部室

咲「…………」恋愛小説読書中

ペラッ

『恭介……私……』
『……悪い。俺はもうお姉さんと……』
『そんな……ねえ、恭介……恭ちゃん……』
『……ごめんな』

パタン

咲「……うっ、うう」じわっ

咲(ここまで来て、こんなに幼馴染が報われないなんて…)

咲(それに実は幼馴染のお姉さんと付き合ってたなんて!!)

咲(あんまりだよ……恭介くん…恭ちゃん…)

咲「グスッ…酷いよ。こんな、こんな終わり方なんて…」

ガチャ

優希「ただいま参上だじぇ~って咲ちゃん!?」

和「優希、もっと静かに…咲さん!?なんで泣いているんですか!?」

咲「ゆ、優希ちゃん……和ちゃん……」

優希「い、一体何があったんだじぇ!?」

咲「きょ、恭ちゃんが……」

和「須賀くんが!?」

咲「ううっ。ち、違…あの、恭ちゃんとお姉さんが……うううっ」ポロポロ

優希「お、落ち着くんだじぇ!そんなに泣かないで!」

和「ゆっくり話して下さい。なにがあったか、話せる範囲でいいので」


咲「なにがあったのか……」

咲(恭ちゃんにやっとの思いで告白した幼馴染)

咲(けど、実はすでに幼馴染のお姉さんと付き合っていて…)

咲「う、うわーーん!恭ちゃんの馬鹿ーーー!!」号泣

京太郎「うーっす。ってなんで咲が泣いてるんだ!?」

優希「……犬……覚悟はできてるか?」

和「何をしたか知りませんが……弁護の余地も無いですね」

京太郎「は?いや、何のことだよ!おい咲!」

咲「京ちゃん……」

咲(恭ちゃんは実はお姉さんと付き合って…)

咲「わーーーーーん!!」さらに号泣

京太郎「なんでさらに泣く!?」

和「咲さん、大丈夫ですからね」咲抱きしめる

優希「おらああああ!!断罪してやるじぇええええ!!」

京太郎「だからなんなんだああああああ!!」



おまけ

照「…………」恋愛小説読書中

ペラッ

『恭介……私……』
『……悪い。俺はもうお姉さんと……』
『そんな……ねえ、恭介……恭ちゃん……』
『……ごめんな』

パタン

照「…………」

照(やっぱり姉の勝利か……)

照「……良し」グッ


カンッ!!