京太郎「…」チラッ

和「…」カタカタ

春「…」ポリポリ


淡「…ねえねえ、咲ー」

咲「なに、大星さん?」

淡「京太郎って巨乳が好きなの?」

咲「ゴホッ!」

淡「わわ、大丈夫!?」

咲「へ、平気…なんでわか、じゃなくて、どうして?」ゴホゴホ

淡「あ、やっぱりそうなんだ。だって、さっきから和とハルのおっぱいチラ見してるから…」

咲(京ちゃんたらもう…)

優希「そうそう。あいつはどうしようもないおっぱい星人なんだじぇ」

泉・穏乃「その話、詳しく!」

憧(私はまだあるわよね、うん)


優希「……とまあ今までの言動から巨乳好きなのは間違いないじぇ」

泉「…あんな重そうなん無くてかまへんもん」

淡「うん、肩こるらしいし別にいらないけど…これじゃ私たち、不利だよね」

穏乃「不利?」

淡「少なくとも、二人には胸で負けてるわけでしょ?京太郎の好み的に」

咲・優希・泉・穏乃「!」ガーーン

憧「……流石にあそこまでは無理かな」


優希「でも、咲ちゃんや淡ちゃんはまだあるからいいじぇ…」ズーン

穏乃「私たち3人さ…」ズーン

泉「ものの見事にぺったんこやな…」ズーン

淡「あれ、予想以上の落ち込み方…」

憧「自分で振っといて」


咲「そうだよね、少しはあるし、まだ育つよね、うん」

優希「今度乳製品使ったタコスを作ってもらうじぇ…」

泉「何が違うんや…同じ高1なのに…」

穏乃「せめて憧くらい…」

憧「暗いよ皆!もう、何とかして…って淡?」


淡「京太郎ー」ガバッ

京太郎「わっ、どうした急に?」

淡「なんでもないよ~」スリスリ

京太郎「あ、あのなあ。そう軽々しく抱きつくのは良くないと思うぞ、俺は」

淡「照れてる?」

京太郎「…そりゃまあ」

淡「ふふ、ちょっと嬉しい。…でも、まだ照れ度が足んないかな」

淡「だから…」←耳打ち

京太郎「?」

淡「京太郎がも~っと照れてくれるために、もっと大きくなるから。それまで待っててね♪」

京太郎「は?おま、それって…」

淡「京太郎のHー」

京太郎(見てたのか!?見られてたのか!?大きくなるってつまり俺の好みはそういうことで、だから~!?)

京太郎(バカか俺は!女子の目の前で!なぜ抑えることが出来なかったぁ~!!)

京太郎(何にしろ、メチャクチャ恥ずかしいぃぃぃ!!!)

京太郎「大きなお世話だコンチクショー////!!」

淡「ははは、京太郎顔真っ赤~!」



憧「アフターケアもせずに何してんのよも~~!!」


もいっこカン!