京太郎「あ、 尭深さん」

尭深「こんばんは」

京太郎「こんな時間に図書館に来るなんて、課題ですか?」

尭深「違うよ、ただの読書」

京太郎「そうですか」

静寂。


京太郎「伊坂幸太郎ですか」

尭深「久しぶりに、魔王を、ね」

京太郎「魔王ですか、グラスホッパーは?」

尭深「好きだよ、けど魔王の方が好きかな」

京太郎「酒でも呑みたくなりますね」

尭深「グラスホッパー?」

京太郎「black&white」

尭深「芥川龍之介、歯車」

京太郎「ええ、まあ、覚えているのはステーキの場面ですけど」

尭深「食いしん坊」


京太郎「はは、すいません。ただ、ステーキから蛆は今では到底考えられませんね」

尭深「即刻営業停止かな」

京太郎「そうですね、ああ、すき焼きも悪くないか」

尭深「今度は夏目漱石?」

京太郎「坊っちゃんですね、よく読みました」

尭深「面白いからね」


京太郎「……あ、もう9時か。
それにしても、今日は、東京にしてはよく晴れた夜だ。
月が良く見える」

尭深「うん、月明かりが見えるくらいに」

京太郎「尭深さん」

尭深「何?」

立ち上がってい。
月を背にしている。

京太郎「月が、綺麗ですね」

ほんの少しの静寂を経て彼女はこう答えた。
微笑みながら。

尭深「死んでもいいわ」