※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○賀寺 磨琴(かじ まこと)
性別:女性
年齢:17歳
身長:170cm
種別:召喚師
宝具/武器:節足×6(刺突、光線照射)
能力:脳力波疎通(召喚獣との共鳴、疎通)
召喚獣:化甲(魔獣、甲殻類型)
容姿:肩甲骨まである灰銀のロングヘア。
   白い夏用のセーラー服の上に、
   膝まで伸びた黒いロングパーカー。

詳細:戸或市に住む、召喚師の女子高校生。
   何にも熱中しない性格で退屈を感じやすい性格。
   その癖選り好みが激しく、何かしらのアピールも門前払いに
   してしまうことも度々。冷めた性格で捻くれている部分も
   多いものの、理解し合えた相手には譲る一面もある。
   召喚獣の化甲とは、如何なる理由で契約したかは不明。
   しかし、能力である「脳力波疎通」によって意識の交信を
   行っており、共生関係に難はないらしい。この疎通能力は
   戦闘時にも活かされ、群生系故に数多いる召喚獣に
   寸分狂い無く指示を送り操ることが可能。宝具と武器の
   兼用として化甲から宿した節足は、多くの関節を
   備えており鋭い先端での格闘戦が可能である他、先端の
   擂り鉢状の穴から赤い光線を照射しての射撃や切断が可能。
   さらには生え変わる再生能力も備えている。
○化甲(ばけかぶと)
体長:15m~50cm
種別:召喚獣
種族:魔獣
召喚師:賀寺 磨琴
容姿:大小様々な、赤黒い色のカブトガニのような甲殻類。

詳細:賀寺と契約を結ぶ大型の群生系召喚獣。
   大型のものをリーダー、もとい巣として多数の
   配下を有している。15m級の大型は二匹のカブトガニの腹を
   張り合わせたような形状をしており、背部からは無数の
   節足や鋭く長い尾、中型や小型のものを放出する隙間を
   甲羅の構造上に持っている。1m程の大きさの中型は、
   四本の節足を備えたカブトガニの姿、50cmの小型のものは、
   カブトガニそのままに酷似した形状をしている。
   大型や中型にある節足は賀寺の宿す節足と同じ性質を持ち、
   刺突や赤い光線の発射が可能。さらに、中型と小型は
   甲羅の周りに光線と同じ赤い光を剣先のように
   展開することができ、数十以上に展開した上で突撃し、
   物体を破壊する。移動スピードはそれぞれ速く、耐久性も
   中型以上のものは能力や魔術に絶えうる強度をもつ。
   全力戦闘時は大型のものまで出現して賀寺の戦力となるが、
   普段は小型のものが少数、賀寺を取り巻いてサポートする。