけど」

京太郎「99万9999回目のスタートか…」

「京太郎ー、起きなさーい」

京太郎「さて!今回も一生頑張るか!」