京太郎熟睡、プロ編

色々と気にしたら負けです

某所

京太郎「...zzz」熟睡中

健夜「…………」

はやり「…………」

咏「…………」

良子「…………」

理沙「…………」

はやり「じゅるり」

4人「!?」

はやり「どうしたのかなっ☆」

健夜「いや、今変な音が」

はやり「アラフォーだから空耳じゃない?」

健夜「アラサーだよ!後関係ないよね!?」

はやり「あはっ☆」

良子「で、どうします?」

咏「どうって…」

良子「誰が彼と"寝る"かってことですよ」


咏「……若いねぇ、怖いもの知らずってか」

良子「イエス」

良子「じゃ、私でいい…」

はやり「はやりんは~目上の人の意見を聞かなきゃ駄目だと思うなっ☆」

良子「目上=年上じゃないですよ?」

はやり(28)「…………」

健夜「麻雀の実力的には私がトップかな」

咏・良子・理沙(そりゃそうだ)

はやり「すこやんいつになく強気だねっ☆」

健夜「そうだね。というわけで私が…」

理沙「は、早すぎる!」

咏「決めるのが?」

理沙「そう!」

咏「だよねえ。そんなとこじゃなくてもっと別のとこで決めるべきだね」

良子「ほう。いつもの分かんねーはナッシングですか」

咏「はっはっは」

咏「というわけで一番見た目が若い私が」

良子「ストップ」

理沙「待った!」

はやり「普段気にしてるのに、こういう時はそう言うんだねっ☆」


健夜「咏ちゃんずるい。私も少しは…」

良子「……リアリィ?」

健夜(27)「…………」ズーン

はやり「彼は高校生だよ?」

健夜「?そうだね」

はやり「男子高校生といえば?」

理沙「若い!」

咏「そんな単純な」

はやり「ピンポン☆」

健夜「合ってるの!?」

はやり「若い子はおっぱいが大好きです」

理沙「その通り!」

咏「とんでもないこと言ってるよ牌のお姉さん」

はやり「つまりおっぱいが大きいはやりんが…」

良子「私も大きいですよ」

はやり「……へえ」

良子「私のバストもなかなかのものでしょう?」

健夜「…………」

咏「…………」

理沙「ここは、どっちでも無い私っ!」

はやり「中途半端は駄目かなっ☆」


良子「じゃ、ここは一番年齢が近い私で」

健夜「若いからこそ年長者に譲らない?」

はやり「そうだよねっ☆」

咏「……あー」

理沙「……なるほど」

はやり(28)「……だっていい加減良い人見つけたいし」

健夜(27)「……私が第一線に復帰して稼げばいいし、彼家庭的だし」

良子「……改めて見て、優良物件ですよねー」

京太郎「...zzz」

咏「そういや彼を連れてきた藤田プロは?」

理沙「カツ丼!」

健夜「靖子ちゃんはカツ丼食べに行ったよ」

咏「なんで彼置いて1人で」

はやり「彼女には勿体なかったからねっ☆」

咏(脅したんかな)

良子(さすが瑞原プロ腹黒い)

理沙(怖い!)

健夜「もうさ、麻雀で決めない?私達仮にもプロだし」

はやり「すこやんと打つのはいいんだけど~ついて来れる子がいないから無理だねっ☆」

健夜「……いい加減、瑞原さんとの決着をつけてもいいかな?」ゴッ

はやり「あはっ☆……第一線から引いてた人に負けないよ?」ゴッ

咏・良子・理沙(なにこれ怖い)


良子「こうなったらこの隙に…っていない!?」

咏「えっ!?どこ行った!?」

理沙「ドア!開いてる!!」

健夜・はやり「……へぇ」

咏・良子・理沙(!?)

健夜「……誰か知らないけど、ここにいるってことは麻雀関係者だよね」

はやり「……しかもそれなりの実力者だね」

健夜「ちょっと、麻雀楽しませてあげようか」ゴゴゴゴゴ

はやり「そうだねっ☆……久しぶりのコンビ打ちも悪くないかな」ゴゴゴゴゴ



咲「お姉ちゃん、これからどこ行くの」

照「私に、妹はいない」

咲「…………」

照「でも、京ちゃんはいる」

咲「うん」

照「だから、協力してね?」

咲「……今だけだからね」

京太郎「...zzz」

咲「……とりあえず3人でっていうのは?」

照「……アリかな」


カンッ!!