京太郎は阿知賀に在学している設定で

ガコッ ゴロゴロ…

灼「はぁ…」

灼「調子が出ない。ガーター4回目…」

今日も京太郎に話しかけてもらうだけだった。

本当は、もっと自分から話しかけていきたいのに。

灼(もっと京太郎と話したい…って思うのは、こ、恋してるから、なのかな…)

灼「・・・///」

顔が熱を帯びるのを感じながら、狙いを定めてボールを放る。

ズルッ

灼「ひゃっ!?あたっ」

投球後バランスを崩して尻餅をついてしまった。

灼「いたた…」


灼(……私の想いは一方通行。京太郎の周りには私より明るくて、可愛くて、胸の大きい子が一杯いるし)

なんだか思考がネガティブになってしまう。お尻が追い打ちをかけるようにズキズキと痛む。

灼(私みたいな地味な子、京太郎は…)

体を持ち上げ、立ち上がると、、

京太郎「灼さん、大丈夫すか?」

灼「え」

京太郎がいた。



灼「びっくりした…」

京太郎「ええ、俺も灼さんのあんな大声初めて聞きました」キーン

灼「ど、どうしたの?何か、用…?」

京太郎「ボウリング教えてくれるって言ったじゃないですか」

灼「え?」

京太郎「俺がボウリングやったことないって言ったら、灼さんの実家がボウリング場だって…」

京太郎「その会話の流れで灼さんが」

灼(そんなこと言ってたの私…ドキドキして覚えてないけど、前の自分を褒めたい…)


灼「うん、私でよければ、教える」

京太郎「ありがとうございます!よし、頑張るぞ!」

灼(二人きりの個人授業…な、なんかロマンチックな響き…///?)


灼「構えはこう…」

京太郎「お、かっこいい」


灼「とりあえずまっすぐ投げられるように」

京太郎「結構難しいな…」


灼「ボール重くない?」

京太郎「大丈夫。ちょうどいいっすよ」


心が晴れていく。

京太郎と話していたら、さっきまでの鬱屈した気持ちが嘘のように消えていった。

京太郎「灼さん、ストライク出せます?」

灼「え…私、そこまで上手くないけど」


数十分前の私なら「無理」と言ってたかもしれない。

でも、ガーターを連発していたあの時とは違い、心も体も軽やかだった。

灼「今なら…できるかも」

京太郎「ホントですか!見たいっす!」

灼「うん…見ててっ」

ボールを構え、振りかぶる。私の手から離れたボールは寸分の狂いなく目がけた場所に飛び込み、見事十のピンを倒してみせた。

灼「!やった…」

京太郎「すげえ…すごいですよ灼さん!」

灼「うん…!あうっ!!」ズベッ

あまりの嬉しさに足がもつれ、転んでしまった。

京太郎「おぉ!?だ、大丈夫ですか!」

灼「だ、大丈夫だけど…痛い…」

京太郎「よ、良かった。顔から行ってましたから」

灼「締まらないね、ふふ」


京太郎「いや、すごかったですよ。灼さんって麻雀もボウリングも上手いんですね」

灼「ううん、ボウリングの腕は並。今のストライクは…きょ、京太郎のおかげ…」

京太郎「?よくわからないすけど、役に立てたんなら、嬉しいです!」

京太郎「それに…今日は灼さんの色んな一面が見れて、来てよかったですよ」

灼「きょ、京太郎っ」

京太郎「はい?」

灼「今度は、ボウリングじゃなくて、麻雀を教える」

灼「それで…もっと、京太郎と話したい」

京太郎「灼さん…押忍!よろしくお願いします!」

灼「こちらこそ…ずっと…」ボソッ

最後の言葉は多分小さすぎて彼には聞こえなかったと思う。

でもそれでいい。欲張り過ぎは禁物。

一歩ずつ、彼に近づいて行こう。


カン!