越谷女子の浅見花子で

花子「オイコラ、おせーぞ須賀!早くついて来い!」

京太郎「ちょ、待ってくださいよ先輩!そんなに急がなくても物は逃げたりしませんって!」

花子「いーや、んなこたないね、まごこ?だってへーは神速をなんとやらって言ってたからな!」

京太郎「孫子です、それと兵は神速を尊ぶですし、それは孫子じゃないですから、無理に賢いこと言おうとしないでいいですから。」

花子「うっせーな!知ってたし!最初から知ってたし!アタシはバカじゃねーし!」

京太郎「いやそこまでムキになんないでくださいよ、それより何買いに行くんです?買い物行くぞ!って言われただけなんでわかんないですけど。」

花子「あー、いってなかったっけ?ニット帽だニット帽、それとアクセサリー。」

京太郎「あー、第三者の意見が欲しい的なアレですかね、似合うの選んで欲しい的な。」

花子「いや、買うもんはもう決まってっし、ニットはすでにあっから、そういうんじゃねーから。」

京太郎「じゃあなんで俺呼ばれたんすか!?」

花子「ほいよ、やる。」

京太郎「って、袋?」

花子「それやるよ、開けてみ。」

京太郎「っと、これは先輩のニット帽じゃないですか、貰っていいんですか?」

花子「おう、やる、つーか受け取れ、新品だから安心しな。」

京太郎「えっと……、ありがとうございます、でもどうして?」

花子「いやーそろそろアタシ卒業すんじゃん?だから後輩へのプレゼント的な?」

京太郎「なるほど、早速かぶってみてもいいっすかね?」

花子「おお、かぶれかぶれ、うんうん、似あってんじゃねーか。」

京太郎「いいですね、このニット帽、なんかすっごいしっくりきますよ、というかペアルックですよね、これ。」

花子「そういやそうだな!よし、腕でも組んで歩くか~?須賀ぁ~?」

京太郎「いいですね、それ、それでは失礼して。」

花子「お、ちょ、須賀!」

京太郎「それで次はどこですか先輩、案内してください。」

花子「~~~!、こっちだよコンニャロー!」

京太郎「って先輩!走らないでくださいって!コケますって!」

花子「うるせーぞ"京太郎"!今日は一日中引っ張り回してやっからな!」

カン