京太郎「お。珍しいな、部室に漫画が置いてある」

憧「ああそれ? あたしが今日クラスの子に借りたのよ」

京太郎「へー、面白いのか?」

憧「結構ね。半荘始まったばっかりだし、暇だったら読んでてもいいわよ?」

京太郎「少女漫画か……たまにはいいかもな。そうさせてもらうわ」

ペラ...ペラ...

京太郎「………………憧」

憧「なにー?」

京太郎「お前、この漫画もう読んだ?」

憧「へ? うん、読んだけど(半分くらい)」

京太郎「そうか……読んだのか……」

憧「……なによ?」

京太郎「なんと言うべきかな……こういうシーンがあるのを承知で気安く男に読ませるのは……うん。お父さん感心しないな」

憧「誰がお父さんかっ。って……こういうシーン?」

京太郎「ああ、こういうシーン」ペラッ

憧「どれどれ……」

【見せられないよ!!】

憧「ふきゅっ!?」


憧「こ、ここここれっ……ぅわ、わわわわわわ///」プシュー

京太郎「こんな漫画を読んでるだなんて……まったく憧はオトナだなぁ!!!」

憧「ち、ちがっ……ぃや、ちがわないけど! でも、ぁ、あたし、こんなシーンがあるなんて知らな」

玄「ふぅ~むなるほどなるほどなるほど~」マジマジ

憧「玄!?」

灼「うわ、えげつな……」マジマジ

宥「ある意味あったかーい」マジマジ

憧「二人までなに言ってんの!?」

穏乃「え、なになに? 私も見たい!」

憧「しずは見ちゃダメー!!!」

京太郎「そうだぞ穏乃、これはお前にはまだ早い」

穏乃「なんで!? 私らタメじゃん!」

京太郎「年齢じゃないんだよ穏乃……これはな、憧みたいなオトナの女しか読んじゃあダメなのさ」

穏乃「そうなの?」

京太郎「そうなの。なー憧?」

憧「へぅ!? ゃ、ぁー………………そ、そうね! そうかもね! ひょっとしたらねっ!」ナミダメ

京太郎「だよなー。つーわけで新子名人、このまま続きをお読みください」ササッ

憧「ひぐッ……な、なによ! あたしはこんな漫画なんて全然平気、平気なんだからぁ!」グスッ

京太郎「(かわいい)」ホッコリ

玄「(かわいいですのだ)」ホッコリ

宥「(あったかわいい)」ホッコリ

灼「(かわゆ)」ホッコリ

穏乃「(ラーメン食べたい)」オナカペッコリ