京太郎「咲、じゃあ俺こっちの道だから」

咲「うん、わかってるよ」

京太郎「じゃあ、また明日な」

咲「あの……ちょっと待って、京ちゃんなにか隠し事してない?」

京太郎「えっ!?隠し事!?」ギクッ

京太郎(まさか、もう知ってるのか?いや、まだ知らないはずだ)

京太郎(明日、伝えることになってるし。ここは……)

京太郎「えっべっ別に咲に隠し事なんてしてないぜ」

咲「そう……、ごめんねわたしの勘違いだったみたい」

京太郎「あっああ、かっ、勘違いぐらい誰でもあるさ、気にするなよ。じゃあまた明日」

咲「うん、また明日……」

咲(はぁ~……今日もダメだったか……)

咲(いつになったら京ちゃんはわたしと付き合ってくれるんだろ……)

咲(お姉ちゃんはきっといつか京ちゃんがわたしに告白してくるって言ってたけど……) 

咲(うぅ~お姉ちゃんのいう『宮永京太郎計画』は後どれくらいで達成するの?)

咲(ってまず『宮永京太郎計画』ってどういう計画なのか教えてもらってないし……)

咲(とにかく、帰ったらお姉ちゃん聞こう……)  


咲「ただいま~」

照「お帰り、咲」

咲「あっ、お姉ちゃん、ちょっと聞きたいことがあるんだけど……」

照「どうしたの?、何か相談ごと?」

咲「相談じゃなくて、お姉ちゃんが言ってた『宮永京太郎計画』ってどういう―――」

照「それならもう達成した、明日京ちゃんから咲に告白してくるはず」

咲「えっ!ほっ本当!?なんでこんないきなり!?うそじゃないんだよね!?」

照「うそはいけないこと、わたしは本当のことしか言わない」

咲「そっかぁ~、ついに京ちゃんとわたしが……ふふっ」   

咲「ありがとうねお姉ちゃん、これも全部お姉ちゃんのおかげだよ」

照「咲がそんなに喜んでくれるなんてびっくり、てっきり少しは反対するのかと思った」


咲「なんで?わたしが将来京ちゃんと家族になれるのに、反対する理由がないよ?」      

照「そう……、咲が京ちゃんと仲良しだってことは知ってたけど、兄弟的な意味で好きだということは知らなかった」

咲(ん?よくわからないけど……まあいいや)

咲「とにかくっ、お姉ちゃんありがとう」

照「こちらこそ、咲がこんなに祝福してくれて嬉しい」

咲「うん、じゃあそろそろわたし、部屋に戻るね」 

照「うん、わかった」  


咲「あっそうだ、お姉ちゃん」

照「なに?」

咲「冷蔵庫にプリン入ってるからよかったら食べていいよ、」

照「プリン!?」

咲「うん、こうなったのも全部お姉ちゃんのおかげだから。そのお礼」


咲(明日、いよいよ京ちゃんから告白されるんだ。あ~もうっ! 考えただけで顔がゆるんじゃう)カオマッカ

咲「きっと明日は人生最高の日になるだろうな~ふふっ」


照(ふふっ今日は人生最高の日)

照(咲にプリンをもらえて……)   

照(京ちゃんと付き合って……)

照(そのことを咲がこんなにも祝福してくれて……)

照(明日、京ちゃんから咲に、わたしたちが付き合っていることを告白するはず)

照(宮永京太郎……)

照「まっまだちょっと、気が早かったかな」テレテレ


―――カンッ―――