1年生集合させてみた
脈絡無しの無茶設定ですが悪しからず

淡「ねえねえ、明日一緒に東京観光しようよ!」

憧「ダメダメ、私とだよね?」

京太郎「いやー、その~皆明日練習じゃ…」

穏乃「京太郎!さっきのタコスもう一個作って!」グイグイ

春「…黒糖、食べる?」

京太郎「あはは…」


咲・和・優希「………」

優希「どうしてこうなった」

泉「彼、モテるんやねえ」

和「そんなことは…ないはずなんですけど」

泉「自分ら、同じ高校だからってあぐらかいてたら横からかっさらわれるで?」

咲「うう…」


京太郎、一旦外出。

憧「シズ、そんなに美味しかったの?タコス」

穏乃「うん、あれは絶品だったよ!優希ちゃんの言ったとおりだったね!」

優希「お、おう!確かに京太郎のタコスは美味い…でも、あんまりひっつくべきじゃないと思うじぇ」

和「そうですよ穏乃、須賀君が変な気起こさないとも言い切れないんですから」

淡「京太郎、結構紳士な気がするけどなー」

咲「そうですけど、万が一が…」

春「…嫉妬した?」

咲「あ、いや、そういうわけじゃ///!」

憧(わっ、顔赤くなっちゃった。バレバレね)

泉「そーかそーか。じゃあ誰が須賀に何しようがかまへんってわけやね」

優希「へ?」

憧「誰のものでもないんなら、皆にチャンスがあるってことよね?」

穏乃「え?わ、私はよくわかんないけど…///」

淡「そーいうこと!」

泉「花の高校一年生、恋の一つもせんとあかんしね~」

咲・和・優希(……どうしよう)

春「…一緒にがんばろ?」


廊下。

京太郎「あの、なんで東横さんがここに…」

桃子「須賀さんに会いに来たに決まってるっす!」

京太郎「俺に!?(なんで!?)」

桃子「ここが部屋っすか?」

京太郎「お、おう、そうだけど…」

桃子「立ち話もあれですし、入るっすよ!」グイッ

京太郎「え、ちょっ、俺だけの部屋じゃ――」

バターン


カン!