池田「アレ?なんか卓が綺麗になってるし」

京太郎「あ、掃除しときましたよー」

池田「お、ありがとうだし!」

桃子「先輩はどこに……」

京太郎「加治木さんはさっきうちの部長に呼ばれてましたよ」

桃子「あ、助かるっす……え?見えてる?」

純「……なんかつまむもんでもないかな」

京太郎「タコスならここに」

純「おう、サンキュー」

透華「…………」

美穂子「…………」

ゆみ「…………」

久「あら?みんなどうしたの?」

ゆみ「彼、なんなんだ?」

美穂子「マネージャーとしては優秀すぎます……」

透華「ハギヨシ、もというちの執事といい勝負ですわ」

久「あはは。なーんか麻雀よりそっちばっかり上達するのよねー」

咲「あ、京ちゃん。あのね」

京太郎「うちの部屋はまっすぐ行って右だからな」

京太郎「……いや、ついてくわ」

咲「なんで分かったの!?それと大丈夫だよ!迷子になんか…」

京太郎「本当か?」

咲「……お願いします」


久「……あんな感じだからかしら」

ゆみ「なんというか」

美穂子「彼も苦労してるのかしら」

透華「むしろ自分から面倒見てません?」

久「でも優秀なのよねー。麻雀以外」

久「なんなら貸し出そうかしら?麻雀の指導さえしてくれるなら…」

3人「本当に!?」

久「……え?」

ゆみ「初心者ならうちにもいるからな。一緒に教えていけばいいだろう」

美穂子「いえいえ、うちは人数もコーチいますから。他より環境はしっかりしてますよ?」

透華「ふっ。我が龍門渕には衣がいますのよ?実力者も揃っていますから、うちが1番ですわよ?」

ゆみ「さすがに天江衣相手は荷が重いだろう?」

透華「あら、あの宮永咲といるんですから大丈夫でしょう?」

美穂子「ここはしっかりと大人からの指導でしょう。私が教えてもいいですし」

久「ちょ、ちょっと?冗談よ?」

美穂子「ふふふ。ここは麻雀で決めませんか?」

透華「あら、分かっていますわね」

ゆみ「そうだな。私達ならこれしかないだろう」


久「……やば。逃げ」

透華「入ってくださいますわよね?」

美穂子「上埜さん?」

ゆみ「なあ、久?」

久「……ねえ、やっぱ無しっていうのは」

3人「いうのは?」

久「……無いわよね」

久(ごめん須賀君。私も頑張るけど、無理っぽいから頑張ってね)

こうして始まった京太郎争奪戦だが

咲「へえ……部長、代わってもらえます?」

衣「トーカ、衣も京太郎欲しいから代わるぞー」

途中の選手交代が入ったり、

靖子「面白そうなことやってるじゃないか」

久「靖子!?」

貴子「池田ァ!!」

池田「なんでだし!!」

乱入者がいたりでうやむやになった

そして全国で

京太郎「……照さん?」

照「……京ちゃん?」

迷子(咲)捜索中にチャンピオンに出会ったとかなんとか


カンッ!!