京太郎熟睡、永水ver

細かいところは気にしないでください

とある和室

京太郎「...zzz」畳の上で熟睡中

小蒔「……京太郎さん?」

京太郎「...zzz」

小蒔「……寝てますよね?」

京太郎「...zzz」

小蒔「……よしっ」

初美「何がよしっ、なんですかー?」

小蒔「ひゃあ!は、ハッちゃん、居たんですか?」

初美「ふふん、こっそりと後ろにいたんですよー」

初美「で、寝てる京太郎を前によしっ、ってひょっとして襲う気ですかー?」

小蒔「おそ…そんなことしません!」

初美「じゃ、なんですかー?」

小蒔「……腕枕です」

初美「……はい?」

小蒔「ですから、寝ている京太郎さんに腕枕をしてもらいたいんです!」

初美「……なんで腕枕ですかー?」

小蒔「ちょっと憧れてて…」

初美「京太郎なら起きてても頼めばしてくれると思いますよー?」

小蒔「は、恥ずかしいじゃないですか!う、腕枕してくださいって言うの……」

初美(結構恥ずかしいことしようとしてるですよー?)

初美「で、寝ている間に、ですかー?」

小蒔「はい!」

初美「……じゃ、手伝いますよー」

小蒔「本当ですか!?」

初美「でも、片側はもらいますねー?」


小蒔「これが……腕枕なんですね!」腕枕されてる

初美「ですねー」腕枕されてる

京太郎「……う……」ダブル腕枕中

初美「……寝心地はそこそこですねー」スリスリ

小蒔「霞ちゃんの膝枕の方が柔らかいですね」スリスリ

初美「でも」

小蒔「結構良いです」

初美「ですー」

霞「へえ……そんなにいいの」

小蒔「え……」

初美「……なんでいるんですかー」

巴「ハッちゃん、私達もいるよ」

春「……」ポリポリ

小蒔「あ、あのですね霞ちゃん。これはその…」

霞「小蒔ちゃん、別に怒ってるわけじゃないからね?」

初美「あ、ならいいですー」

霞「初美ちゃんは別ね。後でお仕置き」

初美「なんでですかー!不公平ですー!」

巴「霞さん、ハッちゃんは悪くないと思いますよ?」

初美「巴……」

巴「ただ、そこをどいてもらうくらいはしてもらいましょう?」

初美「なんでそーなるんですかー!」

春「……」ポリポリ


霞「ま、冗談はこれくらいで」

小蒔「……はい」

霞「初美ちゃんはそこを代わってね?」

初美「えー嫌ですよー。それに霞は腕枕されるの似合いませんよー?」

春「……確かに」ポリポリ

巴「……ああ、うん。納得できた」

霞「あらあら。3人ともお仕置きかしら?」ニコッ

小蒔「じゃ、じゃあ霞ちゃんは膝枕にしましょう!」

霞「え?小蒔ちゃんそれは…」

小蒔「霞ちゃんの膝枕はとても気持ちいいです。きっと、京太郎さんも喜びますよ?」

初美「ですねー」

春「……似合ってる」ポリポリ

巴「霞さんは腕枕されるより膝枕してる方が合ってる気がしますね」

霞「……もう、仕方ないわね」京太郎を膝枕

霞「……あら?これもいいわね」

初美「そうですかー?」

小蒔「霞ちゃん、良かったですね!」

霞「ええ」京太郎の頭ナデナデ


春「……じゃあ、私はここ」霞の隣に座る

初美「はるる、座ってるだけでいいんですかー?」

春「……いい」ポリポリ

春「京太郎の顔見ながらだと、黒糖がもっとおいしくなるから」ニコッ

霞「春ちゃん……」

春「……」ポリポリ

小蒔「じゃあ、巴ちゃんは…」

巴「ハッちゃんが代わってくれるなら…」

初美「代わりませんよー」

巴「だから私もここで」霞の隣に座る

小蒔「いいんですか?」

巴「春ちゃんじゃないけど京太郎くんの顔は見れますし」

春「……」ポリポリ

巴「ここならハッちゃんをくすぐったりできますし」

初美「や、やめるですー」

霞「あらあら」

小蒔「みんなでまったりですね」

初美「いいですねー」

巴「うん、すごくいいです」

春「……」ポリポリ

霞「じゃ、京太郎くんが起きないように、静かにまったりしましょう?」


京太郎「……霞さん、お祓いとかお願いできます?」

霞「あら?何かあったの?」

京太郎「実は最近、寝て起きるたびに両腕に何か乗ってたような感覚があるんです」

霞「……あら……」

京太郎「でも、前よりぐっすり眠れたりはするんですよ」

霞「そ、そうなの……」

京太郎「……やっぱりなんか憑いてたりします?」

霞「……そうね」

霞「憑いてはいないけど、悪いものじゃないわよ?」

カンッ!!