午後の部室、休憩中。

咲「…」サワサワ

和「…咲さん?私の髪に、何かついてますか?」

咲「わ、ごめんね和ちゃん。長くて綺麗な髪が羨ましくてつい…」

和「そんな、綺麗だなんて…」テレ

咲(可愛いなぁ和ちゃん。モテるのもわかる気がするよ…)

まこ「心配せんでも咲も可愛いぞ~うりうり」

久「そうよ~この小動物的かわゆさ、私には出せないもの~」

咲「ちょ、二人とも苦しいでふ…」

優希「…」

和「優希、どうかしました?そんな考え込んで…」

優希「そう、のどちゃんは可愛い。咲ちゃんも可愛い。染谷先輩も、部長も可愛いじぇ」

まこ「嬉しいがいきなりなんじゃ?」

優希「そして私…こんな美少女5人に囲まれて、そんな気にならないわけがないんだじぇ…」

咲「そんな気って、何のこと?」

優希「京太郎のカバンに、こんな本が!」

『異性のココロのつかみ方』

咲「!!」


和「これは…」

久「いわゆる恋愛ハウツー本という奴かしら…」

まこ「なんでこんなもんが?(ていうか勝手に持ち出してよかったんか?)」

優希「京太郎が置かれてる状況にこの本…導き出される答えは一つしかないじょ」

優希「京太郎は、この中の誰かを好きなのだ!!」

4人「!!!」

沈黙。


久「ははは、じゃあそのうち須賀君、誰かに告白とかするのかしらね?」

まこ「今頃ラブレターでも書いてるかもしれんのう」

和「そ、そうかもしれませんね」

咲「もう、京ちゃんてばこんな本買っちゃって。意外に奥手なんだ~」

5人「はははは!」



久「…そういえばこの間、廊下で議会の資料運ぶの手伝ってくれたわね」

4人「!」

久「いつも何かしら助けてくれるし…もしかして、須賀君が好きな人って…わ」

優希「京太郎は私にいつもタコスを作ってくれるじぇ!」ガタッ

久「む」

和「す、須賀君はよく私の方を見てますから、わ、私かも…」

優希「じぇ?」

まこ「いやいや、わしかも知れんぞ?いつも何だかんだで頼ってくれるしのぅ」

咲「私は…えーっと…その、付き合いは一番長いですよ!」

『・・・・・』


優希「こんな可愛い子にいつも抱きつかれて、惚れちゃったんだじぇ~!作戦成k…じゃなくて、仕方ないやつだなもぉ~」

和「そもそも須賀君は私目当てで麻雀部に来たんですから…私に好意を持ってるのは確実ですよっ」

まこ「眼鏡取ったわしの顔に見惚れとった事もあったからの。ひょっとするとひょっとするぞ?」

咲「麻雀部に私を招いたってことは、わ、私と一緒の部活に入りたいってことにならないかな!?」

久「ねえ、結局さ…」

久「皆の方が須賀君を好きってことなんじゃないの?」

『・・・・・』


和「そ、そんなオカルト…ありえません///」

優希「ち、違うじょ部長!京太郎はただの忠犬だじぇ///!」

まこ「ただの部活仲間じゃから…多分」

久「ふ~ん…」

咲「そうですよ…(でも、京ちゃんに告白されたら私、きっと…///)」

バタン

京太郎「うぃーっす」

優希「げっ!」

京太郎「「げっ」ってなんだよ。え~っと…あった、これだ」

咲「きょ、京ちゃん!」

和「その本は一体…」

京太郎「これか?俺のじゃないぜ。昨日友達と廊下でぶつかったんだけど、その時俺の持ってた麻雀本と入れ替わっちゃったみたいでさ」

京太郎「返そうと思ったんだけどいつの間にかカバンの中から消えてて…ここにあったってわけだ」

まこ「京太郎のじゃ…」

久「なかったのね…」

京太郎「じゃ、俺急ぐんで!」バタンッ


5人「・・・・・」

久「……今日は、これにて解散!」


カン