咲「これから、お姉ちゃんと打つのかな…緊張する」

京太郎「よっ!咲、暇が?」

咲「…」

京太郎「おーい」

咲「…」

京太郎「こら」

咲「あう」

京太郎「どうせ緊張してんだろうと思ってほら、お茶買ってきてやったぞ」

咲「あ、ありがとう。私お姉ちゃんに勝てるか心配で…」

京太郎「心配すんなよ咲、お前なら大丈夫ー。それより、緊張してたら憧れのお姉ちゃんには勝てないぞー」

咲「そうだね。私がお姉ちゃんに勝つっていったって…信じられないよね」

京太郎「…俺は信じるぜ、何千回でも何万回でもお前のこと」

咲「京ちゃん…」

京太郎「ほら、行ってこい。今回もいい知らせ…待ってるぜ」

咲「うん」

 

咲「京ちゃんがみんなが私を信じてくれてるんだ」

咲「負けないよ、お姉ちゃん」

 


つづく