京太郎「……ん?これって…」

久「どうしたの?須賀くん?」

京太郎「部長、いま部室掃除してたらこんなものみつけまして」

久「麻雀部で撮った写真を収めたアルバムじゃない………失くしたと思ったら…」

まこ「どんな扱いしとるんじゃ…」

久「ま、まあみつかったんだからいいじゃない、ほらせっかくだし見てみましょうよ」

優希「なんか面白そうなことしてるじぇ」

和「アルバム…ですか?」

久「ええ、和と咲もいらっしゃい」

咲「あ、じゃあ失礼して」

京太郎「いやぁーそれにしてもこうやってみるとみんな結構変わってるなー」

京太郎「ほら優希なんて、身長縮んだんじゃないのか」

優希「むぅ!京太郎なんていかにも影が薄そうな顔してるじぇ!」

京太郎「ひでぇ!?」

優希「まあ、京太郎はおいといて、やっぱりのどちゃんはいつみてもナイスバディだじぇ」

和「もう優希、やめてください」


京太郎「咲はなんだか…怖くなったな」

咲「京ちゃん、それどういうこと!?」

京太郎「いや、なんだかさ…だんだん感情がなくなってきてる気がする…」

咲「もうひどいよ、そんなわけないでしょ」

京太郎「ははは、だよな」

まこ「部長はなんか若返っとるみたいじゃのう」

久「ちょっとどういうことよ、前は私が老けてたみたいじゃない!」

まこ「そういうわけじゃないんじゃが、なんとなくな」

久「ふん、そういうまこだって最近は少女漫画にでてくるヒロインみたいになっちゃって」

まこ「それはけなしとるのか……?」

京太郎「でも、確かに変わったなって気はするけどみんな可愛くなってるんだからいいんじゃないですか?」

女性陣「……………」

京太郎「え、えっと俺なんかまずいこといいました?」

久「い、いや、そうねみんな可愛くなってるんだからいいわよね」

久「(でも一番可愛くなったのは……)」

女性陣「(京ちゃんだよね…)(京太郎だじぇ…)(須賀君でしょうね…)(京太郎じゃろうな…)(須賀君よね…)」ジーー

京太郎「あ、あのーやっぱ俺なんか不味いこといいました?」



かん