……

※屋根から降りてきた

憧「見た?」

京太郎「な、なにが?」

憧「スカートの中」

京太郎「み、見てない…」

憧「本当に?」

京太郎「悲鳴聞くまで存在にすら気付かなかったなー!」

憧(悲鳴の前に目が合った気がするんだけど…?)

憧「…」ジトー

京太郎「…」ダラダラ

憧「はぁ、見られないで良かった…。今はいてないから」

京太郎「えっ!でもピンク…」

憧「ん?ピンク?」ニコニコ

京太郎「…」

憧「…」ニコニコ

京太郎「…」


憧「はいてないのは嘘だけどさ。マヌケは見つかったようね…」ゴゴゴゴ


京太郎「はっ!」ビクッ


……

京太郎「サーセンッシタ…」ヒリヒリ

憧「ま、いいわ、あたしも不注意だったし」

京太郎(じゃあぶつなよ…)

憧「で、でさ、なんで京くんがここにいるの?」

憧「まさか、あたしに逢いに…?///」

京太郎「いや、違うけど。憧がここにいるなんて知らなかったし」

憧「ですよねー…」

京太郎「いやあ、昔ここに来た事あってさ」

憧「へぇ」

京太郎「十年ちょい前かな?祭りの日にここの社の上に登った事があって」

憧「えっ」

憧「じゃあ、あの時の忍者君って、もしかして…」

京太郎「へ?忍者?」

憧(う、運命…?///)

京太郎「つーか、憧こそなんでこんな所に居るんだ?」

憧「え、だってあたしここに住んでるから」

京太郎「へ?」

京太郎「この神社に?」

憧「うん」

京太郎「住んでるの?」

憧「そうだよ」

京太郎「…」


京太郎「ホームレス女子高生…?」


憧「ぶつよ?」


……

京太郎「え、じゃあここの神社の娘さんってこと?」

憧「そうだけど?」

京太郎「なんか見た目が全然神社の娘っぽくねーな」

憧「うっさいなぁ…」

京太郎「ふむ…じゃあもしかして、昔一緒にここの上に登ったのって」

憧「多分あたしだよ。あれでしょ?迷子になってて、上からナントカちゃんを探してた」

京太郎「そうそう!まあ、迷子じゃなくってちょっとはぐれただけだけどな」

憧「そこ、こだわるんだ…」


……

憧「で、でも、なんか運命感じちゃうよねー///」

京太郎「そうだな。偶然ってあるものなんだなあ」

憧(む。そういえば、灼も昔会ったとか言ってたような…)

京太郎「そういや、昔お世話になった人が居てさ」

憧「!」

京太郎「是非会いたいと思ってるんだけど」

憧「…」

京太郎「ここら辺にボウリン」

憧「あ、あのさ!」アワワ…

京太郎「グ…?」

憧(えーっと、えーっと!)

京太郎「どしたー?」

憧(そうだ!)ピコーン


憧「暇だったら温泉行かない!?」

京太郎「へ?温泉?」

憧「うん、混浴だよっ!」

京太郎「こ、混浴…?」ゴクリ…

憧「うん」

京太郎「どーせあれだろ?おばあちゃんしかいないとかそういうオチだろ?」

憧「若い人も結構居るよ?」

京太郎「マジで!」

憧「うん、あたしも入るし…///」

京太郎「憧も…?」

憧「うん」

京太郎「あ、あれだろ?水着着用とかそういうオチだろ?水着なんか持ってきて無いし…」

憧「水着着てる人なんて見たこと無いけど…」

京太郎「え、マジか…」

憧「うん、それに玄とか宥姉もたまに来るよ」

京太郎「…」ゴクリ

憧「行かない?」

京太郎「行く」


 そういうことになった




~道中~

憧「ここの道をちょっと行くと到着だよ」

京太郎「おう」ワクワクテカテカ

憧「うわわ!」ズルッ

京太郎「うおっと」ガシッ

京太郎「あぶなかったなー」

憧「あ、ありがとう…///」ドキドキ

モブ代「あら、憧ちゃんじゃないの。こんにちは」

憧「あ、O山さん、こんにちは」

モブ代「おや、こちらは見ない顔だねえ?」

モブ代(って、抱きついてるー!)キュピーン

モブ代「憧ちゃんの彼氏かい!?」

京太郎「いや、ちが…」

憧(いたずらしちゃえ♪)ニヤッ

憧「そうでーす♪」ギュッ

京太郎「お、おい…」

憧「なーん…」


モブ代「あらあらそうなのー!」

モブ代「ついに憧ちゃんにも彼氏がねー!」

モブ代「もうお年頃ですものねー!」

モブ代「じゃあ若い二人を邪魔するわけにはいかないわよねー!」

モブ代「おばさんは退散するわねー!」ウフフフ

 ダバダバダバ


憧「ちゃって♪」

憧「…あ、あれ?」モーイナイ

京太郎「あれ、まずいんじゃないのか?」

憧「…」

憧「ま、まあ大丈夫でしょ…」タブン…



~温泉~

 カポーン

憧「湯加減どう?」ヌギヌギ

京太郎「おーちょうどいいぞー」

憧「じゃあ、あたしも入るね」

京太郎「おーう」

 チャプ

憧「ふー」

京太郎「…」

憧「…」

京太郎「…」

憧「あったかいねー」

京太郎「おう…」

憧「…」

京太郎「…」

憧「あのさ…。こんな美少女と混浴してるんだから、もっと喜んでよ」

京太郎「わーいうれしーなー」

憧「もう、感情こもってないなあ」

京太郎「…」

憧「…」

京太郎「ていうかこれってさ…」


京太郎「足湯じゃねーかー!」ネーカー!ネーカー!


……

京太郎「よくもだましたアアアア!!だましてくれたなアアアアア!!」

憧「てへっ♪」

京太郎「大体、最初のカポーンはなんだ!桶なんてないぞ!なんの効果音だ!」

憧「フェイク?」

京太郎「くそ~!そりゃ足湯じゃ水着なんて着ないわな!チクショウ!」

憧「何も嘘はついてないでしょ♪」

京太郎「はぁ…そっすね…」

憧「…」

京太郎「…」

憧「えいっ」バシャ

京太郎「わぶっ」

憧「えへへ」

京太郎「やったな!」バシャバシャ

憧「キャッ」


 キャッキャ アハハー ウフフー ←周囲から見た様子


通りすがりの老人1「若いもんはええのう」

通りすがりの老人2「ほんにのう」


……

 カタッ

憧「ん?」

京太郎「うりぃぃ」バシャバシャ

憧「あ!京くんストップストップ!」

京太郎「なんだ?降参か?」

憧「いや、ケータイ落ちたよ」

京太郎「へ?」キョロキョロ

京太郎「うお、あっぶねー水辺ギリギリだ!」

憧「あぶなかったねー」

京太郎「おう、ありがとう」

憧「いえいえ」

京太郎「落ちそう落ちそう…慎重に…慎重に…」


 メールガキタヨー

 ヴヴヴヴヴ

 カタタタタ…

 ポチャ

 メールガボガボガボ


京太郎「」

憧「」


京太郎「うわああああああ!!」


つづく