Kちゃんぬいぐるみ、奈良にて

阿知賀、部室

穏乃「~♪」

憧「どしたのシズ。やけにご機嫌じゃない」

玄「鼻歌まで歌って、いいことでもあったの?」

穏乃「実は、今日ついに届くんだ!」

灼「何が?」

穏乃「Kちゃんぬいぐるみ!」

憧「ああ、あの時の」

宥「あの時?」

憧「Kちゃんぬいぐるみ、あたしも持ってんの」

憧「それをこないだシズがうちに来た時に見て、欲しいって言ったのよ」

玄「なるほどなのです」

灼「最近人気だよね」

穏乃「いや~、注文した時はタイミング悪く在庫無くって、やっと届くんですよ!」

穏乃「それが楽しみで!」

晴絵「なんだ。シズにもそういう女の子らしいとこあったんだな」

穏乃「赤土先生酷い!」

憧「普段ジャージだからでしょ」

灼「私もそう思う…」

玄「しずちゃんは昔からジャージだからね~」

宥「あったかそうじゃない……」

穏乃「う~、なんかみんな酷い」


憧「まあまあ。それで、頼んだぬいぐるみはどんなやつ?」

穏乃「もちろんジャージ!」

灼「ぬいぐるみまでジャージって……」

玄「しずちゃんらしいね」

穏乃「憧みたいな普通のもいいかと思ったけど、やっぱこれかな~って思ってさ」

憧「全く。シズらしいっちゃシズらしいけどね」

玄「憧ちゃんのも普通のやつなんだ?」

憧「そうだけど、"も"ってことは玄も?」

玄「うん、持ってるよ。そして私もスタンダードなやつ」

玄「やっぱりスタンダードなのが一番でしょ」

宥「……玄ちゃん、嘘はいけないよ?」

灼「玄が嘘?」

玄「お、お姉ちゃん!?」

晴絵「ほう、珍しいな。玄はそういうことしないと思ってたんだが」

宥「初めはドラゴンがいいって言って、困らせてたよね?」

玄「な、なんで知ってるの!?」

宥「電話の声が聞こえてて」

穏乃「ドラゴン……」

憧「まー、玄らしいわねー」

灼「玄……」

晴絵「そりゃー困るわー」

宥「あんまり無理言っちゃ、駄目だよ?」

玄「ううう……」


玄「お、お姉ちゃんだって!」

宥「わ、私?」

玄「あったかい格好って言って注文して!」

玄「あったかくない、ってクレーム付けてたのを知ってるよ!」

宥「だ、だって実際あったかくなかったし……」

晴絵「宥基準じゃなー」

灼「服の枚数の指定までしないと」

憧「でもドラゴンよりマシじゃない?」

穏乃「ど、どうだろう?」

玄「結局また送ってもらったじゃない!」

宥「つ、追加でお金も払ったよ~」

宥「ミニこたつまで付いてたし」

憧「なにそれすごい」

灼「細かいオプションのクオリティがすごいってのも評判だよね」

晴絵「それでもこたつとはすごいな。どんな人が作ってるんだ」

穏乃「灼さんも持ってるんですか?」

灼「わ、私?」

憧「ま、この流れじゃ聞くよね」

灼「ま、持ってるけど」

穏乃「どんなのですか?」

灼「ふ、普通のを…」


晴絵「灼まで嘘はいけないな~」

灼「は、ハルちゃん」

晴絵「灼にぬいぐるみが届いた時、嬉しかったらしくて写メ送ってきてな?」

憧「へえ。見せて見せて」

灼「ま。待ってほし…」

玄「ここまできて1人だけ秘密は駄目なのです」

宥「あったかくないよ?」

灼「うっ……」

晴絵「ほれ、これだ」

穏乃「どれどれ」

猫耳&猫尻尾&肉球のKちゃん

4人「かわいい!!」

灼「うう、恥ずかし……」

穏乃「灼さんこれすっごく可愛いじゃないですか!」

憧「くっ、やられたわ。これはやられた」

玄「灼ちゃん、いいなー」

宥「あったかそう……」

晴絵「はっはっは。好評で良かったな」

晴絵「さて、今日はこれくらいにしておこうか」

穏乃「はーい。さ~て、早く帰って受け取らなきゃな~」


晩成

やえ「……初瀬よ」

初瀬「なんですか小走先輩」

やえ「お前もKちゃんぬいぐるみを持っているのか?」

初瀬「……持ってますよ。流行ってますし」

やえ「ふっ。流行っているから、などニワカ丸出しの言い方だな」

初瀬「小走先輩……」

やえ「いいか?王者とは、このような流行りに惑わされぬものだ」

初瀬「……自分1人運悪く買えなかったからって強がるのはやめませんか?」

やえ「……ニワカは相手にならんよ」涙目


カンッ!!