部室

京太郎「...zzz」

久「よく寝てるわねー」

まこ「そうじゃの」

咲「京ちゃん、遅くまでネット麻雀してたって言ってましたよ」

和「ああ、それ私とやってましたね。のどっちに挑戦するとか言って」

優希「で、容赦なくぼこぼこにしたんだな?」

まこ「気の毒に」

久「飛んだのね」

和「……飛んだのは半荘2回だけですよ?」

咲「京ちゃん……」

和「……で、その後は修行してくる、って言って別のとこで打ってたみたいですが」

まこ「熱が入り過ぎたんじゃな」

咲「授業中は先生に起こされたり、頑張ったりしてたけど限界みたいですね」

優希「犬め、情けないじぇ」

久「ま、やってもらう雑用も無いし、たまにはいいわ」

まこ「じゃの。寝かしといてやるか」

咲「そうですね。京ちゃん、おやすみ」

優希「よし、たしかペンがあったはずだじぇ」

和「優希、駄目ですよ」

優希「のどちゃん、優しすぎるじぇ。見よこの犬の寝顔を」

まこ「気持ち良さそうにぐっすりじゃな」

優希「これは落書きするしかないじぇ!」

咲「うーん、気持ちは分からなくはないけど、駄目だよ優希ちゃん」

和「そうですよ」

久「……ふーん」

和「部長?」


久「……えいっ」

バサッ

咲「え!?」

和「!?」

優希「じぇ!?」

まこ「ちょ!?なにしとるんじゃ!?」

久「見たままよ。添い寝」

まこ「添い寝って……なんでまたいきなり」

久「いやー、ここまで気持ちよさそうにされてると、ねえ?」

和「いや、ねえ、って言われても」

咲「そ、そうですよ!」

優希「さっさと出るべきだじぇ!犬の入ってるベッドなんて!」

久「あら、結構いいわよ?なかなかあったかくて」

まこ「いや、そういう問題じゃないじゃろ」

久「うん、このまま寝てもいいわね。安眠できそうだわー」

和「部長まで寝てどうするんですか……」

久「あら?和、代わりたい?」

和「え!?」

咲・優希「!?」


久「エトペン代わりに、案外安眠できるかもよ?」

和「そ、そんな///」

久「じゃ、まこ?」

まこ「わしに振るな。じゃが、悪くないかもしれんの///」

咲「じゃ、私が!!」

優希「いや、私だじぇ!!」

和「ふ、2人とも!部長は私に言ってくれたんですよ!///」

まこ「わしにもな。というか久、いつまでそうしとるんじゃ?」

久「そりゃ、次が決まるまでよ」

まこ「実は、代わりたくないんじゃないのか?」

久「なっ///」

和「部長?」

咲「ず、ずるいですよ!」

優希「そーだじぇ!部長はそろそろ出るべきだじぇ!」

久「いや、だから次が…///」

まこ「京太郎に手回しながら言っても説得力ないぞ」

咲「早く代わってください!つ、次は私が///」

優希「わ、私だじぇ!///」

和「ここは私が///」

まこ「とりあえず、わ、わしが入るから早く出るんじゃ///」

久「うっ。つ、次が決まってないからまだ私よ!///」

咲「まずそこから出て下さい!さっきより京ちゃん抱きしめてるじゃないですか!」



京太郎(お、起きるタイミング逃した……)


カンッ!!