優希・穏乃「美味い…!!」

京太郎「へへ、サンキュー。今じゃ俺の得意料理だからな!」

憧「ホントに美味しい…お店開けるよこれ!」

優希「この味は私が育てたんだじぇ」

京太郎「あんだけ作らされれば上手くもなるって…」

泉「あはは、かかあ天下の夫婦みたいやねぇ」

京太郎「何言ってんすか二条さん…」

穏乃「あれ、優希ちゃん辛かったの?顔赤い」

優希「別に…///」


春「少し辛い…」

和「ふふ、タコスですからね」

淡「うん、確かにスパイシーだよね。甘いのは作れないの?」

咲「京ちゃんのタコスはレパートリー豊富だよ!」

京太郎「(なんでお前が。)おう、出来る出来る」

憧(咲ちゃん、さりげなく京太郎の横ガッチリキープしてる…)

春「これで作れる…?」

京太郎「黒糖?…やってみるか」

穏乃「おお、顔が真剣(マジ)だ…」


京太郎調理中…

京太郎「出来た!新作、黒糖タコス!」

「おおーーっ」

京太郎「まずどうぞ、滝見さん」

春「……」ハムッハムッ

泉(ハムスターみたいや…)

憧(可愛い…)

春「…美味しい」

京太郎「よっしゃあ!」

咲「優しい甘さでおいしい!」

穏乃「口の中がすっきりするよ!」

京太郎「…うん、我ながら美味いぜ。ふふふ、また雑用レベルが上がってしまったようだな…」

和(どこか複雑そうなのは…気のせいじゃないですね)

優希「むっ、京太郎、口の周りに黒糖ついてるじぇ」

京太郎「え、マジか」

優希「しょうがないな~私がとって…」

春「ついてる」ヒョイパク


京太郎「」

優希「」

春「…美味しい」

穏乃・憧(意外に大胆…!!)

淡(うぅ~、私も狙ってたのに~!)

泉(なんか恥ずかしわ…///)

咲(唇じゃないからセーフだよね、セーフだよね!)

和(咲さん、落ち着いて…)

京太郎「いや~あはは、大人しくタコス作ってまーす!」

優希「ぐぐぐ…もうやけ食いだじぇ~!!タコス10個追加ぁ!!」

春「…♪」ポリポリ


もいっこカン!