前が見えない。

視界が暗い。

ここは、一体何処なのだろうか?

??「あ、起きたよ、テルー」

この声ーー、

京太郎「淡?」

淡「いえーす」

京太郎「淡、ここはどこだ、つうか、一体何してるんだ!?」

ふふ、という声が聞こえる。

淡「んーとねー、それは」

??「秘密」

もう一つの声。

おそらくは、

京太郎「照さん……」

照「良い格好だね、京ちゃん」

京太郎「あの、悪ふざけはよしてもらえませんか?」

照「残念だけど本気だよ?」

衣擦れの、音。

一体、何が、何が起きるというのだ。


淡「じゃあ、まずは私からーー!」

京太郎「んぐぅ!?」

そして、何かが押し付けられた。

それは温く、少し湿っている。

淡「ほら~、もっと舌を動かして」

京太郎「~~~~!?」

頭を抱えられるように、抱き締められた。

もはや思考は放棄され、言われるがままに、舌を動かす。

淡「あ、ん、くすぐった。ぁは、巧いね京太郎」

淡が、何かを言っているがもう、何も聞こえない。


ただ、とにかく舌を、口を動かす。

淡「あ、ぁあ、はぁ、んあ、あぅ」

段々と息が荒くなっていき、

ーーしかしそれは終わった。

淡「はふぅ、京太郎のヘ・ン・タ・イ」

クスクスと嘲笑の笑いが聞こえた。

照「休んでる暇はないよ」

また、同じように口に含まされる。

照「舐めて」

所詮、俺に選択権はない。

ただ舐める。



照「ーーーーーーーーあ、う」

舌を加速させ、

淡「はい、ストォップ」

しかし中断。

耳元に吐息。

淡「ねぇ京太郎」

それはなぶるように、

淡「どっちが良かった?」

ねぶるように、

淡「テルーと私のおっぱい」

囁かれる。

淡「あんなに必死に吸ってたもんね」

わざとらしく耳に息が吹かれながら、

淡「犬みたいに、ね」


けど、と、

照「足りないでしょう? もっとほしいでしょう?」

だから、と、

照「言ってみてよ」

答えを、

照「私と淡のおっぱい。どっちが美味しかった?」

もう、俺は堕ちていくのだろう。

淡「京太郎」

照「京太郎」

ねえ、

ーーどっち?

俺は堕ちていく。

だが、それも構わない。

そう思っている。